遊☆戯☆王ファイブディーズ

新着情報
ストーリー
キャラクター
スタッフキャスト
次回予告









第27話 「光なき世界 ダークシンクロ 氷結のフィッツジェラルド!」

2008年10月1日放送

スタジアム上空に赤い竜が出現した。赤い竜は遊星とジャックに様々なビジョンを見せる。天空の神殿、祈りを捧げる5人の神官と星竜王。そして、最後は炎の柱になぎ倒されるサテライトの様子だった。サテライトの未来では、と驚愕する遊星に、デュエルの続行を申し入れるジャック。再び、激しいデュエルが始まった。死闘の末、勝利したのは遊星だった。ジャーナリストの取材攻勢を避け、スタジアムを去る遊星達。遊星に逃げられたジャーナリスト達はゴドウィンに質問を集中させる。しかし、巧みにはぐらかすゴドウィン。一方、闇の中では新たな敵が行動を開始するのであった。


第28話 「すべてを呑みこむ闇 不滅のダークシグナー」

2008年10月8日放送

クモの痣を持つ男が遊星の前に現れる。走り出す男の後を追う遊星。男に追いついた遊星は様々な質問を投げかける。男は「闇のデュエルに聞け」とだけ答え、遊星にデュエルを仕掛けてきた。受けて立つ遊星。だが、今までの常識にないデュエルが展開され、苦戦を強いられる。ふたりの様子を物陰からビデオに録画するカーリー。いつの間にか、見えない壁の中に取り込まれている遊星。デュエルが終わるまでその空間から逃れることはできない、と言い放つ男。さらに、何度、相手モンスターを倒してもその度に復活してくる男のデュエルに戸惑う遊星。果てしのないデュエルが延々と続くのであった。


第29話 「迫りくる脅威! ダークシグナー牛尾!?」

2008年10月15日放送

ダークシグナーであったクモ男と遊星のデュエルは終了した。しかし、対戦相手の男はデュエルが終わると、自分自身のことを何も覚えていなかった。 その一部始終を見ていたカーリーだったが、結局は何の確証も得られず、特ダネもものにできなかった。そんな遊星の前に、因縁の相手・牛尾が現れる。訝る周りの人間に対して、遊星は「俺もゴドウィンに話があるところだ」と言い放つ。牛尾に連行されて行く遊星。一方、何の情報も得られないカーリーは編集長に責められる。そんな時、遊星に敗れたジャックの勇姿を収めた映画『ロード・オブ・ザ・キング』の公開がゴドウィンの口から発表された。


第30話 「わが名はクロウ! 飛べブラック・バード」

2008年10月22日放送

腕にクモの痣が浮かんだ牛尾からデュエルを仕掛けられるジャック。ジャックの取材に訪れたカーリーもそのデュエルに巻き込まれてしまう。激しいデュエルを繰り広げた後、牛尾は正気に戻る。デュエルのことを何も覚えてない牛尾。クモ男と同じ現象が起きたことに気付くカーリー。そんな頃、遊星はゴドウィンと対峙していた。ゴドウィンは遊星に真実を伝える、と話す。ゆっくりと語り始めるゴドウィンの話に聞き入る遊星。一方、サテライトではクロウが倉庫の物品を漁っていた。セキュリティに発見されるクロウ。セキュリティたちに追い詰められたクロウは彼らとデュエルを始めるのだった。


第31話 「故郷と仲間 再会のタッグ・ライディング!」

2008年10月29日放送

迫るセキュリティをかわすクロウ。その頃、遊星はゴドウィンからシグナーとダークシグナーとの5000年前からの深い因縁を聞かされていた。さらには、17年前の第1号モーメントの制御に失敗したことにまで話が及ぶ。釈然としないままゴドウィンの元を去る遊星。そんな遊星の前にクロウが姿を現す。 クロウとの再会を喜ぶ遊星。早速、ふたりでDホイールを駆って街を疾走する。その時、クロウからサテライトの奥で不穏な動きがあることを聞かされる遊星。 自らのアジトへ戻ると、ラリーやブリッツといった懐かしい顔が遊星を出迎える。そんな再会を喜ぶ間もなくセキュリティ達がやってくる。


第32話 「自由の象徴 ダイダロスブリッジ」

2008年11月5日放送

遊星とクロウがタッグを組み、セキュリティとの激しいデュエルが続く。やがて、セキュリティの攻撃をかわす遊星とクロウ。一方、ジャックは過去を振り返りつつ、それとは決別し、何かを強く決意する。サテライトを貫く巨大な地割れにかかった吊り橋を行くブリッツ達。その視線の先にはダイダロスブリッ ジが見える。さらに、進み遊星との待ち合わせ場所であるバラック街に達する一同。誰もいないことを訝る雑賀。その時、爆音が響き、遊星とクロウが現れる。 さらに、周囲から大勢の子供が現れる。子供達にせがまれて昔話を始めるクロウ。その話はダイダロスブリッジにまつわるものだった。


第33話 「復讐の劫火! かつての友 鬼柳京介」

2008年11月12日放送

遊星はダークシグナーとの戦いに挑もうとしていた。しかし、そんな遊星の行動に気付いたクロウは同行を申し出る。仕方なく共に出発する。一方、 カーリーの質問責めにあい、思わずジャックが口にしたのは、遊星の生い立ちであった。遊星の両親はモーメント技術の基礎を築いたエリートだった。その頃、 遊星とクロウの前に姿を現したのはかつての仲間・鬼柳京介だった。訝るふたりに構わず、鬼柳は遊星を黄泉の底へ叩き込む、と宣言する。そんな様子を見守るジャックとゴドウィン。そんなジャックの口から、遊星とクロウ、鬼柳、ジャックはかつて唯一、無二の親友だったことが語られる。


第34話 「ダークシンクロ! いでよ ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」

2008年11月19日

クロウは思い出す。かつて遊星、クロウ、ジャック、そして鬼柳が"チーム・サティスファクション"だった頃を。そんな思いとは別に、シグナーとダークシグナーの命をかけた戦いを遊星に仕掛けてくる鬼柳だった。遊星と鬼柳、以前は仲間だった者同士の戦いは熾烈を極めた。お互いに手の内を知り尽くし た者同士のデュエルは果てしがなく続く。一方的に、過去の遊星の過ちを非難する鬼柳。それに対し、自らの立場を説明しようとする遊星。だが、意固地になっている鬼柳に遊星の言葉は届かない。平行線をたどるふたりのデュエル。お互いの秘蔵のカードをかけてのデュエルが繰り広げられて行く。


第35話 「戦慄! 地縛神コカパク・アプ」

2008年11月26日放送

熾烈なデュエルが繰り広げられる中、かつての思いが交錯する。遊星とクロウ、ジャック、鬼柳が共に力を合わせてサテライトのトップにのし上がろうとしていたあの頃のことを。お互いがお互いのことを信じ、思いやりながら助け合い、協力しあい生きたあの頃を。その時の鬼柳を信じて戦う遊星。だが、そんな遊星の思いは鬼柳には全く通じなかった。激しいデュエルは続く。そんなふたりのデュエルをアキが、龍可が、ゴドウィンらが見つめる。さらに、苛烈なデュエルが続く。そんな中"スターダストドラゴン"を召喚する遊星に対し、鬼柳の攻撃は一層の激しさを増すのであった。


第36話 「勇気と力をドッキング! シンクロ召喚!パワー・ツール・ドラゴン」

2008年12月3日放送

鬼柳とのデュエルは熾烈を極めた。結果、深い傷を負った遊星はクロウらに助けられ、マーサのところへ担ぎ込まれることに。しかし、その行く手には浮浪者が大勢いる危険な場所を突破しなければならなかった。危険を回避し、遊星をマーサのところへ運び込んだクロウ達。緊急手術の末、一命を取り留める遊星。その頃、龍亞と龍可の家へやってきた氷室と矢薙。遊星がダークシグナーとの戦いを始めたのではないかと心配する一同。シグナーは全て仲間という考えのもと、十六夜アキに助力を求めては、という龍亞の提案に氷室らも賛成し、アキのいるアルカディアムーブメントヘ向かう。


第37話 「潜入!アルカディアムーブメント 私のターンなんだから!」

2008年12月10日放送

アルカディアムーブメントにやってきた龍亞達の応対にでたディヴァインの態度は紳士的なものであり、龍亞の要求であるアキの助力をあっさりと認めた。しかし、それは罠であった。龍可がシグナーであることに目をつけたディヴァインは龍亞にもその力があるのではないか、とその力をデュエルを仕掛けることで試す。しかし、結果はディヴァインの望むものではなかった。一方、ジャックに去られたカーリーはその落ち込みが激しかった。回復に向かっている遊星ではあったが、鬼柳の強さに脅威を感じるのであった。そんな頃、ジャックは新生ホイールオブフォーチュンを手に入れる。


第38話 「蘇りし魂 燃えさかる新たなるジオグリフ」

2008年12月17日放送

資料を調べていたカーリーは、その中にミスティの名前を見つける。早速、ミスティに会いに行くカーリー。しかし、弟をアキに殺された、というミスティはアルカディアムーブメントには近付くな、とカーリーに忠告する。しかし、カーリーはその忠告を無視し、アルカディアムーブメントに潜入する。呆気なくディヴァインに見つけられ、デュエルを仕掛けられ、敗北するカーリー。だが、D・カーリーとなって復活し、ディヴァインに闇のデュエルを挑むのであった。今度は逆に、D・カーリーの熾烈なデュエルにディヴァインが苦戦する。


第39話 「降臨! 2体の地縛神」

2008年12月24日放送

D・カーリーとディヴァインがデュエルを繰り広げる一方、D・ミスティとなった彼女は、アキにデュエルを挑む。ふたつのデュエルは、童実野シティ全体に影響を及ぼすエネルギーを放つ。訝る遊星、ジャック、ゴドウィンら。そして、そのエネルギーに導かれるように、氷室やジャックらがアルカディアムーブメントビルに集まってくる。そのデュエルの激しさに唖然とする一同。やがて、D・ミスティは地縛神"コカライア"を召喚する。同時に、4人のシグナー達の痣が一斉に疼く。巨大な心臓が空に浮かび次々と人魂を飲み込んで行く。