第118話 答えなきハドル(2007年8月29日放送)
 

試合終了間際の、モン太のスーパープレーで首の皮一枚つながったデビルバッツ。だが、残り時間は4秒。ゴールまでの距離20ヤード。泣いても笑っても最後となるワンプレーで、ヒル魔は観客達を使った奇策で神龍寺の意表を突き、自らがボールを持って、フィールドを駆け抜ける。ヒル魔は阿含の猛追から逃げ切ることができるのか?

第119話 死闘の果てに(2007年9月5日放送)
 

劇的な大逆転で、関東大会9連覇の神龍寺ナーガに勝利した泥門。喜びを爆発させるデビルバッツメンバーに対し、まさかの敗戦に茫然自失の神龍寺。
阿含は負けたことを認めることができず審判に殴りかかるが、雲水に諭され、春大会への雪辱を誓う。セナはそんな神龍寺を見送りながら、いよいよ現実味を帯びつつある進との試合に向け決意を新たにする。

第120話 超弩級!ダイナソーズ!!(2007年9月12日放送)
 

関東大会次の一戦は、太陽スフィンクス対白秋ダイナソーズ!番場ら日本一の超重量級ラインを誇るスフィンクスの勝利を確信する泥門メンバー。しかし、偵察に回ったセナ達が目の当たりにしたものはダイナソーズのライン、峨王力哉の暴力的なまでの強さであった。パワー勝負必至のこの対決、勝つのはどちらなのか!?

第121話 狼の戦場(2007年9月19日放送)
 

白秋VS太陽戦の帰り道、決勝で戦うことを誓い合うセナと陸。そんな二人の前に現れたのは、西部の次の対戦相手岬ウルブスのエース狼谷大牙であった。No.1ランニングバック アイシールド21を倒すのは自分だと豪語する狼谷は、陸を完璧に格下扱いし挑発する。プライドを傷つけられた陸は激しいライバル心を燃やすが・・・

第122話 ロデオドライブ・スタンピード(2007年9月26日放送)
 

ついに始まった西部対岬戦。だれもが西部の圧倒的勝利を疑わない中、先制タッチダウンを決めたのは、なんと岬ウルブスの狼谷大牙!予想外の苦戦に、熱くなってしまった陸は周りを見ることができず一人チームワークを乱してしまう。そんな西部の混乱に乗じて連続タッチダウンを決める狼谷。西部は逆転勝利することが出来るのか!?

第123話 死角なき騎士(2007年10月3日放送)
 

さらに進化した陸の走りを目の当たりにし、宿命の王城戦に向け、次は自分の番だとばかりに闘志を燃やすセナ。一方、岬戦を終えた陸の前に現れたのはなんと王城のエース進清十郎。その真意を測りかねる陸に、進はあろうことかロデオドライブの走法を教えてくれと切り出すが・・・


© 米スタジオ・ビレッジスタジオ/集英社・テレビ東京・NAS