アスリート達の涙Ⅲ ~聖夜に泣ける24の物語~  Tears of Athletes 司会:大竹佐知(テレビ東京アナウンサー) スペシャルゲスト:北島康介

12月24日(水)夜9:54~11:18 2008年のスポーツシーンで、アスリートたちが流した涙 その涙の裏に隠されたドラマとは…

2008年― 今年のスポーツシーンを彩った様々な出来事をピックアップ。 プロ野球、サッカー、ゴルフ…そしてもちろん今年のスポーツ界最大のイベントと言えば、北京五輪。 それらの感動シーン、アスリート達が涙したシーンに隠された真実…また、数多くの記憶を我々に残すアスリート達の引退にまつわる物語。 涙・感動にまつわる秘話を実際の競技映像、再現映像などを交え浮き彫りにします。

~聖夜に泣ける24の物語~ アスリート達の涙Ⅲ
12月24日(水)夜9:54~11:18 2008年のスポーツシーンで、アスリートたちが流した涙 その涙の裏に隠されたドラマとは…
北島康介 王者の真実 ~I AM THE SWIMMER~

北島康介 王者の真実 ~I AM THE SWIMMER~

2000年シドニー五輪100m平泳ぎ4位、2004年アテネにて100mと200m平泳ぎ金メダル。 2008年北京誰からも当然のように金メダルを期待された男は100m平泳ぎで世界新で金メダルを獲得し涙を流した…。 結果100mと200m平泳ぎ 2大会連続の2冠達成の偉業を達成した北島選手の、その涙の裏に隠された物語とは? 北島康介選手のその闘いの軌跡と思いに迫る。

上野の413球 女子ソフトボール日本代表に宿る魂

上野の413球 女子ソフトボール日本代表に宿る魂

ルネサス高崎 総監督宇津木妙子。1997年日本代表監督就任、2000年シドニー五輪で銀メダル、2004年アテネ五輪で銅メダル獲得。 この大会で代表監督は勇退したものの、その情熱と魂は今年北京で感動的な金メダルを獲得した現・日本代表チームの根底に流れ続けている。 ソフトボールをメジャーにしたい、そんな彼女の夢を託された、エース上野由岐子が見せた北京での熱投… 「宇津木イズム」に迫る。

埼玉 西武ライオンズ 球史に残る激戦を制し日本一へ!!

埼玉 西武ライオンズ 球史に残る激戦を制し日本一へ!!

2008年11月9日、第7戦までもつれ込んだ激闘を制し 4年ぶりの日本一の座を手に入れた埼玉西武ライオンズ。 圧倒的な戦力を誇る巨人に追い詰められながらも下馬評を覆して勝利した西武。 チームを率いたのは就任1年目渡辺久信監督、Bクラスに沈んでいたチームを再生させた渡辺監督の信念とは? チーム一丸となって勝利を掴んだ指揮官の信念の源には、父と子の知られざる物語があった。

石川遼 急がば回るな…ルーキーの涙

石川遼 急がば回るな…ルーキーの涙

「今日からプロゴルファーの石川遼です」 2008年1月10日、その宣言と共に誕生した史上最年少プロゴルファー石川遼。 開幕戦からいきなり優勝争いを演じた石川、順風満帆なルーキーイヤーが待ち受けているかと思われたのだが… その後続いた不調の日々、そして低迷からの脱出、プロとしてツアー初優勝を成し遂げた時にこぼれた涙。 「攻めのゴルフ」を掲げ、日々成長を続ける石川遼の想いに迫る。

陸上 朝原宣治 メダルへの想い

陸上 朝原宣治 メダルへの想い

1996年朝原宣治初の五輪出場となったアトランタ、2000年シドニー、2004年アテネを経て、 2007年の引退の気持ちを振り切って挑んだ4度目のオリンピック 北京。 ついに輝かしいメダルに辿り着いた朝原宣治の想い。そしてそれを支えた家族の想い… 全ての想いが華々しく昇華した今年の夏…男は夏の終わりと共にスパイクを脱いだ。 アスリート朝原宣治のオリンピックへの想いを描く。

その他にも 歩み始めた第二の人生 清原和博、桑田真澄、野茂英雄、高橋尚子、名波浩、井上康生

その他にも 歩み始めた第二の人生

清原和博、桑田真澄、野茂英雄、高橋尚子、名波浩、井上康生   現役生活に別れを告げたアスリート達の去り際の美学

テレビ東京
テレビ東京 スポーツTOPへ