ニュース・更新情報

NARUTO-ナルト- 疾風伝

第625話「閉じ込められた二人」

2015年3月26日放送

魔の砂漠にある古い遺跡。その遺跡が巻物を奪い合う戦闘で崩れ、テンテンとアジサイの二人は遺跡の奥深くへと落ちて閉じ込められてしまう。脱出するため一時休戦ということにする二人。出口を求めて先へ進む二人だが、その二人に巨大なアリの大群が襲いかかる!時空間忍術で武器を出しアリに挑むテンテン。しかし、同じ術を使うアジサイはそのアリを自分の口寄せにしようとする。口寄せの術をうまく使うアジサイを見てガイとの修業を思い出したテンテンは…?




第624話「テンテンの悩み」

2015年3月19日放送

夜の砂漠で食事の準備をするネジたち。するとテンテンは巻物からお好み焼きの材料を出現させる。砂漠でお好み焼きが食べられる事に感動するリー。そしてリーは、何でも出せるテンテンのことを“便利”だと言うのだが、その言葉にテンテンは何故か怒ってしまう。その翌日、雨隠れのアジサイチームと遭遇するネジたち。巻物を奪い合う戦闘が始まる中、自分と同じ時空間忍術を使うアジサイにテンテンは対抗心を燃やす。果たして、テンテンの悩みとは!?




第623話「諦めないド根性」

2015年3月12日放送

巻物を草隠れの忍たちに奪われてしまったキバたち。追跡を試みるも、相手は逃げることに関してのエキスパート、感知能力に長けたキバたちでも足取りがつかめない。ゴールの塔はもう目前だがこのまま発見できなければ、草隠れの忍たちが先にゴールする。もうだめか…と悔しがるキバ。が、その時――キバは何故か突然ナルトを思い出し、「ナルトなら絶対諦めない」と言い出す。その言葉でナルトを思い出した三人は諦めず、再び草隠れの忍の追跡を開始する!




第622話「逃走VS追跡」

2015年3月5日放送

砂漠を行くキバ、ヒナタ、シノの班。その三人の前に草隠れの忍が現れる!キバたちが所有するのは天の書。そして草隠れは地の書。お互い必要な巻物を奪うための壮絶な戦闘が始まるがキバは巻物を奪われてしまう。草隠れの忍たちは逃げることに関してのエキスパート。匂いでキバの嗅覚を封じ、砂の中に潜りシノの蟲をも回避する。ヒナタの白眼を頼りに追うも天の書を奪って逃げる草隠れの策略により、キバたちは底なし流砂にはまり動けなくなってしまう!




第621話「極めし者」

2015年2月26日放送

同じ体術使いとしてシラに戦いを挑むリー。体術を極めた者同士、剛拳と剛拳の闘いが始まる!お互い本気の体術と体術のぶつかり合い。技のスピード、手数の多さは互角――と思われたが、体格の差で押され始めるリーにダメージが蓄積されていく。その状況を破るためリーは、八門遁甲(はちもんとんこう)を解放する!が、しかし第一門すら開くことができない。それはシラの攻撃によるものなのか?そしてシラの攻撃は容赦なくリーの体に叩き込まれる!!




第620話「体術使いとして…」

2015年2月19日放送

シラはリーと同じく忍術が使えない忍であり、砂隠れでは忍術を使えない者は忍として認められなかった。しかしシラは体術の才能を我愛羅に評価され忍として認めてもらい、体術指南役にまで抜擢された。そんなシラの大出世を妬む砂隠れの仲間たちにシラは襲撃されてしまう。自分と似た境遇であるシラを放っておけないリーは、シラを傷つけ努力を侮辱した砂隠れの者たちを一人で追うも多数の敵に囲まれてしまう。しかしリーの心は「謝るまで許しません!」と怒りで燃えさかる!!




第619話「魔の砂漠のサバイバル」

2015年2月12日放送

ついに二次試験が始まる!試験の内容は、広大な魔の砂漠での“天の書”と“地の書”の巻物争奪戦。この二つの巻物を持って魔の砂漠の中央にある拠点まで届けられれば合格。制限時間は72時間。スタートの合図が鳴り、ネジ、リー、テンテンの三人は灼熱の砂漠を走り出す。この試験の前夜に敵の分析を終えているネジは、リーの蹴りを受け止めたシラの班とフウの班との戦闘は避けるべきだと提案する。しかしリーはそんなシラと戦ってみたいと闘志を燃やす!!




第618話「二次試験、前夜」

2015年2月5日放送

二次試験会場は砂隠れの里。しかし砂隠れでは我愛羅の命を狙う者たちがおり、警護が手薄になる管理官の立場は危険だとカンクロウは我愛羅を止めようとする。我愛羅にとって中忍試験はナルトと出会うきっかけとなった全ての始まり。特別な想いがある我愛羅は必ずやり遂げると宣言する。そして二次試験が始まる前夜。参加者が食堂に集うのだが、他里の者同士で乱闘騒ぎが起こる。木ノ葉のメンバーでも騒ぎを止められない中、その場を静めたのは滝隠れからやってきたフウだった。




第617話「リーダーに相応しい者」

2015年1月29日放送

皆が問題を解く事ができず焦る中、「解き方を教えてやる」と部屋の皆に突然言い出すネジ。リーダー的立場で指示するネジの態度が気に入らない他の受験者がネジに戦闘をしかけるのだが、試験中は戦闘禁止。失格を恐れる者はしぶしぶネジの指示通りに試験を解こうと動き出し、30分が経過して試験は終了する。しかし、シカマルが続いて出した問題は制限時間3分。果たしてネジたちは合格することができるのか!?




第616話「三つの問題」

2015年1月22日放送

ついに始まる中忍試験。一次試験の試験管はシカマル!最初の試験は筆記試験。チームをバラバラにされ受験する下忍たちが混乱する中、シカマルは説明も手短に試験を開始してしまう。制限時間は30分。出されたのは一筋縄ではいかない三つの問題。刻一刻と時間がカウントされる中、ネジは前回の筆記試験でナルトが白紙で合格したことを思い出し、この試験が問題回答能力を問われているわけではないと気づき始める。




第615話「中忍試験、開始!」

2015年1月15日放送

中忍試験開始に向けて本格的に準備が始まる木ノ葉隠れの里。綱手の命令によりカカシは、内部の状況がわからない雨隠れの里へと情報収集も兼ねて招待状を届ける任務を任される。霧、雲、岩隠れの里からは参加を拒否されるが、滝隠れの里や草隠れは参加を表明し、続々と参加人数が決まっていく。そんな中、ナルトとサスケが不在のためスリーマンセルが組めないサクラに、いのとチョウジは中忍となったシカマルの代わりに一緒に試験に出ようと声をかけるのだが、サクラはその誘いを断ってしまい…。




第614話「新たなる中忍試験」

2015年1月8日放送

ナルトに死の危機が迫り、木ノ葉の仲間たちや綱手が不安に駆られその身を案じる中、ナルトはいつでも里の希望だった事を思い出し、時は遡っていく――。それはナルトと自来也が修業の旅に出て長い月日が経った頃。木ノ葉の里では久々に砂隠れとの合同で中忍試験が行われようとしていた。しかし、人柱力を狙って“暁”が暗躍し、さらには我愛羅の命を狙う怪しい影が背後でうごめいているにも関わらず試験を「風影就任の初仕事として砂隠れで開きたい」と我愛羅は申し出る。各里の思惑や野望が渦巻く中、新たな中忍試験が幕を開く!




©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.