名曲ベストヒット歌謡

【司会】竹下景子、モト冬樹【ゲストコメンテーター】峰竜太

岸田敏志
北原ミレイ
松鶴家千とせ
T.AKIRA
(元フィンガー5)

渚ゆう子

長谷川きよし
丸山圭子
宮路オサム
山本リンダ
渡辺真知子

 昭和の音楽界に新風を吹き込んだ実力派たちのベストアルバムがヒット、また若手歌手たちが続々とカヴァーアルバムを発表するなど、「昭和歌謡」のブームは今、団塊の世代を中心とした「フォーク・ソング」や「ロック」にまで幅を広げています。1970年代に青春時代をおくった人たちにヒット曲や名曲を中心にお送りする大人の為の大人の音楽番組です。
 当時のヒットチャートを基に、「演歌・歌謡曲」と「フォーク・ロック」の2つのジャンルに分けて、リクエストと街頭アンケートを実施。「1970年代10年間(昭和45年~昭和54年)の各年ベスト3」を決定し、発表します。
新たなシーズンの幕開けに向けた大人のための音楽番組が、多くの支持を受けるのは間違いないでしょう。

 番組の主軸は、「1970年代」(昭和45年~昭和54年)の10年間を、「演歌・歌謡曲」「フォーク・ロック」に分け、各年ごとのそれぞれのジャンルのベスト3を発表。各年・2ジャンルで3曲づつ合計60曲の名曲を、ゲスト歌手たちのスタジオ・ライブと秘蔵VTR等で紹介します。ゲスト歌手は、各年1組~2組、番組全体で10組~12組を予定しています。スタジオでは、ランキング及び曲目の発表と平行して、ゲスト歌手たちと司会、コメンテイターによるトークをはさみつつ進行します。
 特集コーナーとして、ベスト3には入りきれない名曲・大ヒット曲を紹介していきます。今回の特集企画は、「異色歌手・特集」と「ドラマ主題歌・特集」。
 スポーツ界、将棋や演芸の世界など、異業種から歌謡界に参入して放った大ヒット曲及びテレビの人気ドラマの主題歌や挿入歌、いわゆるテレビから生まれたヒット曲の特集です。