よく耳にする"コラーゲン"って一体なに?

矢澤一良先生

解説:矢澤一良先生
東京海洋大学 特任教授
体をつくる物質と健康のかかわりについて、40年あまり研究。

  • わたしたちの持っているタンパク質の3分の1はコラーゲン。
    皮膚、関節、骨、内臓に含まれており、体を保つ大切な働きをしている。

  • 年をとるにつれてコラーゲンの量が減っていくため、肌のシワやシミ、血管が浮き出たり、真皮の弾力性が失われてしまう。

  • 吸収力や浸透度を高めるため、より低分子化されたコラーゲンを配合した食品や飲み物、化粧品が増加している。

進化を遂げた"超低分子コラーゲン"は浸透力が違う?

岩藤英司先生

解説:岩藤英司先生
東京学芸大学付属高等学校 教諭
面白くてわかりやすい実験で、科学の奥深さを伝える。

  • 超低分子コラーゲンは、通常のコラーゲンと比べてどのくらい違うか、実験してみましょう。

  • ゼラチン、5000分子、1000分子のコラーゲンを和紙と豚の皮に垂らし、それぞれの浸透力を試してみた。

  • 番組の実験では、分子量が小さいほど、浸透力が高まることがわかった。

まとめ:より低分子化するコラーゲンに期待!