ニュース・更新情報
あにてれメニュー
 
第25話『牙狼<GARO>スペシャル 我が名は牙狼―冴島鋼牙 戦いの軌跡―』
2012.03.29 ON AIR
黄金騎士ガロ=冴島鋼牙のこれまでの活躍を振り返るスペシャル映像。

 
 
第24話『時代』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.03.22 ON AIR
復活したギャノンの攻撃に苦戦する鋼牙。イデアを破壊すべく、全ての魔戒騎士と魔戒法師が結集、総力戦の火蓋が切って落とされる。
零、翼、レオ、ワタル、邪美、烈花、シグトたち全ての盟友たちと共に全力を尽くす鋼牙だったが、イデアを止めることは不可能と思われた…。
果たして希望の光は絶望の闇を照らすことが出来るのか?本当の守りし者とは一体誰なのか?そして、鋼牙が果たすべき約束とは一体何なのか?

 
 
第23話『金色』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.03.15 ON AIR
真魔界へと向かい動き出したイデア。盟友たちの尽力、そしてカオルの愛に救われた鋼牙は、カオルを邪美と烈花に託し、再びイデア内部への突入を決意する。
その頃、イデアの中心部である玉座まで単身辿り着いたレオは、兄・シグマとの決着を付けるべく最後の戦いを挑む。
鋼牙が脱出したことによりイデアは停止、シグマの野望もこれまでと思われた。しかし、心臓部であるはずのギャノンの骸に不穏な動きが発生。零、ワタルの力を借りて玉座に辿り着いた鋼牙は、そこに恐るべきものを見る…。

【ホラー】ギャノン
ホラーの始祖・メシアの牙と呼ばれた存在で、既に骸と化していたがシグマを取り込み復活を果たした。妖艶な姿と物言いは、高貴な存在を思わせる。

 
 
第22話『盟友』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:横山誠
2012.03.08 ON AIR
イデアと一体化してしまった鋼牙。烈花が必死の説得を試みても、それを受け入れることはなかった。鋼牙の心を取り戻せる者は只一人しかいないと判断した烈花は、急ぎその人物の元へ向う。
鋼牙を救出すべく策を練る零、レオ、ワタル。そこに加勢に現れる邪美。そして、烈花と共にカオルがやってくる。カオルであれば鋼牙の心を取り戻せると考えたのだ。ところが、鋼牙が烈花に放った言葉の真意に迷ってしまう盟友たち。カオルの鋼牙への想いを聞き、一致団結する一同だったが…。

イデア
シグマの考え出した究極の号竜にして、最強最後の守りし者。自動的にホラー出現を察知し、瞬時に攻撃を放って封印する能力を持つ。その心臓部にはギャノンの骸、燃料には人間の生命を必要としている。

号竜人
号竜人の本体。脚についた刃でスケートの様に滑走し、腕についた刃で攻撃を繰り出す。別名は号竜人・漸。

ギギ
普段は蛾の姿をしているシグマの使い魔。鱗粉を撒き、素早い動きで相手を翻弄する。元は人間の女性だったが、シグマの術によって変化した。

ギギル
ギギが攻撃の際、術で3体に分身した姿。

 
 
第21話『牙城』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.03.01 ON AIR
遂に赤い仮面の男は破滅の刻印を発動させ、全ての魔戒騎士の生命を脅かす。しかし、ガジャリと契約を交わした鋼牙の活躍によって、その野望は潰えたかに見えた。だが、赤い仮面の男の真の目的はイデアの建造にあったのだ。捕えられてしまった鋼牙に新たなる危機が迫る。
一方、零、レオ、ワタルは、魔導列車の墜落した場所に辿り着き、イデア建造を阻止すべく戦いを挑む。苦戦する3人の前に現れた烈花は、イデアの中に鋼牙の姿を見つけるが…。

 
 
第20話『列車』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:横山誠
2012.02.23 ON AIR
全ての魔戒騎士に対し宣戦布告を行った赤い仮面の男は、解我生来の月を利用しての儀式を企てていた。真魔界へ向かうべく、魔導列車を発進させる赤い仮面の男。
その頃、多くの魔戒騎士が元老院へ集結していた。赤い仮面の男の言葉に動揺を隠せない騎士たちは論議を重ねる。その中の1人・多賀城信義(田中要次)もまた、家族を思い心が揺らいでいた。賛同する者としない者に分裂する騎士たち。一触即発のその時、鋼牙が元老院に現れ、ガロの称号を持つ者として騎士たちの不安を取り除こうとする。だが、破滅の刻印が発動し、魔戒騎士たちに生命の危機が訪れる。

 
 
第19話『楽園』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.02.16 ON AIR
鋼牙の前に再び姿を現したレオは、これまでの経緯、自身の過去を語り始める。厳しい父・ゴウキ(伴大介)の元で修行を積んだこと、いつも傍にいてくれた女性・ミオ(吉野紗香)との悲しく儚い思い出を。
全ての真相をレオが明かし、討つべき敵を再確認する鋼牙と零。その時、遂に赤い仮面の男が真の目的に向かって活動を開始、全ての魔戒騎士に宛てた戦線布告をする。それは、まさしく死の宣告であった。

 
 
第18話『群獣』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:横山誠
2012.02.09 ON AIR
番犬所と元老院の捜索も虚しく、レオの行方は依然として不明のまま。系譜書からもレオの存在が消されており、ラテスはレオに対する不信感を鋼牙にぶつける。
同じ頃、鋼牙の元から戻った烈花を迎えたシグト(倉貫匡弘)は、魔戒法師がホラーを狩る時代がやってくると歓喜していた。だが、かつて望んでいた状況にも拘わらず、烈花は沈黙してしまう。
不穏な動きを見せるラテスを追って珀岩の谷に辿り着いた鋼牙は、その黒幕が赤い仮面の男であると知る。再び始まる鋼牙と赤い仮面の男の激闘。窮地に追い込まれた鋼牙を救ったのは…。

 
 
第17話『赤筆』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.02.02 ON AIR
ホラー・セディンベイルの特殊な攻撃に苦戦する鋼牙。すると鋼牙に指南する女の声が。声の主は烈花(松山メアリ)だった。烈花は殺害された魔戒騎士に代わってセディンベイルを追っているのだと言う。
その頃、カオルは出版社で忍田と絵本の打ち合わせの最中。だが、カオルに目を付けたセディンベイルは、忍田へその魔の手を伸ばそうとしていた。
出版社に駆けつけた鋼牙と烈花だったが、セディンベイルの変幻自在の攻撃に苦戦。その戦いの中、鋼牙が破滅の刻印を受け、生命があと僅かであることをカオルに知られてしまう。

【ホラー】セディンベイル
文字をゲートに出現するホラー。古の魔界の知識に深く、その知恵を借りる為に魔導書の中に封じ込められ、必要に応じて封印を解かれていた。身体は文字で構成されており、核となる文字を攻撃しない限り、周辺の文字を用いて何度でも再生する。

 
 
第16話『仮面』 脚本:江良至、雨宮慶太/監督:雨宮慶太
2012.01.26 ON AIR
巨大な魔人と戦う魔戒騎士・桑折の元へ零が駆けつける。
「魔戒騎士を付け狙う不穏な動きあり。共に助け合って行動せよ」。
元老院から全ての魔戒騎士へ通達が出されたのだ。苦戦する零と桑折は、善戦虚しく魔人を取り逃がしてしまう。
一方、公園で絵本のヒントを探すカオルの前にレオが現れる。レオは、しばらく皆と会えなくなると考え、カオルにお別れを伝えに来たのだと言う。
鋼牙と共に魔人の痕跡を追った零は、謎の祭壇を発見する。そこには赤い仮面の男が待ち受けていた。魔人が赤い仮面の男の作り上げたものと知った2人は、猛然と戦いを挑むが…。

鉄騎
シグマの作りだした魔獣。号竜の発展系で操縦の必要がなく、自らの意思で敵を殲滅する。完全に破壊されない限り、人間の血を受けることで再起動する

リグル
シグマの作り出した魔人。シグマが乗り込み操縦する。顔を変化させ、それに伴い武装を切り替える。部分的に破壊しても再生する能力を持つ。

 
 
第15話『同胞』 脚本:江良至/監督:横山誠
2012.01.19 ON AIR
広大な修練場に集まる少年たち。そこは魔戒騎士を育成するための場所だった。それぞれ本名ではなく、色で名前を呼ばれている少年たちの中に、シロ、ヤマブキ、アカネ、ムラサキの4人組がいた。クロ率いる4人組をライバルとし、様々な訓練を通じて友情と親睦を深めていくシロたち。 訓練最後の大一番・鐘斬りが行われようとしていた。4人1組となり、敵陣の鐘を斬る、もしくは敵を全員倒せば勝利となる。少年たちの激闘が始まる中、修練場に不気味な空気が流れる。

【ホラー】ライゾン
子供を好んで補職する大型のホラー。少年時代の鋼牙の前に現れ、成す術もなく仲間たちはその被害に遭った。大きな身体を補うかの様に、無数の触手を伸ばして捕食する。

 
 
第14話『再会』 脚本:江良至/監督:横山誠
2012.01.12 ON AIR
森の中を疾走する2つの人影。それは、元老院付きの魔戒騎士・四十万ワタル(松田賢二)と、翼の弟子・日向であった。魔戒騎士同士の2人が、何故か剣を交え激闘を繰り広げる。
元老院に呼び出された鋼牙は、グレスより闇に堕ちた魔戒騎士の存在を知らされ、その捕獲を言い渡される。その騎士の名を聞き、神妙になる鋼牙。しかも、騎士が真に闇へ傾倒していた場合には抹殺せよとの厳しい命令が下る。
彷徨い歩く漆黒の騎士。その前に立ち塞がるのは閑岱より参上した山刀翼。騎士の圧倒的な強さに鎧を召還しようとする翼だったが、胸を襲う激痛がそれを妨げる。

 
 
第13話『仙水』 脚本:小林雄次、田口恵/監督:小坂一順
2012.01.05 ON AIR
庭先で鍛錬する鋼牙とレオ。すると突然、ザルバが赤く燃え上がり苦しみ出す。応急処置を施すレオだったが、原因も完治させる方法も思い付かない。ところが鋼牙はまるで慌てず、既に手を打ってあると告げる。それは邪美(さとうやすえ)のことだった。
冴島邸に現れた邪美は、ザルバと共に魔戒法師しか入れない宝玉の森の中にある巡命の滝を目指す。滝に流れる仙水こそが、ザルバを元に戻ために必要なのだ。レオの魔針盤を頼りに森を進む邪美は、既に何者かが森に入り込んでいることに気付く。
滝に到着すると、邪美の読み通りそこには黒装束の男の姿が。突然襲いかかる黒装束の男。その目的は、なんとザルバの奪取だった。

号竜人
人型の号竜。銀色の球体から変形する。仙水の力を得て飛躍的に能力が高まっている。その本体は機械の骨格。電撃を発する棒を武器とする。別名は号竜人・隠。

 

©2011 雨宮慶太/東北新社