BLEACH

第188話 「決闘!天貝VS一護」

2008年9月17日放送

霞大路家を巡る動乱は全て天貝繍助が仕掛けたものだった。天貝は元柳斎に殺された父の仇を取るために護廷十三隊に入り、永い年月をかけて元柳斎暗殺の機会を狙っていたのだ。一番隊舎に駆けつけた一護は、獏爻刀の力で流刀若火を無効化された元柳斎に代わって天貝に戦いを挑む。天貝の卍解『雷火・業炎殻(らいか・ごうえんかく)』の炎の斬撃の前に苦戦する一護。天貝の獏爻刀は、一護の斬月にも作用してその力を封じていたのだ。しかし力を制限されているはずの一護のスピードが徐々に上がり始め、次第に天貝の攻撃を押し返し始める。


第187話 「一護激怒!暗殺者の秘密」

2008年9月10日放送

霞大路家の屋敷での護廷十三隊と霞大路家の暗殺部隊の戦いは続く。実力を超えた力を無理やり引き出す獏爻刀を使って死神たちに挑んでくる暗殺部隊の兵士たち。刀に取り込まれた兵士たちの目は常軌を逸しており、限界を超えた力にその肉体は耐えられずに崩壊していく。それでも戦いを止めない兵士たちに困惑する死神たちだったが、一角たちの活躍で次第に戦況は死神たちの有利になっていく。一方、一護たちの元に何者かが放った地獄蝶が現れる。


第186話 「出撃指令!霞大路家を制圧せよ」

2008年9月3日放送

元柳斎の命令で護廷十三隊の死神たちが一斉に霞大路の屋敷に突入する。霞大路家は王族への献上品を作る特殊な貴族であり、死神たちが踏み込めない治外法権が適応されていた。しかし吉良が貴船を倒して霞大路家反乱の証拠の品である獏爻刀を手に入れたことで護廷十三隊の介入が可能になったのだ。追い詰められた雲井は簡易型の獏爻刀を残った暗殺部隊に持たせて応戦するが、死神たちの前にはほとんど役に立たない。その頃、愁とルキアは瑠璃千代を追って屋敷の奥深くに向かっていた。


第185話 「氷と炎!天貝VS日番谷の激闘」

2008年8月27日放送

三番隊の訓練施設での吉良と貴船の死闘は続く。圧倒的な霊力を持ちながらも力のみを信望して認められぬ日々を送っていた貴船は、自らが死神の頂点に立つために霞大路家の陰謀に加担していたのだ。貴船の獏爻刀『烈風』の猛攻にさらされる吉良。貴船は、このまま三番隊を壊滅させて一護たちの暴走で起こった瀞霊廷内の混乱を更に拡大させるつもりであると言う。その一言が吉良の怒りに火をつけた。一方、瑠璃千代を追っていた一護と天貝の前に恋次が現れる。


第184話 「吉良と貴船、三番隊の攻防」

2008年8月20日放送

逃亡する一護を追って対立していた死神たちの混乱は一先ず収まり、とりあえず瀞霊廷は秩序を取り戻した。そんな中、霞大路家に立ち入ろうとしない元柳斎の態度に不審を感じる浮竹と春水。その頃吉良からの連絡で三番隊隊舎に駆けつけた一護と天貝は、瑠璃千代らしき人物を連れて逃げる霞大路家の刺客部隊を発見して追跡することに。一方天貝の指示で訓練施設に向かった三番隊の隊員たちは、吉良と貴船が対峙する現場に遭遇する。しかし次の瞬間、斬魄刀を解放した貴船は、隊員たちを一気に切り捨てる。


第183話 「動き出した闇!貴船の正体」

2008年8月6日放送

泣きながら自分の気持ちを話す愁に毒気を抜かれた天貝は、一護たちの説得を聞き入れて瑠璃千代捜索に協力してくれることになった。護廷十三隊に対する裏切り行為になるのではと心配する一護だったが、天貝はこの事件に部下である貴船がからんでいる可能性があり、責任を取る為にはやむをえないと説明する。一方、その天貝の行動が思わぬ形で元柳斎たちの耳に入ってしまう。天貝の単独行動に動揺する隊長たち。そして一護だけではなく天貝をも止める為に死神たちの大部隊の出撃が決断される。


第182話 「天貝の実力、斬魄刀解放!」

2008年7月30日放送

霞大路家の屋敷に乗り込んで瑠璃千代と愁の祝言を滅茶苦茶にし、更に愁を人質にして逃げ出した一護とルキアは護廷十三隊から追われる身になってしまう。死神たちは、二番隊と三番隊を中心に大捜査体勢を敷くが、夕方になっても一護たちを発見できないでいた。一護たちは、地下水路に隠れてケガの治療をしながら密かに瀞霊廷の様子をうかがっていたのだった。一方、今回の混乱が霞大路家で起こったことを重くみた天貝と吉良は、貴船の動きをそれとなく観察していた。


第181話 「二番隊出撃!包囲された一護」

2008年7月23日放送

霞大路家を取り戻す為にソウル・ソサエティへ一人で戻った瑠璃千代を追って穿界門をくぐった一護とルキア、犬龍、猿龍は、霞大路の屋敷で行われていた瑠璃千代と愁の祝言に乱入する。しかしそこには砕蜂率いる二番隊の死神たちが待ち構えていた。一護たちの襲来を予見していた雲井があらかじめ罠を張っていたのだ。囲まれる一護たち。その時、一護が瑠璃千代に向かって呼びかける。その気迫に押される砕蜂たち。しかし、一護の説得を聞いた瑠璃千代から意外な言葉が発せられる。


第180話 「姫の決意、哀しき花嫁」

2008年7月16日放送

貫井たちの襲撃をかろうじて退けた一護たち。しかし石田と茶渡は獏爻刀(ばっこうとう)の霊圧に体を侵されてしまい、織姫の治療も進まないでいた。更にソウル・ソサエティへ偵察に行っていた夜一から瑠璃千代と愁の婚礼が近日中に行われるという情報がもたらされる。恐らく瑠璃千代の影武者を立てて強引に婚礼を行うのだろうと推測する浦原。むりやり状況を進めて一護たちの選択肢を狭める雲井の狙いに苛立つ一護。一方、瑠璃千代は傷ついた石田たちの姿を見て思いつめた表情をしていた。


第179話 「対立!?天貝VS護廷十三隊」

2008年7月9日放送

尸魂界(ソウル・ソサエティ)では、隊首会で天貝が護廷十三隊全体による合同演習を提案していた。しかし、剣八やマユリをはじめ、そういうことに興味がない隊長たちによって反対されてしまう。各隊の連携の悪さに憂いを感じていた浮竹と春水は天貝を励ます。そんなある日、瀞霊廷内にメノスが侵入したという報告が入る。我先に出撃する各隊の死神たち。しかし、どこにもメノスの姿は発見されず、指揮系統が混乱した死神たちは大混乱に陥ってしまう。


第178話 「見せられた悪夢!鏡の中の一護」

2008年7月2日放送

貫井は獏爻刀『砕我』の弱点を逆に一護を捕らえるために罠として使ってくる。その策略にはまってしまい、獏爻刀『砕我』の鏡の空間に閉じ込められてしまう一護。その空間は、閉じ込めた相手の記憶の中にある思い出を使って悪夢を見せる。一護の前に現れたのは、在りし日の母・真咲の姿だった。母との思い出からその死までを見せらつけられる一護は、精神的に追い詰められていく。幻影の真咲の前になす術のない一護。その時、一護の体から巨大な霊圧があふれ出す。


▲ページトップへ戻る