ニュース・更新情報
これまでのお話

第4回「かっぱ石」「阿寒湖のマリモ」

2017年4月23日放送


「かっぱ石」
ある村の堀には河童の親子が住んでいて、河童に足を引っ張られて人間の子供が溺れることもあった。ある日、子河童が帰って来ないのを心配した親河童が探しに行くと…。

「阿寒湖のマリモ」
阿寒湖に鋭いとげのある実を持つ菱がたくさんやってきて、魚たちを湖から追い出してしまう。困ったアイヌの人々は神様に祈り、菱を湖から追い出してもらう。

第3回「なまず神」「伊能忠敬(いのうただたか)」

2017年4月16日放送


「なまず神」
山あいの村に働き者の夫婦が住んでいた。ある日、朝飯を食べた後、残った飯を夜に食べようと残したまま畑仕事をして家に戻ったところ、何故だか飯は無くなっていた。

「伊能忠敬(いのうただたか)」
三治郎は好奇心旺盛で学問が好きな少年だ。18歳の時、伊能家の婿養子になり、名前を伊能忠敬(いのうただたか)と改める。彼の夢は江戸に行って天文学を学ぶ事だった。

第2回「竹の子童子」「壱岐の島の鬼凧(おんだこ)」

2017年4月9日放送


「竹の子童子」
桶屋の親方には、三吉という弟子がいた。ある日、桶のタガにする竹を取りに三吉が山に向かったところ、どこからか声が聞こえてくる。声のする方に近づいてみると・・・。

「壱岐の島の鬼凧(おんだこ)」
壱岐(いき)の島では、住みついた鬼たちが悪さをして困っていたが、中には草花が好きな穏やかな子鬼もいた。そんな子鬼と人間の子供のサツキは友達になる。

第1回「石になった鮫浦太郎」「幸吉・空を飛ぶ」

2017年4月2日放送


「石になった鮫浦太郎」
昔、鮫浦(さめうら)の浜には、春が終わるころになると大きなクジラがやってきた。浜の守り神として村人たちに慕われる鮫浦太郎だったが、ある年、ふいに姿を見せなくなる。

「幸吉・空を飛ぶ」
備前の国の表具職人・幸吉は、幼い頃から鳥のように空を飛びたいと夢見ていた。やがて仕事で覚えた技術を生かして、紙と木の骨組みで翼を作り、空を飛ぼうと試みる。


©テレビ東京・博報堂・トマソン

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.