BLEACH

第142話 「厳命!井上織姫ノ救出ヲ禁ズ」

2007年9月26日放送

グリムジョーの攻撃で重傷を負ったはずの一護が目覚めると、何故か傷がきれいに直っていた。霊圧のなごりから織姫が部屋に来たことを感じる一護。そこに日番谷が一護を呼びに来る。日番谷と一緒に織姫の部屋に向かった一護は、集結していたルキアたちの様子がおかしいことに気付く。そこに尸魂界(ソウル・ソサエティ)からの通信が入り、モニターに登場した浮竹から恐るべき事実が語られる。「井上織姫は破面側に拉致、もしくはすでに殺害されたものと思われる」衝撃をうける一護。


第141話 「さようなら…、黒崎くん」

2007年9月19日放送

かろうじてグリムジョーたちを撃退した一護たちだったが、戦いの影では藍染の命を受けたウルキオラが織姫をウェコムンドへ拉致すべく動いていた。一護たちの安全と引き換えにウェコムンド行きを承諾した織姫は、12時間の猶予と一人だけに別れを告げることを許可される。覚悟を決めた織姫は一人の心に決めた人物に別れを告げるために部屋を出て行く。一方、日番谷たちは、浦原商店に身を寄せて破面から受けた傷を治療していた。


第140話 「策謀のウルキオラ、太陽が沈む時」

2007年9月12日放送

空座町に現れた破面と日番谷先遣隊の戦いは続く。助っ人に現れた浦原は、ワンダーワイスの攻撃をかわした隙をつかれてヤミーの虚弾(バラ)の連続攻撃を受けてしまう。一方、乱菊、一角、弓親は斬魄刀を開放したエスパーダNo6・ルピの触手の攻撃にそれぞれ苦戦していた。その頃、後一歩のところまでグリムジョーを追い詰めた一護は、止めをさそうとした瞬間にホロウ化保持時間が過ぎてしまう。息を吹き返したグリムジョーの反撃を受けて大きなダメージを受けてしまう一護。


第139話 「一護VSグリムジョー、11秒の戦い!」

2007年9月5日放送

現世に突如現れた破面たち。ヤミー、ルピ、グリムジョー、ワンダーワイスを迎え撃つのは日番谷先遣隊と一護。グリムジョーと対峙した一護は一気に卍解からホロウ化し、黒い月牙天衝を放つ。
一方、日番谷たち4人を一人で相手にする新しい十刃(エスパーダ)No6のルピは、斬魄刀を開放して8本の触手の圧倒的な力で日番谷を撃ち落してしまう。驚愕する乱菊たち。更にその触手が乱菊、一角、弓親の三人を一気に捕らえてしまう。追い詰めらた一角たち。その時…。


第138話 「ウェコムンド再動!日番谷VSヤミー」

2007年8月29日放送

破面との決戦まで残り数ヶ月。ヴァイザードの平子たちとの特訓を続けている一護だったが、中々ホロウ化保持時間が延びない。これまででやっと10秒の壁を越えた一護に対して、残された時間の少なさを感じる平子。一方尸魂界(ソウル・ソサエティ)では、ルキアと織姫もまた過酷な特訓に挑んでいた。そんな二人を楽しげに見つめる浮竹は、複雑な家庭環境にあるルキアにやっと出来た友達の存在をうれしく思っていた。しかしその頃、ウェコムンドでは藍染が十刃(エスパーダ)を召集して不穏な動きを見せていた。


第137話 「悪意の戦い、藍染の罠」

2007年8月22日放送

浦原商店でパトラスと戦う恋次。その居合いの剣に圧倒されていた恋次だったが、周囲への被害を抑えるために卍解してパトラスを地下の特訓場へ引きずり込むことに成功する。一方、日番谷たちはメニス、アルデゴルの猛攻に苦戦して恋次への救援に来ることが出来ない。卍解した恋次は、なんとかパトラスと互角に渡り合っていた。恋次のしぶとさに業を煮やしたパトラスはついに斬魄刀を開放する。狒々王蛇尾丸とパトラスの斬魄刀・ヘリファルテが激突し、大爆発が起きる。


第136話 「ウェコムンドの内乱!ウルキオラの死」

2007年8月8日放送

虚(ホロウ)の世界・ウェコムンドにある藍染の宮殿・ラスノーチェスに不穏な空気が漂う。破面(アランカル)の一人・パトラスが藍染に反逆し、崩玉を盗み出そうとしていたのだった。パトラスの企みに気付いたウルキオラだったが、パトラスと共に反乱を起こしたメニスとアルデゴルの二人の破面に不意をつかれて倒されてしまう。崩玉を手に入れたパトラスたちは現世へと向かう。目的地は浦原商店。崩玉を作り出した浦原喜助だった。


第135話 「はかられたコン!乱菊は見ていた…」

2007年7月25日放送

ルキアも織姫もいない為に退屈していたコンは、乱菊の元を訪れる。いつもの調子でスカートの中をのぞいてぶっ飛ばされるコン。それでもヒマをもてあましていた乱菊は、コンを連れて出かけることに。川沿いの道を歩いていた二人は、川に落ちたぬいぐるみを拾おうとする少女が橋から転落するところに出くわす。おぼれる少女・みゆきを助ける為、乱菊はコンの義魂丸本体をぬいぐるみから取り出し、みゆきが落としたぬいぐるみ目掛けておもいっきり投げつける。


第134話 「美しきパティシエ、弓親!」

2007年7月18日放送

元柳斎は、マユリに日番谷先遣隊の霊力の限定解除の簡略化の手続きとアランカルの早期発見の対策を命じる。その為には現世での実地調査が必要であり、技術開発局から壺府リンが案内役の花太郎と共に現世に派遣されることになった。現世に着いた二人は、早速浦原商店を訪れる。待っていたのは面倒な仕事を押し付けられた弓親だった。初めて現世に来てはしゃぐリンと抜けている花太郎を引き連れて調査に向かう弓親。三人は町のケーキ屋の前で一人の魂魄と出会う。


第133話 「一角、熱血剣道物語」

2007年7月11日放送

空座一高の剣道部が闇討ちを受け、主将以下主要メンバーが怪我をしてしまう。怪我をした部員たちは落ち込み、来月に迫った地区大会参加を辞退するしかないと言い出す。しかし生徒会長である圭吾の姉・みづほは、逆に大会前に地区の強豪校と練習試合を組んではずみをつけようと提案する。だが、レギュラーメンバーは全員負傷して残るは一年生部員しかいない。みずほは、一角に残った部員たちを鍛えて欲しいと頼む。何故か一角はその依頼を快く引き受ける。その日から一角による地獄の特訓が始まった。


第132話 「日番谷と夏梨とサッカーボール」

2007年7月4日放送

一護の心配をしながら歩いていた夏梨は、うっかり持っていたサッカーボールを車道に向けて転がしてしまう。道路に転がり出る直前、そのボールを止める一人の少年。それは日番谷だった。お礼を言おうとする夏梨を無視して去っていく日番谷。
その日の放課後、仲間と合流してフットサル場に向かう夏梨。しかし夏梨たちの使用時間になっても中学生たちが場所を空けようとしない。口論になった夏梨と中学生たちは、フットサルで決着をつけることにするがメンバーが足りない。夏梨が考えた助っ人とは…。


▲ページトップへ戻る