バックナンバー

2012年11月1日 放送
【写真】大島 芳彦 氏、石井 健 氏 村上龍の編集後記 ショートエッセイはこちら

築40年の木造長屋が大人気住宅に!
“家賃を倍”にする不動産再生集団!

ブルースタジオ
専務取締役
大島 芳彦(おおしま・よしひこ)氏 ブルースタジオ
執行役員
石井 健(いしい・たけし)氏
RYU'S EYE »
放送を見逃した方はこちらから

社長の金言

金言1
住宅は「物件」ではない 「物語」の舞台だ

年々、賃貸物件の空室が増え続け、新築マンションでさえ空室が目立つ時代、建築設計やグラフィックデザインを手がける「ブルースタジオ」が設計した賃貸住宅は常に満室の人気物件ばかり!
彼らが手がけるのは新築ではなく、築30年40年の古い物件のリノベーション。リノベーションとは、建物を大幅に改修し、新たな付加価値を与えるリフォーム手法の事。
古い建物を新築に建て直すのは時代遅れ!“古さを生かして家賃を倍に”これこそブルースタジオ流不動産再生術だ!!

古い物件が大変身!家賃を倍にする不動産ベンチャー

1998年に創業したブルースタジオ。
中心メンバーは武蔵野美術大学の同級生3人。社員数は20名で平均年齢30代という若い会社。彼らが行うのは古い住宅に新たな付加価値を与え再生させるリノベーションという手法。
築39年の木造アパートを古民家風に改築し、4万円だった家賃を10万円に上げても全室即日契約となれば、築40年以上の木造長屋が6棟ならぶ集合住宅を、昭和レトロな雰囲気を残して再生し、新築マンション同等の家賃でも常に満室稼働にさせた。ブルースタジオのリノベーションは決して新しく蘇らせる訳ではない。古い物件を耐震補強などを施しながらも“その古さを残して価値に変える”リノベーションを行うのだ。
さらに賃貸住宅だけでなく個人向け中古物件のリノベーションも実績200件以上、築47年のオフィスビルの再生までも行う。
ブルースタジオはあらゆる中古不動産に新たな価値を吹き込み、人気物件に再生させるリノベーション専門集団なのだ。

人気の秘密は“つながり付き”住宅

ブルースタジオのリノベーションには重要なある要素がある。
下北沢の築40年、風呂なし、共同トイレの木造アパートをシェアハウスの原型ともいえる下宿宿風にリノベーション。“人とのつながり”を求めている20~30代の若者を中心に人気となった。
この“人とのつながり”こそが、ブルースタジオが重要視する要素。近隣関係が希薄になっている現代東京において“人とのつながり”戦略が人気を呼んでいるのだ。
“人とのつながり”が物件の付加価値になると考える原点は、大島の学生時代の経験。村上龍も学生時代に暮らしていた“米軍ハウス”で同級生と共同生活を行っていたのだ。『古くてボロでも人とのつながりは楽しい』という思いが、住宅再生の原点にあるという。
現在、“つながりの付加価値”は大きく広がりを見せている。
東京日野市の団地再生だ。築50年で廃墟となっていた団地をブルースタジオなど複数事業主が共同で再開発。「若者向けシェアハウス」「家族向け菜園つき住宅」「高齢者専用住宅」と多世代がつながり合える、今までにない団地を作り上げ大人気に。現代のお荷物と化していた団地が人に喜ばれる住居に生まれ変わった。

ライフスタイルを形に!顧客目線の住宅作り

ブルースタジオは賃貸住宅の再生だけでなく個人宅のリノベーションも12年間で200件以上行ってきた。
大きな特徴は“客のライフスタイルの追求”だ。そのため、ブルースタジオが重視するのが、設計前に行う客へのカウンセリング。生活の価値観を細かくヒアリングし、物件づくりに生かすのだ。
さらにブルースタジオは一気通貫のサービスにこだわる。通常、中古物件は不動産屋で買って、リノベーションは建築会社にお願いするのが普通の流れ。しかしブルースタジオは、物件探しから設計、施工までをワンストップで頼める。「物件購入後にリノベーションができない!」といった失敗を未然に防げるだけでなく、自分のライフスタイルに最適な住居を手に入れる事ができる。
顧客目線で最初から最後まで寄り添い、理想の住宅づくりを実現する。
これこそブルースタジオの中古住宅リノベーションだ。

ゲストプロフィール

大島 芳彦(おおしま・よしひこ)

1970年 東京生まれ
1993年 武蔵野美術大学卒業後、留学、設計事務所勤務を経て、2000年よりブルースタジオ参画し、中古物件のリノベーション(建物を大幅に改修し、新たな付加価値を与えるリフォーム手法)事業を開始。
現在までに1000 戸以上を手がける。

ゲストプロフィール

石井 健(いしい・たけし)

1970年 福岡生まれ
1993年 武蔵野美術大学卒業。大島と大学時代の同級生。
2001年よりブルースタジオ参画。
主に個人住宅のリノベーションを担当し、現在までに200軒以上の実績を誇る。

企業プロフィール

株式会社ブルースタジオ
所在地:東京都中野区東中野1-55-4 大島ビル第2別館
設立:1998年
社長:大地山博
社員数:20名

村上龍の編集後記

大規模な「再開発」が報じられ、完成した複合施設が紹介されるたびに、わたしは違和感を持った。スクラップ&ビルドはもう時代遅れだと感じたのだが、ブルースタジオのお二人と話していて、理由がはっきりした。わたしたちはいまだに、あらゆるものが不足していた時代の呪縛から解放されていない。ブルースタジオの、「住宅の編集」という考え方は新鮮だった。あらゆるものが、足りないのではなく、あふれているのだ。すでにある資源をどう組み合わせ、どう活用するか。「編集」という発想は、住宅・建築だけではなく、経済・社会・文化など、あらゆる領域に、有効であると思う。

「編集の時代」 村上龍
放送を見逃した方はこちらから

Twitter カンブリア宮殿公式アカウント @cambrian_palace
PICK UP NEWS