なないろ日和!

月曜日~木曜日 朝9時28分~午前11時13分 放送!


6月11日(月)の「なないろ日和!」番組内容

【特集】

『冷蔵庫の中どうする?整理&保存テク 完全マニュアル』

リポーター:明山 直未

達人:島本 美由紀さん(ラク家事&食品保存アドバイザー)

 

★冷蔵庫は場所によって温度が違う

冷蔵室     3℃〜6

野菜室     5℃〜8

ドアポケット  6℃〜9

チルド室    −1℃〜0

 

★冷蔵庫収納のポイント

・見える ・まとめる ・取り出しやすい

 

■達人のダメ出し

・冷蔵室に野菜はダメ

冷蔵室は野菜室より温度が低く低温障害で傷みを早める場合がある

・冷蔵室は7割収納が目安

明るさも見え冷気も循環し、節電につながる

入れすぎは室内の温度を上げ食材の痛みが早まる場合も

・ドアポケットに飲み物の入れすぎはダメ

・チルド室をお菓子置き場にしてはダメ

チルド室は肉や魚(生鮮品)だけでなく発酵食品の保存に適している

漬物 味噌などの発酵が抑えられ長持ちする

 

【達人のマル得アイテムを使った整理テク】

・小袋調味料は同じものにまとめ、中程度の容器に入れて整理

・消費期限は開封前の状態のもの

開けたら開封日を記載したシールを貼り目安にする

・コンテナの裏にクリップを取り付けたアイテムに缶ビールを入れる 

コンビニ陳列方式が完成する

 

■達人のダメ出し

・冷凍室にパックのまま入れていて破れたりすると冷凍臭が食材につく

・買ってきたままパックで冷凍させてしまうと使わない限りなす術はない

 

【肉と魚の冷凍保存方法】

  表面の余分な水分を拭きとる

  極力手で触らないようにラップに移動する

  空気を抜くようにしてラップで包む

④ 保存袋に入れ空気を抜く

※魚も同様に一切れずつダブルラッピング

 

■達人のダメ出し

・冷凍室は上から見るので食材の重ね置きはダメ

上記の肉と魚の冷凍保存方法を使用すると立てておけるので

見やすく取り出しやすい

 

【達人の食品ロスを防ぐ ヒトテマ保存テク】

水菜の保存方法

①食べやすい大きさに切る

②軽く水にさらす

ポイント:切り口から水分が入り、みずみずしさが保てる

③余分な水気を拭き取り、ペーパーを敷いた容器に入れる

ニラの保存方法

切って水を張った容器に入れる

レタスの保存方法

  芯につまようじを3本刺す

  ポリ袋に入れ、芯を下にして保存

芯につまようじを刺すと成長しようという特性を止める

 

■野菜室

・野菜くずや土汚れを掃除しやすくするため、底にゴミ袋と新聞紙を敷く

・あまり仕切らずカゴ1つ程度にとどめる   

・半分にカットしたペットボトルを活用して、きゅうりや葉物野菜などを立てて入れる際に使う

野菜の生え方と同じ向きで保存することで余分なストレスがかからず長持ちする

・コンテナは使いかけ野菜の保存場所として使用する

(この時期は常温保存できる玉ねぎニンジンも野菜室へ入れる)

ページトップへ戻る


カレンダー