第1話〜第13話
第14話〜第25話

◆第1話「黒天狗覚醒」
2004年10月5日放送

時は文明開化の頃、場所は帝都東京市…江戸川子爵家に起きた怪事件、そこに現れ颯爽と事件を解決した、一ノ宮勘太郎と名乗る青年。民俗学者と妖怪バスターの二足の草鞋を履く彼は、子爵令嬢のすずと共に訪れた神社で、幼少の頃より憧れ続ける伝説の最強妖怪「鬼喰い天狗」が封じられた封印石を発見する…

◆第2話「吉原怪奇慕情」
2004年10月12日放送

封印を解かれ、勘太郎たちと行動を共にすることとなった春華。だが封印時の記憶を失い、鬼を殺せなくなった自らの異変に戸惑いを覚えていた。そこへ勘太郎の担当編集・レイコ女史が持ち込んだ幽霊事件に興味を持った勘太郎たちは、謎を解明せんと花街・吉原へ赴く。老舗遊郭『菊園』の看板花魁・小染太夫の口から語られた哀しい恋の物語、その真実とは…

◆第3話「山の童話」
2004年10月19日放送

とある村で子どもたちが次々と行方不明になる事件が発生。事件を解明するため調査に乗り出した勘太郎は、この村の山の神≠ェ事件の鍵を握っていると考え探し回る。そんな中、今度はすずが行方不明に。そこですずを探しに山に向かった勘太郎たちは、この山の神である白天狗・スギノ様と遭遇し……

◆第4話「禁断の肖像」
2004年10月26日放送

車夫をしている誠一の依頼で、彼の幼なじみの芙美に会いに行く勘太郎たち。だが、勘太郎の面会を事件の当事者である芙美は激しく拒む。なんと彼女の顔は透明に消えかかっていたのだ。その原因は、燕尾服の男に誘われて森の写真館で撮った1枚の写真。この写真が彼女の魂を吸っていたのだ。そして、レイコにも魔の手が忍びより……

◆第5話「闇に舞う者」
2004年11月2日放送

幼なじみの夢奴の相談で、両国を訪れた勘太郎たち。ここで芸者をしている夢奴の話によると、彼女は今、人形師・青柳新三郎の屋敷に出向き、毎夜彼の前で踊っているらしい。だが、屋敷には青柳と夢奴以外誰もいないはずなのに、なぜか憎しみに満ちた視線を感じるという……。勘太郎はその原因を探るため、人形屋敷、青柳邸を訪れる。

◆第6話「午後九時七分発 幽霊電車」
2004年11月9日放送

街中に夜な夜な現れるという噂の幽霊電車。勘太郎たちは調査を開始するが、春華は電車のモーター音が苦手らしく終始不機嫌。毎晩現れる時刻に手がかりを得た勘太郎と春華は、バトルの末にその謎を解き明かす。なんと幽霊電車の正体は半年前に事故を起こした車両だった。しかしその目的とは一体?一方、すずは街頭で一人の少女と出会う…

◆第7話「蠱惑の呼び声」
2004年11月16日放送

名付け親=主人、の立場をタテに、ヨーコに原稿の下書きをさせる勘太郎。あきれる春華に対して、まるで挑発するかのようなふざけた態度をとる勘太郎は険悪な雰囲気に。そこへ「行方知れずの令嬢を捜してほしい」と、ある良家からの依頼が舞い込んだが、とうとう愛想を尽かした春華は飛び去ってしまう。レイコの持ってきた資料に解決の糸口を見つけた勘太郎は一人敵のアジトへと向かうが…

◆第8話「妖狐的彼女」
2004年11月23日放送

隣のおばさんに貰った鯛焼きをしまっておいたヨーコだが、洗濯をしている間に勘太郎と春華に食べられてしまう。ショックを受けたヨーコはそのまま家を飛び出し…スギノ村や江戸川邸を渡り歩いたあげく、喫茶店で女給の仕事に挑戦!?そこで客から仕事を手伝って欲しいと言われついていくが、着いた先は胡散臭い妖怪見世物小屋。なんとヨーコは見世物として連れてこられてしまったのだ!

◆第9話「嫁島怪奇譚」
2004年11月30日放送

恩師に頼まれ、学生時代の後輩・蓮見と共に調査に向かう勘太郎たち。勘太郎とは対照的に、エリート民俗学者である蓮見は妖怪の存在を真っ向から否定する。
一行の行く先は宝が眠るといわれている嫁島-またの名を人喰い島。着いた早々入り江ではしゃぐヨーコとすず、一方島にある奇妙な石柱を調べる勘太郎と蓮見。石柱の上に鎮座する「眠り猫」の意味を考えあぐねているそのとき、海水浴を楽しんでいたヨーコとすず達に異変が…

◆第10話「風ノ言霊 前編」
2004年12月7日放送

謎の変死事件を追って湖畔の村を訪れた勘太郎。村の祭を取り仕切る朱雀院家に世話になることになったが、そこには双子の姉妹、舞と雅がいた。気の強い舞に体が弱くおとなしい雅…と、姿は似ていても性格はまるで正反対。宴の席で雅は占いを行うが、具合を悪くして途中で席を外してしまう。その夜半、恭子の部屋を訪れる勘太郎。ところがそこにいたのは…

◆第11話「風ノ言霊 後編」
2004年12月14日放送

新たな犠牲者が出た。雅は自らの余命が幾ばくもない事を知りながら、生きた証を残すため儀式を行う決意をする…。傍らに春華が付き添いながら、いよいよ儀式が始まった。一方その頃、雅を救いたい一心の舞は人の生命を司る神・泰山府君を召喚しようとしていた。身代わりとなる命を差し出すことで雅が助かると信じて…しかしそこへ駆けつけた勘太郎が見たものは!?

◆第12話「薔薇と天狗」
2004年12月21日放送

若くして貿易会社を営む女社長・櫻沢宏子の邸宅へ退魔作業にやって来た勘太郎たちだったが、次から次へ現れるチビ妖怪の対処に追われっぱなし。
そんな中、屋敷に出入りする軍人の姿を見かけ、不審に思った勘太郎は屋敷内を探索し、謎の花園に迷い込む。その頃、春華は敵の罠に陥り囚われの身となっていた…

◆第13話「樹海の悪夢」
2004年12月28日放送

樹海で訓練中の兵隊たちが突如現れた「鬼喰い天狗」に襲われ、行方不明になる事件が相次いでいるという。軍からの依頼を受けた勘太郎と春華は、その謎を解くべく富士の樹海に赴く。樹海の奥で発見されたのはなんと巨大軍艦「畝傍(うねび)」の朽ち果てた姿だった。さらに調査隊を率いる渡辺という男に会うが、彼の言動もどこかおかしい。そして夜、闇に乗じて妖たちが動き出す…

第1話〜第13話
第14話〜第25話

(C)2004 木下さくら・東山和子・マッグガーデン/tactics製作委員会