ニュース・更新情報

NARUTO-ナルト- 疾風伝

第526話「心の目」

2013年3月28日放送

戦場で白ゼツと交戦するネジとヒナタ。ネジは死角を突かれ襲われてしまうのだが、そのピンチをヒナタが救う。“ネジ兄さんは私が守る”と気合い充分のヒナタ。それは綱手が火影に就任し、サスケがまだ里にいた頃――同じようにネジが自分を守ってくれた時の事を思い出したからだった。数日後にある花火大会へナルトと行く事になり嬉しいヒナタ。しかし、ネジとの厳しい稽古により、視力を使いすぎ目が見えなくなってしまう。ネジはそれに責任を感じ…?




第525話「復讐者」

2013年3月21日放送

四人衆を倒せたとしても結界が解かれる事はないと知ったシカマルたち。このままでは命尽きるのも時間の問題なのだが、いのやシノが必死に肉体にチャクラを送り命を繋ぎとめているのだった。しかし、二人のチャクラも残りわずか。そして本部にいるシカクは息子のピンチにも関わらず、唯一の希望であるナルトに“助けに行くな”と命令する。まさに絶体絶命の状況の中、復讐に燃える音の四人衆は呪印状態2よりもさらに力を上げ、シカマルたちに襲いかかる!




第524話「黄泉転身(よみてんしん)の術」

2013年3月14日放送

それぞれの戦場で木ノ葉の面々に倒されてしまった音の四人衆たち。だがそれは、四人衆の作戦だった!四人の体が朽ちていくと共に発動した忍術、それは『時空術式――黄泉転身(よみてんしん)の術』。肉体から魂だけを結界へと転移させ、閉じ込めてしまう結界忍術だったのだ。その術で魂を結界に閉じ込められてしまったシカマルたち。この結界忍術を破り、早く魂を肉体に戻さなければ死を迎えてしまうのだが音の四人衆たちは復讐のため容赦なく攻撃をしてくるのだった。




第523話「過去の亡霊」

2013年3月7日放送

白ゼツが紛れ込んでいるかもしれないという疑念の中、休息をとるシカマルたち。一方、違う戦場では戦いを続けているネジやキバ。その離れた戦場で同時に意外な敵の忍が現れた。それはかつてのサスケ奪還任務の時、追いかけるナルトたちを阻止するべく立ち塞がった強敵・音の四人衆!カブトの穢土転生の術によって復活したのだ。かつてシカマルやネジたちを恐ろしい力で窮地に追い込んだ因縁の音の四人衆。彼らが復活したその目的とは一体何なのか!?




第522話「恐怖・蒸危暴威(ジョウキボーイ)」

2013年2月28日放送

二代目水影の蜃気楼を破った我愛羅とオオノキ。しかし、これまで協力的だった二代目水影はバトルが楽しくなってきてしまい、さらなる忍術で攻撃してくる。それは二代目土影も手を焼いたという無限爆破忍術・蒸危暴威!広範囲に渡って何度も水蒸気爆発を起こすその大技に我愛羅たちは苦戦を強いられてしまう!しかし、その容赦のない攻撃はただ戦いを楽しむためではなく“自分に勝てないようではマダラに勝つ事などできない”と二代目水影が我愛羅たちを思っての事だった。




第521話「矛盾」

2013年2月21日放送

風遁を駆使して三代目雷影と戦うテマリ。雷遁を使う三代目には風の忍術が有効なハズなのだが、いくら攻撃してもダメージを与えられない。テマリはかなりの風遁使いなのだが、雲の忍・ドダイはさらに強力な風遁使いがいなければ勝目はないと言う。その場にはテマリ以上の使い手はいないのだが…そこに突如、ナルトが駆けつけた!ナルトの得意技“螺旋手裏剣”は風遁系の中でも超強力忍術!果たしてナルトは、三代目雷影の動きを止める事ができるのか!?




第520話「水影と蜃(おおはまぐり)と蜃気楼」

2013年2月14日放送

歴代影たちと戦う第4部隊。我愛羅の活躍によって二代目水影と三代目雷影を封印するにまで追い詰めたのだが、あと少しの所で破られてしまう。二代目土影・ムウと戦うオオノキに加勢するため名も無き忍たちに二代目水影を託してその場からいなくなる我愛羅。勝つ気のない二代目水影は名だたる忍がいない状況で自分と戦う事になってしまった忍たちのために自分の忍術や弱点をレクチャーしながら戦わせるのだが、それでも太刀打ちできない忍たちに次第に苛立ってゆく。




第519話「認められし者」

2013年2月7日放送

最強幻術“別天神(ことあまつかみ)”の力によって、イタチは穢土転生の術から解き放たれた!一方、長門は完全に意識を乗っ取られてしまい、輪廻眼の力でナルトたちに襲いかかる。恐るべき輪廻眼の術の前に手も足もでないナルトとビー。もはや絶体絶命のピンチ…!という所で自由に動けるようになったイタチがその危機を救う!しかし、さらに長門が放つ大術、一度捕らえられたら二度と抜け出す事のできない“地爆天星”により三人は成す術なく窮地に追い込まれてしまう。




第518話「ついに接触!!ナルトVSイタチ」

2013年1月31日放送

戦場へと進むナルトとビーの前に、穢土転生体であるうちはイタチと長門が現れた!九尾の力をコントロールするナルトの姿に成長を感じる二人だが、カブトの術により戦闘を始めてしまう。サスケが今どうしているのかナルトに確認しつつも強力な口寄せや写輪眼を駆使し、圧倒的な力で二人を追い詰めるイタチと長門。戦いながら改めてナルトにサスケを託そうとイタチが決意した瞬間、万華鏡写輪眼が発動してしまった。その時、ナルトの体に異変が起こる。




第517話「父の想い、母の愛」

2013年1月24日放送

歴代影たちを引き付けていた我愛羅第四部隊の戦いが始まる!その一人、我愛羅の父である四代目風影は息子が風影になった事、そして忍連合の連隊長を務めている事に驚愕し、息子にその価値が本当にあるのかを確かめるため磁遁で砂金を操り襲いかかる。その激しい戦いの末、我愛羅が自分を超え、成長したと感じた父は自分がかつて息子にしてしまった過ちを後悔し、砂を操る力と我愛羅を生んで死んでしまった母“加瑠羅(かるら)”の真実について語り始める。




第516話「ナルト、参戦!!」

2013年1月17日放送

ナルトは雷影の説得に成功し、いよいよ戦場へと向かって動き出した!誰に変化しているのか分からない白ゼツに対処するにはナルトの感知能力に頼るしかない。さらに白ゼツのデータからマダラが不死だという事が判明する。シカクはこれから戦いに参加するナルトにそれらの情報を伝えると共に、マダラは平和など望まない憎しみを利用する危険な敵だと忠告する。しかし、それを聞いたナルトは「この戦争はオレが止める!」と一層決意を固めるのだった。




第515話「NARUTO疾風伝『力-Chikara-』episode Final」

2013年1月10日放送

伝承にあった『天の矛』が出現し、世界を滅ぼす『力』を放出し始めた。その『力』によりクローン九尾はさらに凶悪な姿へと変貌し、強大な『力』で大地を抉り『ホール』を破壊する。その『力』の前に成す術のないナルトは放たれた攻撃で体を貫かれ死に瀕してしまうのだが、薄れる意識の中『力』を貸すと言う九尾の囁きと共に、ある人物の声が聞こえてくるのだった。果たして、壮絶なる戦いの行方は?そしてドックたちは無事生き残る事ができるのか!?




©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.