ストーリー

第5話

2008.10.3放送

安藤(森下哲夫)の求める料理を再現することができずに落ち込むカフェ吉祥寺のメンバーたち。秀太(真山明大)は真希(水谷百輔)と相変わらずの大喧嘩に…。 一方、ひふみ(高木万平)はパティシエのプライドが傷ついたと悲しみのどん底にいた。 そこで気分転換と視察をかねてメンバー達は他の人気カフェを訪れる。 そこでメンバー達が気付いたこととは…?

第4話

2008.10.2放送

どうにか店は繁盛してきたものの、ミーナ(中山エミリ)は店の雰囲気がギスギスしていることに悩み始めていた。そんな時、安藤(森下哲夫)という老人が訪れ、謝礼はいくらでも払うのである料理を再現してほしいと申し出る。報酬を期待してやる気を出すカフェ吉祥寺のメンバーたち。そこで再現した料理とは…?

第3話

2008.10.1放送

一ノ宮純(池田純)を警察へ迎えに行ったミーナ(中山エミリ)は、「人を幸せにする仕事がしたい」という純の夢に共感し彼をカフェ吉祥寺の一員として迎えることに。
一方、無料ランチは成功したにもかかわらず、なぜか店は相変わらずの閑散とした状態…。
そんなある日、見習いとして働き始めた純のもとへシゲル(西山宗佑)がやって来る…。

第2話

2008.9.30放送

従業員も決まり、遂に開店した“カフェ吉祥寺”。しかし、一向にお客さんがくる気配はない 。
このままではまずいと、チラシ配りに出たものの、秀太(真山明大)と真希(水谷百輔)は大喧嘩、ひふみ(高木万平)は宗教の勧誘と間違われてしまう。
そこで朝子(西慶子)がメディアで宣伝してもらおうとケーブルテレビの取材の話をもってきてくれるのだが、取材の日に思わぬトラブルが発生して…。

第1話

2008.9.29放送

シェフ修行のためフランスへ旅立った婚約者、城田涼(加藤和樹)の帰りを待つ森谷ミーナ(中山エミリ)は、父から譲り受けた古い洋館を改装し、カフェをオープンすることを 決意。友人の朝子(西慶子)と共に“イケメン従業員”募集と銘打ってイケメン達を大募集する。
しかし、集まったのは癖のあるイケメンばかりで、中には他の応募者達から疫病神とよばれている4人組もいる始末…。
するとミーナはイケメン達をテストすると言い出し…。