きらりん☆レボリューション
新着情報
ストーリー
キャラクター
スタッフ・キャスト
次回予告
これまでのお話
商品情報
放送局情報
TOPへ戻る

#129 「ミステリアス!美少年アイドルあらわる!」

2008年10月3日放送


きらりと同じ小石川学園に転校することになったこべに。村西事務所で新しい制服をお披露目していると、片隅のTVから歓声が聞こえる。画面には彗星のごとく現れた新人アイドル「クラウディ」の姿が。気を引き締める村西事務所の面々。そんな中、きらりの通う芸能クラスに転校生『流水』がやって来た。ダサい容姿の彼に女生徒は冷たくあたる。隣の席になったきらりは仲良くなろうと歩み寄るが流水はそっけない。が、困った時にさらりと助けてくれ、密かに好感を持つきらり。とある歌番組で、噂のクラウディと一緒になるMilkyWay。番組中、クラウディにウィンクされてドッキリ!一体誰に!?


#130 「DARK KNIGHT!その名はクラウディ!」

2008年10月10日放送


クラウディからきらりが受け取ったネックレス。それは「友情の証」のはずだった。しかし校内放送で、「二人の愛の証」のネックレスだと公言したクラウディ。愕然としたきらりはクラウディを問い詰めると、素直に誤りを認めた。わかってくれたのだと安心するきらり。しかし、クラウディは、きらりがクラスの女子生徒を観覧招待した番組で、執拗にきらりとの仲良しぶりをアピールする。それを見た女子生徒たちは、きらりがクラウディとの仲を見せつける為にを呼んだのだと誤解し、きらりに絶交を言い渡した・・・!


#131 「びけーっ!イケメンコンテスト!?」

2008年10月17日放送


イケメンを集めたスペシャル番組『イケメンコンテスト』に出場することになったSHIPS。審査委員はMilkyWayがつとめることになった。コンテストには人気急上昇アイドルのクラウディも出場予定だ。あまり乗り気ではないSHIPSに、村西が熱い特訓を行う。きらり達は「SHIPSを審査するなんて・・・」と少し複雑だ。いよいよコンテストが始まり、先鋭10人がステージに並んだ。そこにはなんと、男装し名前を変えたエリナが紛れ込んでいた。エリナは聞き違いにより、『優勝者はきらりをこきつかえる』と思い込んでいるのだった。クラウディも何か企んでいるようで・・・。このコンテスト、一体どうなる!?そして優勝者の行方は・・・!?


#132 「キュン・・・のえるのせつない片思い」

2008年10月24日放送


映画を観にきたMilkyWayとトライニャングル。みんながラストのキスシーンの余韻に浸る中、一人のえるの様子がおかしい。昔、初恋の男の子に失恋したショックで恋愛が苦手になってしまったのだった。心配するきらり達は何とか克服させようと試みるが、のえるは「ほっといてくれ!」と言い放つのだった。落ち込むきらりはひょんなことからクラウディにのえるのことを相談する。クラウディの優しい励ましによりきらりは元気を取り戻すのだった。しかしそれがキッカケで、クラウディはきらりを手に入れる為の新たな作戦を思いつく。それは自分がのえるの初恋の男の子になりすます、というものだった。


#133 「ワナ・・・たくらみのクラウディ」

2008年10月31日放送


きらりにキスシーン(フリ)のあるCMの仕事が舞い込む。しかも相手役はクラウディで、きらりは動揺を隠せない。のえるは、自分があの初恋の男の子だと告白するクラウディに疑いを抱きつつも気になってしまう。そんなのえるに更に接近するクラウディはサッカーボール柄のハンカチを見せる。それはかつて初恋の男の子がのえるの膝に巻いてくれたハンカチだった。巧みな作戦を前にのえるはクラウディの言葉を信じてしまう。きらり達はクラウディに恋心を抱き始めたのえるに驚くが、初恋が実ったことを知り応援することを誓うのだった。そんな中きらりはCMの仕事に反対する宙人とケンカしてしまう。そしてついに撮影がスタートして・・・。


#134 「うそ・・・裏切りのキス」

2008年11月7日放送


キスシーンの撮影中。フリだけのはずなのに、クラウディはきらりに本気でキスをしようと迫る。それを見た宙人となーさんは、間一髪のところできらりを助け出す。心配のあまりキツイことを言う宙人に、きらりも素直になれずまたケンカをしてしまうのだった。のえるはきらり達の応援に後押しされながら、クラウディとの初デートに出かける。大胆かつ優しいクラウディにますます心惹かれるのえるに、クラウディがCM撮影中にきらりにキスを迫られたと嘘を言う。激しく動揺するがきらりを信じるのえる。しかしクラウディの策略により、その信頼はもろくも崩れさるのだった・・・。


#135 「なぜ・・・ガラスの友情」

2008年11月14日放送


クラウディの策略にはまったきらりたち。のえるとこべにはきらりがクラウディにキスをしようとしたと誤解をして、きらりと絶交する。きらりは二人の誤解を解こうとするが、口もきいてもらえない。ギクシャクする三人の様子はしだいに噂されはじめ、村西社長は気が気でない。宙人もきらりを心配するが、喧嘩している手前いつものように声をかけられないでいた。すっかり周囲から孤立してしまったきらりに、ここぞとばかりに優しい言葉をささやくクラウディ。だが、きらりはその言葉を聞いて宙人に会いたい気持ちを募らせるのだった。そんな中きらりは宙人のマンションの前でバッタリと宙人に会い・・・。


#136 「チェンジ!きらりとみーちゃん!?」

2008年11月21日放送


一ツ橋博士の新しい発明機器を試すために、久々にドリームトイ社を訪れたきらりとなーさん、みーちゃん、にーくん。早速、試作実験を開始するもいつも通り失敗!なんときらりとみーちゃんの体が入れ替わってしまった!落ち込むきらりだが、持ち前の前向きさで一日限定の猫生活を楽しむことに。しかし人間になったみーちゃんは好き勝手に振る舞い、猫きらりはハラハラしっぱなし。事情を知らない周囲もいつもと違うきらり(中身はみーちゃん)に怪訝な顔。そんな状況など全くおかまいなしの人間みーちゃんは、変装もせずに気になるあの人をデートに誘い出した!そのお相手とは!?そしてデートのゆくえは・・・?


#137 「キケン!い・け・な・いバースディ」

2008年11月28日放送


きらりのハートをモノにしようと企むクラウディ。今度はきらりを嘘の誕生日パーティに誘う作戦に乗り出す。二人っきりのロマンティックなパーティにしようと目論んでいたが、きらりの他にのえるやこべに、宙人や星司、そしてトライニャングルまでも訪れ、計画は早くも崩壊寸前。諦めずに二人っきりになろうとするが次々と邪魔が入り思うようにいかない。はじめはイライラしていたクラウディだが、みんなの楽しそうな笑顔を見てふと心が明るく軽くなるのを覚える。こんな時間も悪くないと思いはじめたとき、ふときらりが宙人を見つめる目線にハッとする。きらりの気持ちに気がついたクラウディは一瞬にして心を凍らせて嫉妬の炎を燃やす。そして作戦実行をはじめて・・・!


#138 「スキャンダル!負けるなきらり」

2008年12月5日放送


クラウディの誕生日会翌日、きらりとクラウディの熱愛が報道された。事実を曲げた内容だが、マスコミは連日MilkyWayを面白おかしく騒ぎ立て、クラウディのファンたちも憤りを隠せない。誤解を解きたいきらりだが、歌番組中にクラウディのファンたちからペンキ入りのカラーボールをぶつけられる。ショックを受けるきらりを宙人が慰めると、今度は宙人との関係がマスコミの標的にされてしまう。MilkyWay,SHIPS共に大きいCMの仕事が打ち切りになり、責任を感じるきらり。しかし、ファンからの手紙を読み返し前向きに頑張るSHIPSに励まされ、元気を取り戻す。そして、MilkyWayのファンクラブ限定イベントを開催しようと思いつく!


#139 「月島きらり、ふつうの女の子にもどります」

2008年12月12日放送


ファンクラブ限定イベント「ザ・きのこ軍団」ライブを開催したMilkyWay。しかし、きらりのスキャンダル報道に怒ったファンたちは誰も会場に来てくれなかった。すべて自分のせいだと一人思い悩むきらり。これ以上まわりに迷惑をかけないようにと、誰にも相談せずにマスコミの前でアイドル引退宣言をしてしまう!そしてきらりは普通の女の子の生活に戻り、抜け殻のように毎日を過ごすのだった。そんな中、村西事務所の面々がきらりをMilkyWayが結成したあの会場に呼び出した。そして、村西事務所の解散を告げるのだった・・・!


#140 「スタート!ゼロからはじまるコンサート」

2008年12月19日放送


村西事務所メンバーの暖かい励ましに後押しされ、きらりはアイドルへの復帰を決意する。そして二度と引退など口にしないと固く誓うのだった。しかし現実は厳しく、どこへ挨拶に行っても門前払いの日々が続く。そんな時、尊敬する先輩アイドルあおいからメールが届く。常に新しいことに挑戦し続けるあおいの姿勢に励まされたきらりは、MilkyWayの路上ゲリラライブを始める。はじめは冷ややかに見ていたファンも、毎日ひたむきに歌い続ける3人に心動かされ、しだいに歌を聴きに集まってくれるようになる。そしてクラウディも、今までの経緯をすべてマスコミに告白し引退を表明するのだった・・・!


#141 「さらばエリナ!永遠のお別れ!?」

2008年12月26日放送


もち肌持田との漫才コンビでお笑いの仕事ばかりのエリナに、久しぶりの歌番組出演のオファーが!やる気に燃えるエリナだったが、MilkyWayの歌とトークで盛り上がった番組はエリナの歌をカット!屈辱を受けたエリナは、世界一のアイドルになりライバルきらりを見返すことを誓うのだった。色々なことに挑戦して自分を磨くエリナ。そんな中、とある番組中にエリナの描いた絵が人々の感動を呼び、エリナは一躍有名画家に!開いた個展も大成功し有頂天のエリナの前に、世界的に有名な画家がエリナにアイドルを辞めて世界へ羽ばたこうと勧める!迷うエリナの気持ちをよそに盛り上がる周囲は「エリナちゃんさよなら」特番を企画して・・・。


#142 「スーパーアイドル!!素顔のMilkyWay」

2009年1月9日放送


ドキュメンタリー番組「情熱大陸棚」に取り上げられたMilkyWay。出会いから、それぞれの第一印象、そしてMilkyWay結成の感動的な瞬間などを思い思いに丁寧に語る三人。性格がバラバラゆえにケンカも絶えないが、数々の困難を一つ一つ乗り越えてきたことにより、三人の絆は固く結ばれている。そしてファンを第四のメンバーと語る三人は、ファンとの触れ合いを何よりも大切にしている。「タンタンターン!」初披露コンサートの日、大渋滞に巻き込まれたMilkyWayを助けてくれたのも、応援してくれるたくさんのファンたちだった。暖かい人たちに支えられて今があることを再認識する三人。そして、一番身近で支えてくれる事務所のメンバーとSHIPSへの感謝をこめながら、新たな気持ちで目標を掲げる三人。そして最後に、自分にとっての「MilkyWay」を語るのだった。


#143 「モーモー!にーくんの愛情物語」

2009年1月16日放送


時村西事務所に迷い雌牛のドナがやってきた。牛の世話をしたかったにーくんは大喜び。しかし、のえるの反対でドナは持田に預けられてしまう。嫌がるドナを助けるため、にーくんはこっそり雪野家の小屋に住まわせることに。かいがいしく世話を焼くにーくんにドナも心を寄せはじめ、いつしか固い絆で結ばれる。しかし、ドナを飼っていることがバレそうになり、にーくんは家出を決行する。橋の下で身を寄せ合い寝ていると、ドナが発熱してしまう。のえる達に助けられ、雪野家に戻るにーくんとドナ。そんな時クラウディから牛を捜しているとメールが入る。ドナはなんとちちまろの飼っていた富子だった。お別れの日、にーくんは涙をこらえてドナにさよならを告げるのだった。


#144 「エスパー!!ファンタスティック き・の・こ?」

2009年1月23日放送


一ツ橋博士のサイエンス番組に出演したMilkyWay。番組中に実験が失敗し、そのとき覆われた煙によってエスパー能力が備わってしまう。そんな3人に助けを求める一台の車が現れる。彼の名はニャイトライダー2009。彼の要請により、MilkyWayはファンタスティックKINOKOとして、地球侵略を狙うカラビー星人と戦うことになった。しかし大王のもとにたどり着いたところで肝心のエスパー能力が切れてしまう。窮地におちいる3人だが、音楽とダンスでカラビー星人の心を呼び覚まそうとする。想いが通じ、惑星ヒカラビには恵みの雨が降ると、浄化されたカラビー星人は花となり、心を取り戻すのだった。


#145 「ラッキー☆魔法の仮面にご用心?」

2009年1月30日放送


こべにの占いで、今週ののえるの運勢が最悪と出る。アンラッキーを跳ね返すお守りを持つことを勧めるこべにだが、占いを信じないのえるは頑として聞き入れない。それからというもの、のえるに次々と災難が降りかかる。さすがにゲンナリしていると、不思議な魔女に金の人型メダルを渡される。その日を境にラッキーなことばかりが起こるようになり、ついにお守りの力を信じはじめるのえる。すると再び魔女が現れ、さらにラッキーになる黄金の兜を渡される。喜ぶのえるにこべには違和感を覚える。そして魔女は永遠にラッキーを呼ぶという仮面をのえるに渡す。しかしその仮面はつけた人が二度と手離せなくなり人格が壊れてしまう恐ろしい仮面だった。必死で助けだそうとするこべにはのえるにラッキーアイテムの赤い手袋をつけてドジョウダンスを踊れというのだった。


#146 「サバイバル!?アイドル無人島伝説」

2009年2月6日放送


企画番組『アイドル☆無人島伝説』に出演することになったMilkyWayとSHIPS。スタッフも誰もいないとある無人島で一週間生活することになった。しかし着いてみると、用意されているはずの小屋も食料も地図も何もない。途方にくれる5人と3匹だが、みんなで力を合わせて一週間を乗り切ろうと励ましあう。それぞれ小屋を作ったり食料を集めたりと協力し、結束を固める一同。が、みーちゃんだけは仕事を嫌がりみんなの反感をかう。そんな中、大きな地震が起きて島の位置が変わってしまう。帰れなくなる恐怖に混乱する一同。そんな時、大事な食料がなくなり真っ先にみーちゃんが疑われ責められる。しかしそれは怪我をした小鳥を助けるための行動だった。反省した一同はみーちゃんを捜しに行く。すると巨大な生物がみーちゃんに襲い掛かろうとしていた。


#147 「チョコっと!どきどきバレンタイン♥」

2009年2月13日放送


2月14日放送の生番組「アイドルクッキングバトル」に出演することになったMilkyWay。テーマは「バレンタインチョコレート」だ。3人で天に作り方を教えてもらい初チョコは大成功!チョコを誰にあげたいかをお互い内緒にして別れるが、のえるとこべにの相手が気になるきらり。翌日、こべには星司、のえるはカマさんと一緒にいるのを見てしまいドギマギ。そして自分も勇気を出して宙人に渡そうを決意するのだった。しかし、SHIPSファンからたくさんのチョコが届くのを見て自信をなくしてしまう。本番は誰を想って作ればいいのか悩むきらり。そんな時天の一言で、バレンタインチョコは好きな男の子にあげるためだけのものではないことに気がつくのだった。


#148 「ニャッピー♪ねこねこ大行進!」

2009年2月20日放送


世界各国の猫たち憧れの大スターに成長したトライニャングル。そんな彼らを一目見ようと世界中から猫たちが集まってきた。きらりたちは喜ぶが、猫の大群がこのまま町に留まることを心配した村西は、猫たちを引きつれてトライニャングルの世界ツアーを決行する。訪れる国はどこも大盛り上がりで、活気に満ちていく。そして猫たちの存在が人々を笑顔に変え、ファンはますます増えていった。ツアーも終わりに近づいたある日、楽園マヨヒガに迷い込んだ一行。素晴らしいもてなしを満喫する村西だが、ツアーが終わった後も猫たちがこのままついてくることを心配する。しかし猫たちはマヨヒガのあまりの居心地の良さに定住することを決め、すべては一件落着となった。ツアーを無事に終えたトライニャングルと村西は華々しく帰国するが、誰も村西には気がつかないのであった・・・。


#149 「723分!MilkyWay電波ジャック!?」

2009年2月27日放送


朝から晩までテレビ東の番組すべてに生出演する企画に挑戦することになったMilkyWay。それを知ったエリナは、テレビ東に忍び込み邪魔をしようと企む。しかし、しかけるイタズラのすべてが好転して、逆に番組を盛り上げてしまう。そんな中、生ドラマ放送直前にMilkyWayのタンバリンが3つとも無くなってしまう。真っ先にエリナが疑われるが、エリナのイタズラではないという・・・。きらりは機転をきかせドラマの中でタンバリンを探すことを提案する。三者三様の探偵に扮したきらりたちはそれぞれ手がかりを集めるが、すべてエリナと結びついてしまう。ドラマの放送終了時間が刻一刻と近づき焦る3人。一体真犯人は誰なのか?MilkyWayは無事に放送時間内に犯人を見つけることが出来るのか・・・?


#150 「お帰りなさい・・・幸せのブルーバード」

2009年3月6日放送


個々のソロ活動も増えて勢いに乗るMilkyWayは「ダイヤモンドアイドルクィーン」候補に選ばれる。グループでの選出だったが、村西は3人が次のステージに挑戦する時だと考え、3人をソロでエントリーすることに決める。3人で競い合うことに動揺するきらりたちは納得が出来ない。そんな時、憧れの先輩アイドルで前回のアイドルクィーンのあおいがロンドンから帰国していることを知る。自分の夢にまっすぐに挑み続けるあおいはますます輝いていた。きらりはアイドルクィーン出場の件を相談するが一喝される。本気で自分をぶつけられる相手こそ本当の仲間なのだというあおいの言葉にハッとしたきらりは、3人で競い合うことを前向きに受け止める。しかし、のえるとこべにはきらりの急な心変わりに裏切られたような気持ちになるのだった。


#151 「幕開け!ダイヤモンドアイドルクイーンは誰だ!?」

2009年3月13日放送


ダイヤモンドアイドルクイーンを競い合うことになったMilkyWay。3人の固い友情は本選を前にバラバラになっていた。きらりに闘争心を燃やすのえるとこべには、《自分が一番になる》ことだけを考えて戦いに挑む。一方きらりは、のえるとこべにのミスをカバーをしながら戦い、結果、本選第一ステージは最下位になってしまう。しかし、3人の戦いを見守っていたファン達は、最下位のきらりにクイーンポイントを投票するのだった・・・。


#152 「勝負っ!ホンキの笑顔でタンタンターン!」

2009年3月20日放送


本選第二ステージの課題、それは3人がそれぞれエリナ・ふぶき・いずみとペアになり、MilkyWay以上のスーパーユニットを作るというものだった。雪辱に燃えるのえるとこべには、自分のウィークポイントを克服し、かつてないほどに努力を重ねる。しかし一方のきらりは日に日に笑顔が曇ってゆくのだった・・・。そして迎えた本番。新しいイメージを見せたのえるとこべには輝きを増し、大いにファンを魅了する。その姿を見たきらりは、大きな決意をしてステージに上がるのだった。


#153 「きらりん☆アイドルレボリューション」

2009年3月27日放送


MilkyWayを大切に想うあまり第二ステージを棄権してしまったきらり。それを知ったのえるとこべには再びきらりと心を通わせる。そして、最終ステージを前に3人が見せた決意は《MilkyWayの解散》だった。最高のライバルとして全力でぶつかり合うことを誓った3人。本番、のえるとこべには今までで一番のステージを見せ、それぞれのアイドルレボリューションを表現する。そしていよいよきらりのステージが始まると、突如停電が起こる。暗闇の中会場はパニックに陥るが、きらりは瞳を閉じて《はぴ☆はぴサンデー》を歌い始める。みんなの笑顔を思い浮かべながら歌ったその歌声が、やがて大きな奇跡を起こすのだった・・・!