ニュース・更新情報

登場人物・ヒーロー

ウルトラマンジード
「ウルトラマンジード プリミティブ」
ジードの基本形態。全ての能力のバランスが最も良い。
必殺技は、腕を十字に組んで放つ「レッキングバースト」だ。
「ウルトラマンジード ソリッドバーニング」
硬い身体で剛力を発揮。近接戦闘が得意。頭部の宇宙ブーメラン「ジードスラッガー」は、腕や脚にも装着できる。
必殺技は、右手の正拳突きから放つ爆熱光線「ストライクブースト」だ。
「ウルトラマンジード アクロススマッシャー」
身軽で華麗。超絶速度の動きが特徴。光の剣や興奮抑制などの各種光線技を駆使。
必殺技は、両腕を十字に組んで放つ衝撃波動「アトモスインパクト」だ。
ウルトラマンゼロ
「ウルトラマンジード プリミティブ」
ウルトラセブンの息子。ジードのいる地球にやってきたが、かつての戦いの影響で体調が万全ではない。サラリーマン・伊賀栗レイトと一体化した。
レイトは、ウルトラゼロアイを用いて、ウルトラマンゼロに変身することができる。
「ワイドゼロショット」など多彩な必殺技を持つ。
朝倉 リク / ウルトラマンジード演:濱田 龍臣(はまだ たつおみ)
朝倉 リク / ウルトラマンジード
本作の主人公。ウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぐ者。ジードライザーでウルトラカプセルをスキャンすることでウルトラマンジードにフュージョンライズする。
大好きなテレビ番組『爆裂戦記ドンシャイン』の影響で、人々を救うヒーローに憧れを抱いてきたが、自分がベリアルの息子であると知り、ショックを受ける。
普段は「星雲荘」と名付けた秘密基地で生活しており、「銀河マーケット」でアルバイトをしている。
ペガッサ星人 ペガCV:潘 めぐみ(はん めぐみ)
ペガッサ星人 ペガ
ペガッサ星人の男の子。困っていたところをリクに助けてもらい、リクと一緒に暮らすようになった。
内気で臆病な性格で、外出時は「ダーク・ゾーン」という異次元空間を作り出し、リクの影に隠れて行動しているが、ウルトラマンジードとなったリクをいつも思いやり、ともに戦ってくれる心強い相棒である。
手先が器用で、造花づくりの内職に精を出している。
鳥羽ライハ演:山本 千尋(やまもと ちひろ)
鳥羽ライハ
刀剣を持つ女の子。六年前の怪獣災害をきっかけに、怪獣出現の謎を追っている。
怪獣を呼び寄せる「リトルスター」を宿した少女を助けようとしていた際にリクと出会い、秘密基地「星雲荘」で共同生活をするようになる。
剣術・武術に長けており、日々のトレーニングは欠かさない。
レムCV:三森 すずこ(みもり すずこ)
レム
天文台の地下500mに位置する秘密基地「星雲荘」の中央司令室に設置されている報告管理システム。リクに「あなたがこの基地の所有者である」と伝え、ジードライザーとウルトラカプセルを託す。
怪獣の出現地点にリクを転送したり、球体型偵察機ユートムを操作し「リトルスター」を探索したりと、リクたちの戦いをサポートする。
愛崎 モア演:長谷川 眞優(はせがわ まゆ)
愛崎 モア
リクの幼馴染。異星人を捜査する秘密組織AIBのエージェント。先輩エージェントのシャドー星人ゼナとともに、宇宙人犯罪者を取り締まるのが仕事だが、よくドジをしてしまう。 幼い頃はよくリクと『爆裂戦記ドンシャイン』ごっこをして遊んでいた。いまでもリクのことが大好きだが、AIBの存在を隠し「ニコニコ生命保険」のセールス担当だと身分を偽っている。
伊賀栗 レイト演:小澤 雄太(おざわ ゆうた)
伊賀栗 レイト
妻・娘と暮らすサラリーマン。真面目で気弱な性格。交通事故から子供を助けようとして命を落としたところをウルトラマンゼロに救われ、ゼロと身体を一体化することになる。 ウルトラゼロアイを用いて、ウルトラマンゼロに変身できる。
当初はウルトラマンゼロとともにジードの戦いを見守っているが、奔放なウルトラマンゼロに振り回され、徐々に怪獣たちとの戦いに巻き込まれていく。
伏井出 ケイ演:渡辺 邦斗(わたなべ くにと)
伏井出 ケイ
怪獣カプセルをスキャンして、ベリアル融合獣にフュージョンライズすることができる。「リトルスター」を追っているらしいが、その目的は謎に包まれている。
普段は、著名なSF小説家として活動しており、礼儀正しい紳士だが、ひとたび戦いとなると、とても冷酷で獰猛な一面を見せる。
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.