ニュース・更新情報
  • アニメマシテ

    石谷春貴・天﨑滉平の4/24OA本編を1週間限定で配信中!

    [4/25 up]
  • アニメマシテ

    石谷春貴・天﨑滉平の4/24OA分の未公開動画配信中!

    [4/24 up]
  • ダイニノアレ

    ダイニノ人気キャラクター動画を追加しました!

    [4/24 up]
  • きんだーてれび

    「アニマルバス」「きもしば」の動画を更新しました!

    [4/24 up]
  • 世界の闇図鑑

    【これまでのお話】に新たな一枚「コーンキャッチャーフィッシュ」が追加されました。

    [4/23 up]

NARUTO-ナルト- 疾風伝

第720話「木ノ葉秘伝 祝言日和 「祝いの言葉」」

2017年3月23日放送

誰にも認められず孤独に過ごしていたナルト。しかし、イルカがナルトを認めた事で、ナルトの物語は始まった。イルカの言葉や存在が、今日までナルトを支えてきた。そんなナルトの結婚がもう間近に迫る中イルカは、自分がナルトにとってどういう存在なのかわからなくなり、結婚祝いの言葉に何と言っていいのか答えを出せずにいた。
果たしてイルカがナルトへ贈ったメッセージとは…?
長きに渡り続いてきたNARUTO-ナルト-疾風伝、ここに完結!!




第719話「木ノ葉秘伝 祝言日和 「極秘任務の行方」」

2017年3月16日放送

ナルトの結婚式が間近に迫る中、仲間たちは着々と結婚祝いを用意しカカシから発令された極秘任務を達成していた。しかしまだ誰にも明かされていない極秘任務の真の目的は――祝いの品を見定めナルトとヒナタの結婚式に出席できる者を決める事。発令したものの、皆が一生懸命集めた品を見てカカシは「本当にこれでいいのだろうか…」と思い悩む。そんな中、極秘任務の真の目的を知ってしまったサクラやキバ達は怒り、カカシに詰め寄るのだった。




第718話「木ノ葉秘伝 祝言日和 「最後の任務」」

2017年3月9日放送

シノとキバはまだ何を贈ればよいか決めていなかった。二人はヒナタと同じ第八班のメンバー。ヒナタは結婚という道を選び、キバは火影になるという目標に向かって突き進んでいる。しかしシノはまだ、これから先の事を何も決めていない。ヒナタが結婚するとなれば、これから一緒に行動することも少なくなり、この極秘任務が“第八班最後の任務”になる。前へ向かって進んで行く二人とは違い、何も決まらないままシノはこの最後の任務へと赴くが…。




第717話「木ノ葉秘伝 祝言日和 「風影の御祝」」

2017年3月2日放送

五影会談のため、木ノ葉隠れの里に集結する五影たち。オオノキや雷影(らいかげ)はナルトが結婚することを聞きつけており、すでに祝いの品を用意していた。しかしまだ用意をしていない我愛羅(ガアラ)は、結婚祝いなど選んだことがなく何が良いのかわからない。風影として盛大に祝えばいいと周りがアドバイスをしてくれるが、ビーの情報によれば雷影は“雲隠れの舞”を踊るらしい。これは我愛羅も踊りで対抗するしかないとカンクロウが言い出すのだが、果たして我愛羅は…?




第716話「木ノ葉秘伝 祝言日和 「湯けむりと兵糧丸」」

2017年2月23日放送

ナルトとヒナタの結婚祝いを探すという極秘任務の魔の手はシカマルにも襲いかかる。頭の回転が早いシカマルだが、結婚祝いは何が良いか中々答えを出せない。そんな中、チョウジはすでにシカマルが納得する程の最高のお祝いを用意していた。シカマルは焦る。焦るあまり「現金がいいのでは…?」と間違った答えを出す始末。しかし、チョウジから“旅行”というヒントを得たシカマルは、女性の意見を聞くためテマリに相談をする。




第714話/第715話「NARUTO疾風伝スペシャル 木ノ葉秘伝 ~ナルトの結婚~ 」

2017年2月16日放送

ナルトとヒナタが結婚することになった。しかし二人の結婚式が間近に迫る中カカシは、ある問題に頭を悩ませていた。今は平和になったとはいえ、ナルトの友人達は里の第一線で活躍している忍ばかり。連日連夜任務をこなす身であり、結婚式当日に出席できない者が必ず出てしまう。火影として不公平のない解決を考えるカカシは“二人の結婚祝いを用意する”という極秘任務を皆に言い渡す!




第713話「シカマル秘伝 闇の黙(しじま)に浮ぶ雲 「東雲(しののめ)」」

2017年2月9日放送

シカマルの絶体絶命のピンチに、いの、チョウジ、そしてテマリが援軍として駆けつける!心を奪われてしまった朧をチョウジが。鏃をテマリが。そしてサイの心を取り戻すためいのが、それぞれ激闘を繰り広げる。
一方、シカマルはゲンゴを追う。忍が生きやすい世界を作るという大儀の名のもとに、忍を集め、操り、戦争を起こす野望を持つゲンゴ。シカマルはゲンゴの野望を打ち砕き、平和を取り戻す事ができるのか!?最終決戦がついに始まる!!




第712話「シカマル秘伝 闇の黙(しじま)に浮ぶ雲 「疑雲(ぎうん)」」

2017年2月2日放送

ゲンゴの暗殺とサイの救出を試みたシカマルだが、失敗し囚われの身となってしまう。牢屋に閉じ込められた上、アスマのライターから何まで全て奪われ、まさに絶体絶命…。しかしシカマルは諦めず、持ち前の頭脳と知略を駆使し起死回生のチャンスをうかがう。そしてその機会がようやく訪れた、と思われたその時――信頼していたはずの鏃と朧が、ゲンゴに志を植えつけられシカマルの前に立ちはだかる!




第711話「シカマル秘伝 闇の黙(しじま)に浮ぶ雲 「闇雲(やみくも)」」

2017年1月26日放送

ゲンゴという男がいる俘囚城(ふしゅうじょう)はもう目の前だった。だが、ゲンゴは用心深く、シカマルたちは何一つ情報を得られていない。俘囚城の周辺を探ると、町は貧しいながらも色々な国の人間が集まっており、中でもとりわけ目立つのがゲンゴの意志に賛同した“革者(かくしゃ)”という者達。ゲンゴには人を惹きつける何かがあるのか…?そんな折、ゲンゴが演説をするということでシカマル達が会場に潜入してみると、そこには囚われたサイの姿があった。




第710話「シカマル秘伝 闇の黙(しじま)に浮ぶ雲 「暗雲(あんうん)」」

2017年1月19日放送

大戦での失踪者や抜け忍が大量に流れ込んでいる黙(しじま)の国。そこに潜入したサイから不穏な報せが届き、シカマルは現状を探るため暗部である鏃(ソク)と朧(ロウ)と共に、黙の国を目指す。しかし三人の前には厳重な警備下に置かれた関所が立ちはだかり、容易に入ることができない。黙の国の内情と、サイの消息を探るためには関所を突破するしかなく、三人は力を合わせ潜入を試みるのだが…?




第709話「シカマル秘伝 闇の黙(しじま)に浮ぶ雲 「風雲(ふううん)」」

2017年1月12日放送

第四次忍界大戦から二年。「めんどくせー」が口癖であるシカマルは今や、木ノ葉隠れの里、そして忍連合においても責任ある立場となり重要な仕事を任せられていた。仕事に忙殺される日々が続き、いつしか雲を見ることすら忘れ自分らしさを失っていくシカマル。そしてある日、忍が大量失踪する事件が勃発し、シカマルは自分らしさからは程遠い“暗殺任務”へと赴くことになる。




第708話「NARUTO疾風伝 サスケ真伝 来光(らいこう)篇 『最後の一人』」

2017年1月5日放送

木ノ葉隠れの里が起爆人間に襲われることで始まったこの事件。独自に調査を始めたサスケは数々の襲いかかる危険を乗り越え、ついに真実に辿り着く。
『起爆人間』『血龍眼』『地獄谷』『血之池(ちのいけ)一族』、そしてうちは一族…。
これらが一つとなり、導き出された事件の全貌!?
ついに全ての謎が明かされる!!




©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.