番組表

世界7大ミステリー
人体の奇跡スペシャル3

2011年4月17日(日) 夜7:00~9:48

出演者

<メインナビゲーター> 芦名星
<スーパーバイザー> 荒俣宏
<出演> 岡田圭右(ますだおかだ)
<レポート> 中鉢明子(インド)、ヒデヨシ(アメリカ)

内容

世界中から報告された人体のミステリーに密着取材し、
科学的・医学的に徹底解明するほか、トリックの有無なども検証。
不死身の男だらけの村や超軟体美女、2ヶ月間眠り続ける少女など、
衝撃の“人体の奇跡”に迫る第3弾!


◆現代のミリン・ダヨ“超無痛男”(アメリカ)

“現代のミリン・ダヨ”こと、ティム・クライドランドが立つ、アメリカ・ラスベガスのステージを訪れた。
なんとティムは、粉々に砕けたガラスの上に裸で寝転がり、その自分の身体の上に立たせた人間に
思いきりジャンプさせてもなんのその!金属の串を腕や喉に貫通させても、まったく痛みを感じないという・・・。さらに、ガスバーナで熱し、485度に達した鉄の棒を、足で踏みつけ曲げてしまったのだ!
通常であれば触った途端に痛みを感じるどころか、皮膚が破壊されてしまうほどの高温である。
いったいなぜ、ティムは痛みを感じずにこのようなことが出来るのだろうか?
最新のMRIを使って明らかになった、驚異の肉体のメカニズムとは・・・!?
そしてスタジオでは、斬っても刺しても決して死なない、驚異的再生能力を持った不死身の生物を
紹介。


◆折れない背骨を持つ“超軟体美女”(ドイツ)

ドイツ東部のザクセン州に住み、一児の母親でもある26歳のロシア人金髪美女・ズラータは、
世界中で注目の的。無脊椎動物の如く、背骨を逆に曲げ、股から顔を出すという人間離れした
驚くべき能力を持っているのだ!
“身体が軟らかい”といえばまず思い浮かぶのは、様々な曲芸などを見せる中国の雑伎団である。
そのメンバーも驚愕するほどの超軟体のズラータの肉体を、専門家がMRIを使い徹底調査した。
その結果、背骨や内臓にはまったく異常は見られず、なんと背骨の靭帯がゴムのように伸び縮みしていることが判明したというのだが…!?
本来であれば、身体は年齢を重ねるごとに硬くなっていくものであるが、大人になっても異常に
柔らかい肉体を持っているズラータの驚異のメカニズムに迫る!


◆音で世界を見る“超ソナー男” (アメリカ)

盲目であるが、音で世界を見ることができる男、ダニエル・キッシュ。
彼は見事に障害物を避けながら自転車に乗ったり、レポーターが手にしたペットボトルの水や
ボールを言い当てることが出来るのだ!彼が持つ特殊な能力 “エコーロケーション”。
それは、舌打ちなど自分が発した音の反響を利用して周囲の状況を把握する能力のことであり、
イルカが使う能力としても知られている。更に、彼の盲目の友人には、的にボールを投げて
当てられる人や、家や車の絵を描ける人もいる。


◆「アイスマン」の異名を持つ“超耐寒男”(オランダ)

氷の男「アイスマン」の異名を持つ52歳のオランダ人男性、ヴィム・ホフ。
普通の人間であれば、低体温を起こし数分後には死に至るような気温マイナス25℃という
極寒の環境の中で、彼は裸で氷の張った湖の中を潜水で泳いだのである。
なんと彼は、氷の下の潜水で57mという世界記録を持つ人物なのだ!
さらに、アイスマン・ヴィムは、パンツ一丁でアフリカ大陸最高峰、標高5895mの
キリマンジャロの登頂に成功するという驚くべき偉業を成し遂げている!
専門家によると、一般に人間は体温が30℃以下で錯乱・幻覚症状を起こし、
25度以下で昏睡、仮死状態となり、さらに20度以下になるとほぼ死亡するというのだ。
それなのになぜヴィムは死に至るような極寒の世界で生きていられるのだろうか?
人間の常識を超えた超耐寒能力の秘密に迫る!


◆聴いただけで曲を完全コピー!驚異の記憶力を持つ青年 (日本)

たった一度聴いただけで、どんな曲でもピアノで再現してしまう驚きの能力を持つ青年。
生まれつき盲目だった彼は、赤ん坊の頃から音楽を聴き、2~3歳になる頃にはすでに、
誰に教わったわけでもないピアニカを弾いていた。現在覚えている楽曲は、なんと6000曲にも
のぼるという。その驚異の記憶力に迫る!


◆2ヶ月間眠り続ける“冬眠少女”(アメリカ)

前回の放送で紹介し、反響を呼んだ、イギリスに住む現代の眠れる森の美女・ルイーザ。
彼女は2週間眠りについた後、3週間から1ヶ月は普通の生活を送るものの、
また2週間ほど眠りにつくという生活を14歳の頃から繰り返し続けいるというのだ。
彼女が医師から告げられた病名は『クライン・レヴィン症候群』。またの名を、『眠れる森の美女病』。
しかし今回、ルイーザをはるかに上回る“眠れる森の美女”が存在した!
アメリカに住む15歳のニコルもまた、ルイーザと同じく『クライン・レヴィン症候群』と診断されている。
ところが、決定的に異なることがあるのだ。ニコルが眠りにつくのは一年に一度だが、
なんと2ヶ月もの間、眠り続けるのである。これはまさに冬眠…!?
彼女の身体に、いったい何が起こっているのであろうか?
常識では考えられない、人体のミステリーに迫る!






  • 現代のミリン・ダヨ“超無痛男”
    現代のミリン・ダヨ“超無痛男”
  • 現代のミリン・ダヨ“超無痛男”
    現代のミリン・ダヨ“超無痛男”
  • 折れない背骨を持つ“超軟体美女”
    折れない背骨を持つ“超軟体美女”
  • 折れない背骨を持つ“超軟体美女”
    折れない背骨を持つ“超軟体美女”
  • 音で世界を見る“超ソナー男”
    音で世界を見る“超ソナー男”
  • 音で世界を見る“超ソナー男”
    音で世界を見る“超ソナー男”
  • 2ヶ月間眠り続ける“冬眠少女”
    2ヶ月間眠り続ける“冬眠少女”
  • 2ヶ月間眠り続ける“冬眠少女”
    2ヶ月間眠り続ける“冬眠少女”
  • 中鉢明子がインドで見たものは・・・
    中鉢明子がインドで見たものは・・・
  • 食べ続ける少女にも密着
    食べ続ける少女にも密着

一覧に戻る

番組表

週間番組表はこちら

アクセスランキング

検索ワードランキング

旅グルメ
テレビ東京オンデマンド

Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.