ニュース・更新情報

これまでのお話

次の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
第130話 神を喚(よ)ぶ三騎士

2017.08.19 onair

準決勝第2戦、遊戯vs海馬のデュエル。神のカードを持つ者同士の闘いは、どちらが先に神のカードを召喚するかを読みあい、牽制し合う緊迫した展開となっていた。

第129話 天空闘戯場(コロシアム) 遊戯vs海馬

2017.08.12 onair

準決勝第2戦、遊戯vs海馬のデュエルが始まる。遊戯との闘いの舞台として海馬は、ソリッド・ビジョンによる「天空コロシアム」を用意。観客で埋め尽くされた古代ローマのコロシアムが現われる。そして始まった遊戯と海馬、2人のデュエルは全くの互角。そこで海馬は「マジックサンクチュアリ」を発動し、お互いにデッキから魔法カードを1枚手札に加え、さらに相手のターンでも魔法カードを使用できるようにして…。

第128話 城之内死す

2017.08.05 onair

大詰めを迎えたマリクと城之内、闇のゲームによる準決勝。マリクは神のカード「ラーの翼神竜」の能力により城之内と彼のモンスター「ギルフォード・ザ・ライトニング」を炎で攻撃する。炎に焼かれた城之内は、意識を失いかけながらも強い精神力でデュエルを続け、ギアフリードを召喚!このギアフリードの攻撃でマリクを倒すことができるが…。

第127話 逆転!稲妻の戦士(ギルフォード・ザ・ライトニング)

2017.07.29 onair

マリクと城之内、闇のゲームによる準決勝。マリクが召喚したラヴァ・ゴーレムにより鉄の檻に閉じ込められた城之内は毎ターン1000ポイント削られる上、ラヴァ・ゴーレムの灼熱とプラズマイールの電撃を体感させられる。窮地に立たされた城之内が運命を懸けて引いたカードは8つ星の上級モンスター「稲妻の戦士(ギルフォード・ザ・ライトニング)」。このモンスターを召還するためには3体の生け贄が必要となるが…。

第126話 地獄の詩人ヘルポエマー

2017.07.22 onair

城之内vsマリクの準決勝は、モンスターに与えられたダメージをデュエリストがそのまま体感するというルールで、負ければ意識を消されてしまう闇のゲーム。勝って孔雀舞を救いたい城之内だが、マリクが召喚したへルポエマーによってターンごとに手札からカードが奪われてしまう。

第125話 闇の準決勝 城之内vsマリク

2017.07.15 onair

バトルシティ準決勝第1戦は城之内vsマリクに決まり、いよいよデュエルタワー頂上での闘いが始まる。このゲームはモンスターへのダメージをデュエリストがそのまま体感するという、負ければ意識を消されてしまう闇のゲームだった!城之内はこの恐怖のゲームを、マリクに意識を奪われた舞を救うため果敢に戦おうとしていた。

第124話 それぞれの対戦者

2017.07.08 onair

バトルシティ準決勝の対戦相手を決めるバトルロイヤル。マリクを倒し、早く舞を救いたい城之内は攻撃対象をマリクに絞るが、海馬に攻撃され不利な状況に陥る。そして遊戯のターン。城之内と準決勝で対戦を望む遊戯は、劣勢の城之内を狙わず、海馬かマリクを先に倒す事を考えていた。マリクに攻撃を宣言しようとしたその瞬間、城之内が遊戯に声をかける…。

第123話 バトルロイヤル!

2017.07.01 onair

バトルシティ準決勝の対戦相手を決める、遊戯、城之内、海馬瀬人、マリクのバトルロイヤル。準決勝での対戦相手を巡り、それぞれの思惑が渦巻く中、遊戯は親友・城之内と準決勝で対戦することを願い、海馬の攻撃から城之内をカバーする。一方、マリクは準決勝で遊戯と戦うため、他の2人を消すべく、わざと自分より攻撃力の高い海馬のモンスターを攻撃、自分の受けたダメージを「痛恨の呪術」のカードで城之内に移し替える。

第122話 決戦の地アルカトラズ

2017.06.24 onair

バトルシップは、ついにトーナメント決勝戦の舞台、アルカトラズへ到着する。準決勝に残っているのは、遊戯、海馬、城之内、マリクの4名。その組合せは、デュエルで決められる。ルールは同時に4人が戦い、先に負けた2人がトーナメント準決勝第1戦を戦うというバトルロイヤル方式。4人はそれぞれの思いを胸に攻撃対象を絞り、デュエルをスタートする。

第121話 脱出!!

2017.06.17 onair

ミサイルは刻一刻と要塞に向かっている。乃亜は、杏子たちから順にバーチャル世界から現実世界へ脱出させる。海馬は剛三郎とのデュエルに勝ち、遊戯と共に間一髪で脱出する。乃亜は自らバーチャル世界へ帰り、剛三郎と共に消える。

次の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.