板垣 龍佑

ウイニング競馬



板垣龍佑


記憶に残るレース
記憶は実況とともに。
98年のメジロドーベルのエリザベス女王杯。
「内からメジロメジロ!内からドーベル差し込んだ!」
ディープインパクトの菊花賞。「手綱を通して血が通う、武豊とディープインパクト!」
そして自分が担当した、タッチミーノットのアメジストS。
「タッチミーノットトットトト~!」ゴールで噛み続けた、忘れ去りたい失敗の記憶です。
好きな競馬場
新潟競馬場。広大で、夏の緑と青空、解放感がたまらないです。
予想で重視すること
データ。調教師や騎手、馬主、血統など、自分なりに毎週統計を取って収集。
が、当たらない上に、データ量が膨大になり過ぎてもはや
どの数字を信じればいいのかわからなくなり、
最近は当日のレースの流れで買っています。
初めて生で見たGIレース
2009年のNHKマイルカップ。
10番人気のジョーカプチーノ、
3連単238万!
競馬の夢の大きさを思い知らされました。
自分が競走馬なら、どんな馬?
調教でびっしり追って気配十分でも、本番で凡走。
次走人気がなくなって、やっと勝てる。
競馬実況の目標
正確な描写だけでなく、
勝負の綾が伝わるような実況を目指しています。
初心者にはわかりやすく、競馬ファンには違和感なく。
精一杯頑張ります。よろしくお願いします。
ページTOPへ