ニュース・更新情報

スター・ウォーズ 反乱者たち

これまでのお話

1  2  3 
第25話「フォースの未来」

2016年3月29日放送

帝国の通信傍受で、尋問官達が新たな任務に動き出したことを知ったアソーカ。ケイナン、エズラそしてゼブを、入手したふたつの座標のひとつに派遣し、自らはもう一つの座標に向かう。アソーカは漂流中の貨物船を発見し、惨殺された船員乗客の中で、唯一の生き残りの女性から、孫の赤ん坊が尋問官にさらわれたと聞く。一方、別の惑星に向かったエズラ達は、ウーラという女性エイリアンからも、赤ん坊をさらわれそうになったと聞く。

第24話「潜入工作」

2016年3月22日放送

反乱艦隊のパトロール艇が行方不明に。その捜索に向かったのはサトーとエズラの2人。だが、帝国の新兵器「重力の井戸/グラヴィティ・ウェル」によって、ハイパースペースから強引に引きずり出され、タイタス提督座乗のクルーザーに船ごと捕まってしまう。彼らの救出に、ヘラは、犬猿の仲のケイナンとレックスを組ませて派遣する。2人は敵クルーザーへの潜入に成功。そこで、例によって単独での脱出に成功したエズラと遭遇する。

第23話「旧友」

2016年3月15日放送

ガレルからオルデランまで、反乱軍の密使をエスコートする任務を命じられたサビーヌ。だがそこに、悪名高きギャング団、ブラック・サンに雇われた、賞金稼ぎのケツーが、秘密情報を横取りしようと現れる。ケツーはサビーヌの昔の親友で、帝国軍のアカデミーを脱走し、ふたりで組んで賞金稼ぎをしていた。その後、サビーヌはケツーの裏切りで足を洗い、反乱軍に加わったのだった。そんなケツーは、サビーヌにある取引を持ちかける。

第22話「名パイロットの翼」

2016年3月8日放送

帝国の支配下にあるアイバーでは、過酷な労働と食糧不足で住民が苦しんでいた。司令官サトーは、フェニックス中隊に輸送船の護衛を命じ、援助物資を届けようとする。しかし、カラス率いる帝国軍艦隊の封鎖線を破れず、中隊長まで戦死してしまう。封鎖戦を破る強力な戦闘機を求めて、偏屈なモン・カラマリの科学者クアリーの研究所のあるシャンティポールへ、ファントムを飛ばすヘラ。その星はパイロット泣かせの荒れた環境だった。

第21話「ジェダイと海賊」

2016年3月1日放送

毎日の訓練に嫌気が差していたエズラは、偶然耳にした遭難信号に反応し、チョッパーと2人だけでファントムで飛び出す。信号の発信主は、密売屋ヴィザーゴの持ち船ブロークン・ホーンだった。しかし中でエズラが出会ったのは、あの海賊王ホンドー。ホンドーの言い分では、ヴィザーゴからギャンブルでフネと積み荷を巻き上げ、積み荷であるジェネレーターをクライアントの元まで運ぼうという時、ハイパードライブが故障したという。

第20話「2人の尋問官」

2016年2月23日放送

レックスから得た情報を元に、不足がちな医薬品を求め、放棄された旧共和国の医療ステーションに向かうエズラ、サビーヌ、ゼブの3人。しかし無人のはずのステーションで彼らが出会ったのは、男女2人の尋問官だった。圧倒的な力の差に、あえなく捕虜となってしまうエズラとサビーヌ。2人を餌に、ケイナンとアソーカのおびき出しを図ろうとする尋問官たち。見逃されたゼブは、勝ち目がないと思いながらも必死に救出作戦を考える。

第19話「共和国の遺物」

2016年2月16日放送

ケイナンたちは惑星シーロスでレックスたちに出会えたが、レックスはもう争いにまきこまれたくない、と同行を拒む。そのため、やむなく貴重な情報だけを持って引き上げることになったが、その前にカラスが率いる帝国軍のウォーカーが現れ彼らを襲う。3台あるウォーカーのうち1台を撃破し、ケイナンたちは離脱するが、レックスたちは残ることに。クローン戦士の本能を取り戻したレックスたちは、残りのウォーカー相手に奮闘する。

第18話「消えた戦士たち」

2016年2月9日放送

艦隊旗艦を失い弱体化した反乱者同盟は、新たな部隊指揮官と軍事基地を捜すため、辺境の惑星シーロスにエズラ達を派遣することになった。シーロスに飛んだエズラ達だったが、ゴーストの故障により、ヘラとチョッパーは残り、他の4人がファントムで向かう。そこで4人は元クローン第501大隊のレックス、グレガー、ウォルフと出会う。クローン軍は皇帝の命で解散させられ、生き残りのクローン達はそれぞれの余生を過ごしていた。

第17話「ロザルに立ちこめる暗雲 パート2」

2016年2月2日放送

チュアは死に、チームはベイダーら帝国軍と対決する。辛うじて荒野に逃れるが、ロザルの厳しい封鎖網を破って脱出する手段を思いつかない。最後の手段として、ランド・カルリジアンに助けを求め、多数のトランスポンダーを一度に放出する。帝国艦隊の探知の目をごまかしてその隙にシャトルで脱出し、無事、反乱艦隊の待つ宇宙空間に引き返すが、それも反乱軍ごとまとめて壊滅しようと図ったベイダーの作戦だった。

第16話「ロザルに立ちこめる暗雲 パート1」

2016年1月26日放送

反乱軍に加わって帝国との戦いを続けるゴースト・チーム。そんな彼らにロザルのチュア大臣から助けを求める緊急信が届いた。ロザルの反乱分子を抑えられない責任を問われ、ターキン総督から処罰をされそうになったチュアは、帝国の機密情報と引き替えに、自分の身を安全な星に運んで欲しいと云う申し出だった。それを受けたチームは、変哲もないシャトルで封鎖網をかいくぐってロザルに侵入し、チュアとの待ち合わせ場所に急ぐ。

1  2  3 
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.