姿三四郎

明治20年、東京。さまざまな柔術が乱立していたこの時代に、柔術家・矢島正五郎は、柔術界を新しい目的(「柔道」)で統一するために紘道館を設立する。その門下生として頭角を現していたのが、若き天才柔道家姿三四郎だった。師から「柔道とはただの武術ではない、人の道だ」と諭されるものの、悶々とした日々を送っていた三四郎。しかし、運命の女性との出会いとともに、彼の波瀾万丈の人生がおもむろに幕を開けることになる・・・。

ページ先頭へ