なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


5月16日(火)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

「ストレッチで柔らかい体を取り戻そう!」

リポーター:明山直未

達人:上村真代(赤坂パーソナルトレーニングジムKenz トレーナー)

 

肩の凝りや腰の痛みがなかなか取れない…もしかしたら体が硬くなっているサインかも?!

硬くなった筋肉をほぐす簡単なストレッチを日本ストレッチング協会理事長の長畑芳仁さんが伝授。

 

●体の硬さをチェック

・背中で左右の手を組む⇒背中で手が組めない人は広背筋や肩甲骨の菱形筋などが硬くなっているケースが多い。

理想 後ろで手が組めるようになる→肩や肩甲骨の可動域が広がる

 

ストレッチ①

・両腕を外側に広げ、胸を開くように反り10秒キープ

・息を吐きながら肩が丸くなるように腕を手前に閉じる

・息を吸いながら再び腕を外側に開いて反る

※胸と肩甲骨周辺の筋肉を意識しながらゆっくり3回行う

 

ストレッチ②

・腕を上げ、片方の手で後ろに押しながら上半身を横に倒す

ポイント ゆっくりと息を吐きながら倒し、戻る時に息を吸う

 

ストレッチ③

・腕を上げ、片方の手で後ろに押しながら上半身を左右に回転させる

※ゆっくり無理のないように左右3回ずつ

 

ストレッチ④

・手を横から後ろに回して手首をゆっくりと回転

※腕を曲げて10回程度手首を回す。反対側の手も同じ動作を行う

 

ストレッチ⑤

・腕を上から後ろに回して、手首を回転

10回程度手首を回す。反対の手も同じ動作を行う

 

【ストレッチをする時の注意点】

体が冷えた状態でのストレッチは避ける

体を温めながらゆっくりストレッチを行う

 

 

●体の硬さをチェック

・開脚前屈で曲げた肘を床につける

理想 体を倒して肘が床に付く→股関節の稼働域が大きく、骨盤周りの柔軟性が高い

 

ストレッチ①

・片方の足を伸ばし、逆の足を曲げて座る。

・その場で上半身を後方にねじる

※左右3回ずつ頑張りすぎない程度で行う

 

ストレッチ②

・横座りで両膝を曲げ、曲げた膝の反対側に腕を上げてひねる 

・手を戻すときには逆にひねりながら戻る

※左右3回ずつ、痛い時はすぐにやめましょう

 

 

ストレッチ③

・片脚を伸ばし、逆の脚は曲げ、前に倒れてお尻と内転筋を伸ばす

・骨盤を後ろに倒すように意識し、脚は外に回す

※同じ動きを左右3回ずつ行う(両手で支えて痛くない程度に行う)

ページトップへ戻る


カレンダー