ニュース・更新情報

登場人物

真田幸村
CV:草尾 毅
真田家の若武者。武士(もののふ)としての信義を重んじ、たとえ困難な状況にあっても己の信じた道を貫こうとする。兄である信之とは幼い頃から仲がよく、敬意と信頼を寄せている。かつて信之と共に徳川軍と戦った際、援軍として駆けつけてくれた石田三成、直江兼続のふたりとは強い義の絆で結ばれている。
真田信之
CV:小野大輔
真田家の嫡男。物腰柔らかだが責任感が強く、現実を見据えた判断を下すことができる。弟・幸村と共に上田城で徳川軍を迎え撃った際、泰平の世を見据える徳川家康の器の大きさに触れ、その後徳川の重臣本多忠勝の娘・稲姫を妻に迎えたことで、徳川家と近しい立場となっている。
石田三成
CV:竹本英史
豊臣秀吉子飼いの将で、優れた才覚を持つ高潔な理論家。自尊心が高く、常に理論や理想が先走りするため、不遜に見られてしまい人からは理解されにくいが、心を許した同志にはその熱い胸の内を垣間見せることも。
直江兼続
CV:高塚正也
「義」を重んじ「愛」を貫く、才気に富んだ智将。越後の大名・上杉家に仕えるが、口数の少ない主君・景勝に代わって、代表を務めることが多い。真田幸村、石田三成とは義の誓いを交わした仲。
くのいち
CV:永島由子
真田家に仕える忍び。小悪魔的な振る舞いで敵将を翻弄し、相棒の月丸とともに要領よく任務をこなす。 奔放な性格だが、主である幸村に対してはひたむきに仕え、自身の命を投げ打ってでも守るという一途さを見せる。
稲姫
CV:大本眞基子
本多忠勝の娘。勇敢で礼儀正しい、清楚な大和撫子。真面目過ぎて、冗談が通じない側面も。かつて敵として相まみえた真田信之のもとへ嫁いだことで、真田家を守っていく立場に。献身的に信之に尽くしている。
大谷吉継
CV:日野聡
近江出身の才人で、石田三成の盟友。視野が広く、時勢が見えるあまり、その流れに従うことこそ正しい道と考えているが、藤堂高虎や石田三成との出会いでその考えに次第に変化が生じていく。
藤堂高虎
CV:松風雅也
低い身分から何度も主君を変えてのし上がった実力者で、生き残るためには手段を選ばない切れ者。一見冷たく見えるその心の奥底には、主君への忠節や友への熱い思いが押し込められている。
島左近

CV:山田真一


大和出身の優れた軍略家で、石田三成の側近。飄々とした態度で遊び人を気取ってはいるが、その本質は真摯で細やか。時に周りが見えなくなる三成を余裕ある助言で諌めるなど、精神的支柱として支える。

加藤清正
CV:杉田智和
豊臣秀吉子飼いの将のひとり。智勇を兼ね備え、世の中に対して現実的な考え方を持つ。自らと同様に秀吉に忠義を尽くす石田三成、福島正則とは常に噛み合っているとは言えないものの、心の底では絆で結ばれていると信じている。
福島正則
CV:藤本たかひろ
豊臣秀吉子飼いの将で、猪突猛進な若武者。単純でわかりやすい性格をしており、深く考えずに飛び出しては失敗して同じく子飼いの加藤清正、石田三成に叱られることもしばしば。しかし非常に前向きなため決してめげることはない。
井伊直政

CV:小西克幸


本多忠勝と共に徳川家に仕える武将。冷静で礼儀正しいが、己の技量に自信を持つがゆえに、他者を顧みない一面も持つ。常に、徳川にとって何が最善かを考えて行動している。

上杉景勝

CV:竹内良太


越後の大名・上杉家当主。口数は極端に少なく、言葉よりも行動で意志を示す不言実行の人。家臣・直江兼続に対して厚い信頼を寄せている。

ねね

CV:山崎和佳奈


豊臣秀吉の妻。明るく世話好きな性格で、誰に対しても優しい。秀吉子飼いの三成・清正・正則のことを我が子同然に可愛がっている。天下人に成り上がろうとする夫とその家臣たちを応援するため、得意の忍術を駆使して戦場を舞う。

前田利家

豊臣秀吉の旧友にして、豊臣家を支える重鎮。情と絆を大切にする、侠気に満ちた熱血漢。その本質は素直で純粋な人柄であり、人を思いやる優しさも持つ。

伊達政宗

CV:檜山修之


陸奥の大名・伊達家の若き当主。右目を眼帯で覆った姿から「独眼竜」の異名をとる。傲岸な振る舞いの中に、奥州の覇者たるべき風格をのぞかせる。

片倉小十郎

CV:竹内良太


伊達政宗の忠臣。主君の政宗とは乳飲み子の頃からの付き合いであり、常に政宗の身を第一に考えているため、政宗が無謀な行動に出た時には容赦のない辛辣な諫言を行う。

前田慶次

CV:うえだゆうじ


一つ所に留まらず放浪を続ける豪快な傾奇者。圧倒的な武辺を誇り、些事にはこだわらず底抜けに明るい。人をからかういたずら好きだが、己が信じる道に外れることはない。

北条氏康

CV:石塚運昇


難攻不落の堅城・小田原城を守る、「相模の獅子」。自国の民や家臣を慈しみ、守り抜くことのできる度量の持ち主。合戦は好まないが、身内を脅かす存在には断固として立ち向かう。

甲斐姫

CV:鈴木真仁


北条家に仕える武芸に秀でた戦姫。勝気で男勝りな性格だが年頃の娘らしい一面も持ち合わせる。根は優しく家族思いで、大切な人たちの日常を守るために戦う。

早川殿

CV:佐藤聡美


北条氏康の娘。あどけなさの残る面立ちと親しみやすい雰囲気の中に芯の強さを秘めており、 弟たちはもちろん、広く家臣や領民からも慕われている。

風魔小太郎

CV:檜山修之


相模の北条家に仕える忍びの一党、「風魔忍軍」の長。ただ混沌を好み、破壊的な言動を繰り返しては幻術で戦場を掻き乱し、人々に不可解さと恐怖を植えつけていく。

豊臣秀吉
CV:石川英郎
庶民の出から関白にまで上りつめた大人物。「皆が笑って暮らせる世」を作るため、天下統一を志す。明るくひょうきんな人柄で、非常に頭がよく人の本質を見抜く力がある。また情に厚く、人を虜にする人間的魅力の持ち主。
豊臣秀頼

CV:小野賢章


豊臣秀吉の息子。石田三成亡き後の大坂城の象徴的存在として、家臣たちの豊臣への思いを一身に背負う。時にうつけとも見える掴みどころのない振る舞いが目立つが、その内には強く確固たる意志を秘めている。

徳川秀忠
CV:海老名翔太
徳川家康の息子。傲慢な性格で、父・家康の庇護のもと権力を振りかざし、家臣たちにも尊大な態度を取る。かつて上田城を巡る戦いで、徳川軍が真田家に敗れたことから、真田家を目の敵にしており、折に触れ真田滅亡を企てる。
本多忠勝
CV:大塚明夫
徳川軍随一の猛将で、古今無双の呼び声高い誇り高き勇士。主である家康に絶対的な忠義を尽くしている。かつて上田城にて刃を交えた真田兄弟に一目置いており、兄・信之のもとに愛娘の稲姫を嫁がせた。また、幸村を武人として認めている。
徳川家康
CV:中田譲治
天下の実力者として知られる大大名。人格者ゆえに、家臣団から慕われている。忍耐強く、着実に歩を進める思慮深い性格だが、乱世を憂い、泰平の世を築くためには時に非情な選択もいとわない。
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.