バックナンバー

2013年8月8日 放送
【写真】佐藤 可士和 氏 村上龍の編集後記 ショートエッセイはこちら

日本企業の力を引き出せ!ヒット連発!“可士和マジック”の神髄

サムライ 代表 アートディレクター 佐藤 可士和(さとう・かしわ) 氏
RYU'S EYE » 座右の銘 »
放送を見逃した方はこちらから

社長の金言

金言1
伝わっていない前提で仕事をする

ユニクロ、楽天、セブン&アイ、ツタヤなどなど日本を代表する勝ち組企業の戦略を「デザイン」という視点で支え、関わるプロジェクトでことごとく大成功を収めてきたアートディレクター・佐藤可士和。彼は依頼のあった企業や商品を徹底的に分析、その潜在力を引き出し、目に見える形で消費者に届ける。またその仕事は単なるデザインを超え、企業の本質に迫ったブランディングが特徴だ。
佐藤と従来のデザイン系のクリエイターと佐藤の大きな違いは、大企業の経営者から直に依頼を受けている点にある。ユニクロの柳井氏、セブン&アイの鈴木敏文氏、楽天の三木谷氏…彼らは佐藤の手腕に惚れ込み仕事を依頼。宣伝など一部門からの依頼では考えられないほどの権限を与えられ、デザインの力を大きく発揮させる。
“企業の医者”を自認する佐藤可士和の仕事を通して、今日本企業がどんな問題に直面し、どんな挑戦をしているのか?そのために何故「デザイン」が重要なのか?これからの時代を生き抜く日本企業の可能性を探る。

経営者も熱狂!ヒット連発“可士和マジック”

世界展開を進め、売り上げ1兆円が視野に入ったユニクロ。プライベートブランド・セブンプレミアムで好調なセブン-イレブン。ホンダの軽自動車をトップに押し上げたNシリーズ・・・今をときめくヒット商品のクリエイティブディレクターを務めているのが佐藤可士和だ。今までのデザイン系のクリエイターと佐藤の大きな違いは、大企業の経営者から直に依頼を受けている点。ユニクロの柳井氏、セブン&アイの鈴木敏文氏、楽天の三木谷氏・・・佐藤がトップから指名を受け続ける理由とは何か?なぜ佐藤のデザインは企業業績にこれほど寄与できるのか?

最新ビッグプロジェクトに密着!

現在、佐藤可士和が手がけるビッグプロジェクトが、「ヤンマープレミアムブランドプロジェクト」。ヤンマーは、高い技術力でトラクターや船舶エンジンなどを世界中に販売してきた創業100年の企業だ。ヤンマーからの依頼を受けた佐藤は、ヤンボーマーボーで親しまれるヤンマーの企業イメージを「圧倒的な技術力で世界に支持されている」というプレミアムなブランドイメージへと転換を目指し、様々な取り組みを進めている。番組ではその裏側に密着し、佐藤がいかに企業の本質的価値を掘り起こし、デザインの力でその魅力を消費者に伝えていくのか、その手法を見ていく。

ゲストプロフィール

佐藤 可士和(さとう・かしわ)

アートディレクター
1965年:東京都生まれ
1989年:多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
博報堂入社
2000年:博報堂を退社し、株式会社サムライ設立
受賞:毎日デザイン賞、東京ADCグランプリ、東京ADC賞、亀倉雄策賞、朝日広告賞、東京TDC金賞、JAGDA2000新人賞、ACC金賞、日本パッケージ大賞金賞、日経広告賞、他多数

企業プロフィール

株式会社サムライ

設立:2000年
本社:東京都渋谷区東

村上龍の編集後記

佐藤可士和の仕事は、これまでの「宣伝」と、概念が違う。企業・商品の価値の本質を見出し、正確に伝える、「現代の伝道師」とも言えるものだ。おそらく彼は、リスペクトできない企業や商品の依頼は引き受けない。対象が持つ資源を再発見し、再構築して、世に知らせる。
本来すべてのコミュニケーションが、そういったものであるべきだと思う。親と子、生徒と教師、上司と部下、経営者と社員、そして国民と政治家など、ちゃんと相手の話を聞き、正確に把握し、自らの意見や考えを相手に伝わる形で、伝わるまで、伝え続ける、そんな一見当然だと思えることが実現できたら、日本は、今すぐにでも、閉塞から抜け出せる。

現代の伝道師 村上龍
放送を見逃した方はこちらから

Twitter カンブリア宮殿公式アカウント @cambrian_palace
PICK UP NEWS