なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


6月26日(月)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

「理想の姿勢を手に入れ 若々しく健康になろう!」

リポーター:明山直未

達人:佐々木政幸(久我山整形外科ペインクリニック院長)

   吉田真理子(シニアフィットネス・インストラクター)

 

久我山整形外科ペインクリニック

東京都杉並区宮前5-15-21

キッチンコート久我山店2F 久我山クリニックモール内

診療時間:(月)〜(金)午前9時~午後1230/午後230分〜午後6

     (土)   午前9時~午後1230

休診日:日曜・祝日

電話番号:03-5344-1388

 

慢性の肩こり・腰痛・ストレス・集中力の低下=姿勢が原因

 

【家庭でできる姿勢チェック】

壁にかかと・お尻・肩・頭がつき、腰に手の平の隙間があいているのが「理想の姿勢」

 

・猫背タイプ:腰が壁につき手が入る隙間がない

・反り腰タイプ:腰の隙間に握りこぶしが入る

・骨盤後傾タイプ:壁からお尻が浮いてしまう

※前から見て左右で肩の高さが違う:一方の手だけで重たいカバンなど持っていると起きやすい

 

【理想のスマートフォンの持ち方】

・肘の下に手を入れる・頭から腰まで一直線の姿勢にする

※スマホは前のめり姿勢になりやすく首のこりや肩こりになりやすいので注意

 

【理想のパソコンを使う姿勢】

・かかとを床につける・背もたれに背中をつける・ヒジは90度ぐらいにする

 

【理想のソファの座り方】

お尻と背中をソファにフィットさせる

 

★理想の姿勢でも長時間の同じ姿勢は体に負担をかけるので、適度にストレッチをするのが良い。

 

●若見せ姿勢ストレッチ

【首まわりのストレッチ】

①首を前に出す②首を後ろに引く

首の骨が前に傾いているのが前後運動によって正しい位置に戻せる

→毎日1分ほど行うだけで自然と頭が楽な位置を覚える

 

【肩まわりのストレッチ】

①タオルを絞る②タオルを絞った状態で手を挙げる

③先ほどと反対側にタオルを絞り手をあげる

 

【お腹まわりのストレッチ】

  足を肩幅ぐらいに開き腕を組んで左右にひねり、ひねりにくい方向をチェックする

  腰からひねりにくい方向に向かって、両手でお腹のお肉をさすりながら回す(体ではなく、肉を回していくように行う)何度も繰り返す。

 

※紹介したストレッチを毎日1分程行うことが大切。

ページトップへ戻る


カレンダー