現在の時刻

番組表

バックナンバー

2011年4月28日 放送
【写真】大﨑 洋 未放送の内容も観れる特別版動画配信はこちら 村上龍の編集後記 ショートエッセイはこちら

芸人800人がテレビ席巻!笑いの王者・吉本興業
年収10億円芸人生む革命児 独占登場

吉本興業
社長
大﨑 洋(おおさき・ひろし)氏
RYU'S EYE » 座右の銘 »

社長の金言

金言1
“場”が人材を活かす

創業99年、エンターテイメントビジネスに君臨する吉本興業。
数々の売れっ子芸人をテレビに供給し、それを支えるコンテンツ作りまで手がける、まさに"笑いの王者"。そのパワーの源とは?
関西が地盤に過ぎなかった吉本興業を、それまでにない戦略で全国区企業に育て上げ、さらに今そのビジネスを世界に拡大しようと言う大﨑社長をゲストに、「次の時代のお笑いビジネスとは?」吉本興業独自の経営戦略を伺う。あなたの知らない、ヨシモト!

所属タレント約800人!業界最大のお笑い事務所

テレビ欄を占拠する吉本のタレントは約800人。今や吉本無くしてテレビは作れない。全国に多くの劇場と若手芸人育成学校を持ち、さらに一日で2万人を集めるお笑いライブイベントや沖縄での国際映画祭まで開催している。小さな寄席小屋からいかにしてここまで大きなお笑い事務所になっていったのか?専属契約書が無いといわれる、吉本芸人の年収はなんと1万円~10億円まで。独自のシステムで進化を遂げる吉本の強さに迫る。

ダウンタウンとの出会いが吉本を変えた

巨大芸能事務所になった今、吉本所属の若手芸人で大﨑社長の顔を知らない者も少なくない。そんな大﨑が吉本の中で、新たな仕組みづくりに奔走を始めたのは、明石家さんま、島田紳助、ダウンタウンなど、まだ大ブレイクする前の芸人たちとの出会いにあった。今、大御所となった彼らが語る、大﨑とは?
若手が活躍できるよう、大﨑が作った、あらたなシステムとは?

ゲストプロフィール

大﨑 洋

1953年:大阪府生まれ(57歳)
1978年:関西大学卒業後、吉本興業株式会社に入社
1980年:吉本興業東京支社に異動
1982年:東京支社から大阪の吉本総合芸能学院(NSC)の担当社員へ異動
2000年:メディアコンテンツ製作・配信をしている、
株式会社よしもとファンダンゴの取締役に就任
2006年:吉本興業取締役副社長に就任
2009年:吉本興業代表取締役社長に就任

企業プロフィール

吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう)
大阪府大阪市中央区と東京都新宿区に本社を置く、芸能人のマネジメント、テレビ・ラジオ番組制作、演芸の興行等を行うグループ。
創業 1912年4月1日
代表取締役会長 吉野 伊佐男
代表取締役社長 大﨑 洋
資本金125億450万円
社員数644名 所属タレント数約800名

村上龍の編集後記

かつて日本人は日常的に笑う民族ではなかった。今は、世相のせいか、多くの人が笑いたがっている気がする。吉本興業は、お笑いが産業化した日本で、独占的な地位を占めている。そのトップである大﨑さんは、過去の成功体験を否定する勇気を持つ、クールな経営者だった。大声で笑うと、免疫が活性化するらしい。大﨑さんと吉本興業は、日本人の免疫機能を日々活性化させている。

笑いの効能、ほぼ独占! 村上龍
カンブリア宮殿 社長の金言2015カレンダー Twitter カンブリア宮殿公式アカウント @cambrian_palace
PICK UP NEWS