ニュース・更新情報

NARUTO-ナルト- 疾風伝

第373話「師の影を追って」

2010年3月25日放送

自来也を失った深い悲しみの中、木ノ葉の町をさ迷い歩くナルト。深い喪失感から立ち直れずに、自来也との懐かしい思い出を辿っていく。失意の中にいるナルトを立ち直らせたものとは…。一方、綱手もまた盟友の死に衝撃を受けていた。しかしフカサクより自来也が遺したペインの情報を託され、ペイン攻略の手がかりを掴む事を誓うのだった。




第372話「悲報」

2010年3月25日放送

任務から帰ったナルトはイタチとの遭遇時に起こった不可解な出来事を回想していた。既に死んだとされるイタチが何を言いたかったのか。考え込むナルトのもとに、突如尋ねてくるカカシ。有無を言わさず火影邸への呼び出しを受けるナルトに告げられた衝撃の知らせとは――。一方、その頃サスケは捕らえた八尾をトビに引き渡していた。傷を癒し、木ノ葉に向かうと宣言するサスケの背に、トビはサスケと交わしたある会話を思い出していた。




第371話「師弟」

2010年3月11日放送

シラナミの術に操られ、ナルトとウタカタに禁術を向けてしまうホタル。禁術の力を目の当たりにし、歓喜するシラナミの傍らで、ホタルは深い絶望に捕らわれていた。完全に心を閉ざしたホタルはシラナミの制御を離れ、禁術を暴走させてしまう。このままではホタルもろとも周囲一帯が吹き飛ぶと判断し、逃走するシラナミ。その時、ホタルの事を託されたウタカタが取った行動とは…。




第370話「禁術発動」

2010年3月4日放送

サクラ、サイ、ヤマトの活躍により、土蜘蛛の里への潜入を果たしたナルト達。自然界のチャクラが不穏な動きをするのに気付いたウタカタは、ナルトと共にその中心地である洞窟に乗り込む。そこでは字縛術によってホタルの自由を奪ったシラナミが、外部から禁術を発動させようとしていた。ホタルを禁術の器として扱い、想いを踏みにじるシラナミの態度に激昂するナルト。何とかシラナミの行為を止めようとする二人だが――抵抗空しく、字縛術に捕らわれてしまう。




第369話「別離」

2010年2月25日放送

現れたシラナミの言葉を信じ、ウタカタ宛の別れの手紙を残して葛城山を後にするホタル。一方、シラナミを探すナルトは、策に嵌められ、マガキ衆の罠に捕らわれていた。そこに突如ウタカタが現れた事により辛くも難を逃れる。ホタルが再会を願う「シラナミ」こそが、葛城山を襲った盗賊と同一人物だと悟るナルトとウタカタは、消えたホタルの身を案じ、共に追尾を開始するが……辿り着いた土蜘蛛一族の里は、シラナミの術によって恐るべき変貌を遂げていた。




第368話「闇の後継者」

2010年2月18日放送

ホタルを連れ、葛城山の砦に戻る木ノ葉達。ナルトは『土蜘蛛の禁術』がホタルの背中に埋め込まれている事に憤り、遁兵衛に詰め寄る。しかしそれを望んだのは他ならぬホタル自身だった。だが「衰退した土蜘蛛一族にはもはや術を守りきる力がない」と判断する遁兵衛は、実は孫の身を案じた役の行者が、ホタルから禁術を抜く術を残していった事を明かす。禁術を葬る事を促す一同だが、ホタルはこれを拒否。遥か昔に姿を消した、土蜘蛛一族の兄弟子「シラナミ」ならば禁術を守れるはずだと切実な想いをナルトに打ち明ける。




第367話「抜け忍の過去」

2010年2月11日放送

相手が霧の追い忍と悟り、ためらうヤマトとサイ。しかし問答無用でナルトは戦闘に突入してしまう。霧隠れの追い忍達はホタルと引き換えに抜け忍であるウタカタの身柄を要求するが、従えばホタルはウタカタを追い、任務に支障が出ると考えたヤマトはこれを拒否。譲れぬ任務を抱えたもの同士、泥沼の争いに突入するかと思われたその時――両勢力の間に追い忍たちのリーダー・ツルギが割って入る。無駄な争いを避ける為、ウタカタとも知己であるツルギは、ウタカタとヤマトにある交渉を持ちかける。




第366話「継承者の想い」

2010年2月4日放送

里に到着し、ナルト達と別れたホタル。しかしそこには既にマガキ衆の手が回っていた。追い詰められ禁術を渡すように迫られるホタル。絶体絶命のその時、現れたのはウタカタだった。シラナミはウタカタが霧隠れのビンゴブックに乗っている賞金首である事に気付くが…。一方、ホタルの様子が気になり、土蜘蛛の里へと戻るナルト。しかし村人達は消えたホタルを探そうとしてはいなかった。その冷淡な態度に憤るナルトだが、ナルトを追って戻ったヤマトに諭され、ホタルを探索する事にする。




第365話「禁術の継承者」

2010年1月28日放送

土蜘蛛一族の役の行者の孫娘、ホタルを警護し、山中にある土蜘蛛一族の里に送り届ける事になったナルト達。しかしホタルはナルト達と交代する形で別れてしまったウタカタに未練を残していた。ウタカタの強さに憧れ、弟子入りしたいと願うホタルだが、ウタカタは拒絶するのだという。一方その頃、禁術の強奪に失敗した賞金稼ぎのマガキ衆と頭領のシラナミは次の策を練っていた。ホタルの行く手に先回りすべく動き出すが――突如、ウタカタと出くわしたことから交戦へとなだれ込む。




第364話「風来坊」

2010年1月21日放送

イタチ捕獲任務に失敗しサスケの行方も見失った木ノ葉達。探索を切り上げ、帰郷しようとするところに、綱手より火急の任務が入る。それは先の大戦後に三代目火影と土蜘蛛一族の役の行者の間で交わされた、ある盟約によるものだった。莫大な力を持つ土蜘蛛の秘術を危険視した三代目はそれを禁術指定する代わり、一族に危機が迫った時は木ノ葉が駆けつけるという約束を交わしたのだ。
ヤマトを隊長にした第7班は、早速、何者かに襲われた砦に駆けつけるが――ナルトはそこで謎の男ウタカタと戦う事になる。




第363話「八尾」対「サスケ」

2010年1月14日放送

暁と手分けして尾獣を狩る為、雷の国・雲雷峡にて八尾のキラービーと対峙する鷹の面々。雷遁に加え、七本の刀を操るキラービーとの戦闘に鷹たちは苦戦を強いられていく。更に尾獣のチャクラをまとう特殊攻撃に隙をつかれ、瀕死の重傷を負ってしまうサスケ。絶体絶命の窮地の中、明らかになる「八尾」の全貌、そしてサスケに宿った新たなる力とは――。




第362話「雲雷峡の闘い(うんらいきょうのたたかい)」

2010年1月7日放送

『天照』の炎が残る戦闘跡地で懸命にサスケの捜索を続けるナルト達。しかし探索チームの能力を持ってしても痕跡を見つける事はできなかった。出来る限りの手を打ったと判断するカカシは、里への引き上げを決める。一方、イタチの真実を知ったサスケはその写輪眼を移植する事を拒否し、木ノ葉を潰す事を次なる目標と定め、利害が一致する暁と手を組むのだった。




©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.