新幹線をつくった男たち

昭和30年、国鉄は労使問題、相次ぐ列車事故により総裁が辞任に追い込まれる事態を繰り返していた。そんな中、第4代国鉄総裁の白羽の矢が立ったのが明治生まれの元国鉄マン・71歳の十河信二。十河が日本の未来のために必要だと考えたもの、それが世界一速い夢の超特急・新幹線だった。十河は日本国民が敗戦で失った自信と誇りを取り戻すような仕事がしたいと考えていた。
十河の夢を叶えるのに、必要な男がいた。D51、C62を始め戦前から蒸気機関車の傑作を次々と設計していた天才技術者・島秀雄である。島は戦前、東京― 下関間に時速200キロの超特急列車を走らせるという壮大な計画「弾丸列車計画」の設計を担当していた。しかし計画は戦争の激化により頓挫。島はその後国鉄の「技師長」となるが、4年前に国鉄の事故の責任を取り、「技師長」の職を自ら辞していた。「弾丸列車は君の夢だったはずだ」という十河の説得にも、「私はもうすぐ55歳です。夢を追うには遅すぎます」と断る島。その時、十河は「何を言うか!ハタチでも夢のない奴はオイボレだ。百歳でも夢を追う奴は若者なんだ!」と一喝する。島は国鉄に副総裁として復帰することを決意する。

新幹線をつくった男たち
【価格】3,800円+税

ページ先頭へ