宇宙をかける少女 宇宙をかける少女
新着情報 ストーリー キャラクター スタッフ・キャスト 次回予告 これまでのお話 放送局情報 トップに戻る


Mission 14「夜ひらく花」

2009年4月6日放送

獅子堂島にたどり着いた秋葉達は、ブレインコロニー開発者のフォンと出会う。宇宙へ帰る方法を尋ねるが、現状では不可能だとの事。島で救難ビーコンが拾われるのを待つことになった。その間にいつきはフォンからテラ・アブダクションに関する情報を聞き出そうとする。そしてフォンからネルヴァルが構造物としての欲求から、自分の中に人を住まわせようとしていることを知る。その時、部屋の中に警戒警報のアラート音が鳴り響いた。
外を見ると空からパイドパイパーが舞い降りた。そして海辺が凍り、その上に箱をかぶった秋葉の姿があった。フォンはQTローズで島を覆い尽くし、ネルヴァルからの思考干渉を防ぐ。一度は立ち直った秋葉だったが、ほのかが対ネルヴァル用の生体兵器だと告げられると気を失ってしまった。夢の中で秋葉は神楽と出会う。神楽はもしも自分がネルヴァルを倒せなければ、と喫茶店の壁にメモを貼り出て行った。その後、意識を取り戻した秋葉は過去の事件と神楽の末路を聞き、軌道喫茶『えにぐま』を探すことを決意する。一方その頃、宇宙にいるナミはアレイダから、ナミこそ『宇宙をかける少女』である、と告げられていた。


Mission 15「魔女の騎行」

2009年4月13日放送

フォンからイグジステンズのサイコウェーブを防ぐことのできるQTローズを受け取った秋葉達は、宇宙へ戻るためボアシップでパイドパイパーへと向かった。間一髪、パイドバイパーへと乗り込むことに成功した一行は、その内部で箱人間の製造を目撃する。宇宙に出た途端パイドバイパーから排出されてしまったボアシップの前に、クサンチッペがワープアウトしてきた。そしてそのボディーから出現したロイヤルポッドの中には、アレイダとナミの姿が。
アレイダからナミを取り返そうとする秋葉。しかし、ナミはQTアームズ『プリマヴェーラ』を手に取り、8人の戦乙女と共に秋葉へ襲いかかる。いつきとほのかの前にはアレイダが立ちはだかり、こちらも交戦状態に。パイドバイパーの側面部から漏れ出した突風により戦いは一旦中断され、秋葉といつき、ほのかはボアシップへと合流する。そして、アレイダの正体が神楽だと知ったレオパルドだが、喜びもつかの間、イグジステンズのサイコウェーブにやられて倒れてしまう。とその時、クサンチッペを中心に空間のゆがみが発生し、秋葉達を含め、全てを飲み込んで消え去っていった。


Mission 16「わだかまる宇宙」

2009年4月20日放送

徐々に箱人間が増えている学園コロニー。難を逃れていた生徒会の面々はバスを奪ってコロニーからの脱出に成功し、ニーナとエル・スールのいるステーションへと向かった。その頃、ネルヴァルへ人類箱人間化計画の報告をしていた閣僚達の元に、ナミをつれたクサンチッペが到着した。人の形をしたネルヴァルと洗脳されている高嶺の姿に驚くナミだったが、「一緒に世界を守ろう」という言葉に不敵な笑みを返すのだった。
一方秋葉達は、クサンチッペのワープに巻き込まれ、木星の軌道上まで飛ばされていた。ここからカークウッドに戻ろうとすると、五年はかかる。責任を追及し合い、秋葉といつき、ほのかは喧嘩をしてしまう。と、その時。桜が軌道上に浮かぶレオパルドとベンケイのコロニーを発見する。コロニーへ向かう一同。秋葉はレオパルドルームで。いつきは図書館前で。ほのかは砂漠地帯で。三人の瞳から涙がこぼれた。しかし、感傷に浸る間もなく、オーロラに包まれたコロニー内で放電現象が発生する。


Mission 17「友達の輪」

2009年4月27日放送

木星の影響で強力な電磁波により危機一髪の秋葉達。しかしその時、突然桜の帽子が喋り始めた。ゆぴたんと名乗るその者の指示に従って危機を脱出した秋葉達は、リングステーションを発見する。かつて異星人と人類の交流センターとして機能していたそこに「えにぐま」が移されていたらしい。中を探すが、秋葉が夢で見たその場所に、えにぐまは既に存在しなかった。一旦えにぐまを諦め、エネルギーの蓄電システムを利用してハイパージャンプをしようとするが、レオパルドがコロニーと接続できなくなったことを知る。
レオパルドが動けないのであれば、とベンケイをリングステーションと接続させた秋葉達は、ハイパージャンプを開始する。一方、学園コロニーにはナミが降り立っていた。過去にトラウマの原因のひとつを作ったマドカ達と遭遇したナミは、プリマヴェーラの力でマドカ達を箱の中へと放り込む。ニーナの命令で学園コロニーに潜入していたブー・ミンは、その映像を記録しニーナの元へと戻る。その後を付けニーナ達がいるジャニスステーションへ降り立つナミだったが、同時にそこへハイパージャンプをしてきたレオパルドが姿を現した。


Mission 18「よみがえる神」

2009年5月4日放送

突如現れたレオパルドの姿に驚くナミ。さらに、秋葉達がコロニーの中から現れることで動揺したナミはイグジステンズと共に撤退する。その際に、ベンケイは動けないレオパルドからミラーを切り取り、いずこに飛び去っていった。そして、ブルーバードモールに避難していた人達との再会を喜ぶ秋葉達だったが、カークウッドがネルヴァルに占領された事を知る。レオパルドがコロニー本体と接続できない事を知ったエル・スールは、秋葉にレオパルドを立ち直らせるよう命じるのだった。
いろいろ手を尽くしてみるが、レオパルドは一向に立ち直る気配がない。しかし、ほのかからヒントをもらった秋葉は、避難民を集めレオパルドの説得に成功した。安心したのもつかの間そこにクサンチッペが現れ、レオパルドを攻撃するのだった。そこで、避難民と秋葉の願いを乗せて、レオパルドは再びコロニー本体と接続、レオパルドキャノンでクサンチッペを撃退する。ついに自信を取り戻したレオパルドだが、レオパルドルームに入ってきたほのかから、秋葉がアレイダに連れ去られた事を知るのだった。


Mission 19「閉じた迷宮」

2009年5月11日放送

奇襲でベンケイからミラーを取り戻したレオパルド。一方、コロニー内のいつきとブーミンは、ミラーとコロニーのパワーラインをつなぐために移動途中、再び沸いた温泉に入りお互いの身の上話をする。そこへ、突然巨大なタコが出現する。追い詰められるいつき達。そこへレールガンを持った風音が到着し、巨大タコを撃退する。そして、ほのかから秋葉がネルヴァルに誘拐された事を知るのだった。
一方、クサンチッペに収容されていた秋葉とイモちゃんは、整然と並んだ箱人間の群れの中にいた。ブレインコロニーは内部の人間から力を得ており、箱人間は部品の一部だと話すクサンチッペに反論する秋葉。そんな秋葉を箱に閉じ込めようとするクサンチッペ。逃げる途中捕らわれたハコちゃんの箱を見つけ呆然とする。そして、ついに秋葉は箱の中へと閉じこめられてしまうのだった。


Mission 20「白銀の追跡」

2009年5月18日放送

箱に閉じこめられた秋葉は、外へ出る方法も見つからず困惑していた。その頃レオパルドコロニーでは、いつきの目の前でほのかが倒れた。病院に行こうと言ういつきに、目的を遂げるまで行けないとほのかは答える。一方、風音は異星人のステーションを手に入れるためにつつじとベンケイを説得。また、いつきと時雨はカークウッドへ秋葉の捜索へ向かい、ほのかはフォンを迎え入れるため、地球へと向かうのだった。
レオパルドは決戦に備え、獅子堂元老院の遺産が眠るインスマス暗礁へ。その頃、ネルヴァル人間体がウーレからの刺客に狙われていた。暗殺犯人のズァンメン3体をナミとアレイダ、高嶺が追いかける。圧倒的なQTの力と戦闘力でズァンメンを破壊したナミ達は、その首を掲げてネルヴァルの元へ戻ったが、ズァンメンの首が最後の力を振り絞って放つ攻撃に、ナミはその胸を貫かれるのだった。


Mission 21「小さな勇気」

2009年5月25日放送

箱に閉じこめられた秋葉は、イモちゃんの声も聞こえなくなり、次第に居心地の良さを感じるようになる。その頃、つつじとベンケイは風音との取引で『プロキシマの冠』を回収しようと太陽の近くにワープしていた。ふたりは冠の回収に成功するが、つつじが行方不明になってしまう。一方、カークウッドへの潜入を試みていたいつき達は会話の中で、時雨も地球孤児だということを知る。
負傷したナミが目を覚ました場所は『軌道喫茶えにぐま』だった。1階のキッチンでナポリタンを料理するネルヴァル。そこに神楽が入ってきて三人で食事をする。一方、クサンチッペ内部では秋葉が箱の中で自我を失っていく。しかし、イモちゃんとの思い出により自分自身を取り戻すと、コロニーからの脱出を試みる。地球へ向かっていたほのかは高嶺と対峙。ナミも駆けつけ戦いになるがほのかを逃してしまう。その頃、脱出に成功した秋葉とイモちゃんはカークウッドへ向うが、そこに巨大なミサイルが迫る。秋葉を逃がしたイモちゃんは、自らの命を犠牲にしミサイルへと体当たりするのだった。


Mission 22「冥い旅路」

2009年6月1日放送

ネルヴァルの元に、カークウッドを狙ったミサイルは月から発射されたものと報告が届く。そして、粛正のため、ウーレと手を組んだ月へ向かうネルヴァルコロニー。一方、宇宙を漂っていた秋葉はいつき達に回収されるが、そこへクサンチッペが迫ってくる。いつき達と共にカークウッドコロニーへと逃げ込んだ秋葉は、イモちゃんが秋葉を助けるためにミサイルへ飛び込んだことを知るのだった。
泣きじゃくる秋葉を支えながら進んでいた一行は賀統と出会い、箱人間リサイクル工場へと進む。賀統達はそこで、一人でも多くの人を救おうとしていた。箱に心を奪われた人達の姿を見て、打倒ネルヴァルを心に誓ういつき達だったが、そこへ再びクサンチッペが襲いかかってきた。しかし、突然ベンケイがワープしてきてクサンチッペに激突する。高嶺も登場しクサンチッペの攻撃を防ぐと、ベンケイの中に逃げ込んだ秋葉達はワープでその場から逃げ出すのであった。


Mission 23「秘剣、輝く」

2009年6月8日放送

プロキシマの冠とドッキングしたレオパルドの元へ、秋葉達が戻ってきた。風音はネルヴァルの洗脳が解けた高嶺の話から、ナミにアンチQTの力が備わっていたことを知る。イモちゃんを亡くしたショックから立ち直れない秋葉は、レオパルドルームへと向かう。しかし、レオパルドと会うなりいつものように口喧嘩が始まってしまう。そんな時、警報音が鳴り響く。外にはクサンチッペ達が迫っていた。
レオパルドコロニーへ侵入してきたアレイダがイグジステンズを出撃させると、助けたはずの人たちが再び箱人間へと戻っていく。クサンチッペの誘導により、秋葉を捕まえようとする箱人間達。しかし、地球から到着したフォンの持ってきたQTローズがイグジステンズを消し去った。一方、レオパルドは賀統達が探し出した50年前のミラーを装着し、完全に元の姿に戻った。レオパルドは黄金銃を持った秋葉と共にクサンチッペを撃破する。クサンチッペをとらえた一同は、イモちゃんがまだ生きている事を知る。


Mission 24「終末の呼び声」

2009年6月15日放送

イモちゃんが生きていることを知った秋葉は助けに行こうとするが、風音に止められ拘束されてしまう。その頃、イモちゃんは軌道喫茶『えにぐま』の中でネルヴァルとナミに出会っていた。イモちゃんのカークウッドを救うという行動に心を動かされたネルヴァルは、食事を用意し、イモちゃんの話をもっと聞きたいと言うのだった。
その時、部屋の電話が鳴り響きクサンチッペの敗北を知ったネルヴァルは戦いに備えベンケイを呼び戻そうとするが、つつじによって断られてしまう。人のように振る舞っていたことを非難されたネルヴァルは、人間を理解するのは不可能と判断しナミを置いて出て行ってしまう。一方、いつきとほのかは秋葉を拘束部屋から逃がすことに成功するが、風音に発見されてしまう。そこへミラーを返すため、ベンケイがワープしてきた。しかし、様子のおかしいレオパルドはベンケイに攻撃を加え、誰の制止も聞かなくなったレオパルドの前に、ネルヴァルが姿を現した。


Mission 25「黄昏れる神々」

2009年6月22日放送

50年前のミラーを取り付けたレオパルドはその妖刀の力で「プリンス・オブ・ダークネス」と変貌し、ネルヴァルに向けて反物質砲を撃つ。その頃、秋葉はQTアームズでネルヴァルへ、そこに待っていたのはプリマヴェーラを構えたナミだった。攻撃を仕掛けてくるナミに黄金銃を放つ秋葉。倒れるナミからアンチQT波が出る。そして、イグジステンズに命令するが、ナミに目もくれず秋葉の元に集う。戸惑うナミに、心を取り戻した神楽は告げた。「イグジステンズは秋葉のもの」と。ショックを受けたナミは、その場から飛び去って行く。
コロニーに戻った秋葉は『宇宙をかける少女』の意味を知る。ブレインコロニーとの戦いに終止符を打つ存在。その運命を受け入れようとした秋葉だったが、風音の言葉に凍り付く。「レオパルドを殺しなさい」。悩む秋葉は、イモちゃんのことを思い出す。最後まで自分達を守ろうとしてくれたイモちゃんの姿に、秋葉は決意を固める。とその時、コロニーにナミの声が響いた。人類を粛正するという声明と共に、地球に向けて反物質砲が放たれた。人類の敵に回ったレオパルドとナミを止めるべく、秋葉は出撃する。


Mission 26「あしもとに宇宙」

2009年6月29日放送

プリンス・オブ・ダークネスを倒すために向かった秋葉達。コロニー内部への侵入は成功するが、展開された超空間断層により先に進めなくなってしまう。同じ頃、レオパルドの周りにはネルヴァルとベンケイ、クサンチッペが集結していた。風音はネルヴァルに手を組むよう申し出る。一方、神楽はナミと対峙していた。
ベンケイがレオパルドのプロキシマの冠を切り落とすことに成功する。それでもレオパルドは反物質砲の発射準備にはいる。一方、秋葉の元へいつきに連れられてイモちゃんが帰ってきた。二人はQTアームズのリミッターを解除し、レオパルドの元へワープを試みる。レオパルドの元へたどり着いた秋葉。秋葉の言葉がレオパルドに届き、レオパルドは自分を取り戻した。P・O・Dをネルヴァルの中に転送させ、ネルヴァルコロニーごとレオパルドキャノンで破壊する。その影響で秋葉は銀河の彼方へと飛ばされてしまう。秋葉を探しに向う一行。銀河の果てで秋葉とイモちゃんを発見する。皆の笑顔がはじける中、いつき、ほのかと抱き合った秋葉は満面の笑みを浮かべていた。