新着情報 ストーリー キャラクター スタッフ・キャスト 次回予告 これまでのお話 今日の最強カード
これまでのお話
トップへ戻る

第40話「H・E・R・O(エイチ イーアールオー)フラッシュ!」
2005年7月6日放送

セブンスターズの次なる刺客はアビドス3世。古代エジプトで無敗をほこった「デュエルの神」と呼ばれた少年王だ。そして開始される十代VSアビドス3世の決闘。その勝負はほぼ互角のため、十代はアビドスに「お前は本当は弱いだろう」と言う。いっぽうのアビドスは、初めて決闘の手ごたえを感じていて、うれしくなっていた。場に3つの棺をそろえたアビドスは、「スピリッツ・オブ・ファラオ」を召喚し、同時に4体のシモベで脇を固める。だが十代も、反撃にそなえ大きな布石を打っていて…。

第41話「闇の闘牛場(ダーク・アリーナ)発動!
     明日香VSタイタン」
2005年7月13日放送

記憶がもどらない兄の看病をつづける明日香。そして明日香は、兄の記憶をかけてタイタンと決闘する。タイタンは以前のインチキ決闘者ではなく、真の闇のデュエリストになっていた。タイタンは「デーモン・マタドール」系モンスターと、「闇の闘牛場~ダーク・アリーナ」で明日香を暗闇に誘い、優勢に立つ。明日香の「サイバー・ブレイダー」は、暗闇で攻撃対象を選べず、マタドールに破壊されてしまうが…。

第42話「学園祭デュエル!ブラマジガール乱入」
2005年7月20日放送

学園祭でコスプレデュエル大会が開催された。明日香がハーピィレディに、万丈目はXYZドラゴンに扮装。そして十代とのデュエルに、ブラックマジシャンガールに扮した謎の美少女が立候補する。十代VSブラマジガールの決闘。ブラマジガールのかわいくて、意外(?)に強力なデッキから、「マジシャンズ・ヴァルキリア」、「ブラマジガール」などが召喚され、十代は押されることに。これほどの実力を持つ少女は、アカデミアにはいないはずだったが…。

第43話「明日香にセカンド・ラブ・チャンス!?」
2005年7月27日放送

ギャンブル界で成功した青年・ボーイが、アカデミアに乗りこみ、自分をセブンスターズとの対戦メンバーにしろと売りこんできた。そこで、以前から彼を知っている明日香が、ボーイに決闘を申しこむ。ボーイの戦術は、コインの表裏を当ててデュエルをリードするギャンブルデッキだ。彼は「セカンドチャンス」で2回のコイントスをし、確実に表裏を当てていく。しかし明日香は、幼少期からボーイの弱点を見ぬいていて…。

第44話「7人目の影」
2005年8月3日放送

消えてしまった大徳寺先生。セブンスターズに負けていないか心配になった十代たちは、大徳寺をさがして黒い森に入っていく。いっぽう、明日香は消えた吹雪を追って、最後のセブンスターズである謎のデュエリストと決闘。だが、圧倒的な力の差で負けてしまう。万丈目も大徳寺の手がかりを追って謎のデュエリストにたどり着くが、決闘して負けてしまった。大徳寺は無事なのか? そしてこの謎のデュエリストの正体は…?

第45話「VSアムナエル!E(エレメンタル)ヒーロー絶対封じ」
2005年8月10日放送

七精門の6つの鍵が開いた。廃寮に行き、大徳寺のミイラ死体を見つける十代。そして、最後のセブンスターズ「アムナエル」があらわれる。十代VSアムナエルの決闘。アムナエルは錬金術の考え方をベースにしたデッキだ。十代は、いろいろな種類の属性のEヒーローで攻撃するたびに、永続罠「エレメンタル・アブソーバー」に無効化される。さらに錬金釜「カオス・ディスティル」から次々とモンスターがあらわれ、ダイレクトアタックをしかけてきて…。

第46話「地水炎風(ちすいえんふう)融合!エリクシーラー」
2005年8月17日放送

アムナエルは大徳寺であり、ミイラ死体もまた大徳寺であった。このすがたは錬金術の力で人形に魂を入れた人造人間だと告白するアムナエル。そして彼は、「永続罠マクロコスモス」、「原始太陽ヘリオス」、「双子の太陽」などを使い、舞台を太陽系宇宙に変える。構成する惑星には、明日香、万丈目、吹雪が閉じこめられていた。惑星直列の攻撃を受ける十代。そして、ついに三つ子の太陽(攻撃力3900)があらわれ…。

第47話「明日香VS万丈目!サイバー・エンジェルー弁天ー」
2005年8月24日放送

明日香への恋心がおさえられなくなる万丈目。そして彼は吹雪にそそのかされて、七精門の鍵を盗み出し、明日香にデュエルを強要する。万丈目VS明日香の恋を賭けた決闘。万丈目は「恋文」「秘めた思い」のカードを使いつつ、勝手に恋の誇大妄想をする。さらに、「おジャマトークン」と「おジャマキング」で明日香のモンスター召喚を封じて勝利をつかみかけるが、「恋に勝つこと」を優先してしまい、チャンスを逃すのだった。そして明日香は、「サイバーエンジェル」で逆転をねらい…。

第48話「VS影丸(前編)2つの幻魔」
2005年8月31日放送

理事長の影丸老人が七精門の鍵をうばい、「三幻魔」のカードを手中にした。そしてはじまる十代VS影丸老人の決闘。影丸は第1の幻魔「神炎皇ウリア」を召喚する。攻撃力は墓地の罠カードの数×1000で、相手の罠をはね返す。ウリアをやぶる十代だったが、そのたびに簡単に復活してくるのだった。

第49話「VS影丸(後編)三幻魔覚醒」
2005年9月7日放送

十代VS影丸の決闘はつづく。十代に立ちはだかる2体の幻魔の攻撃力は5000と4000。さらに第3の幻魔「幻魔皇ラビエル」(攻撃力4000)も召喚される。影丸の狙いは十代をも取りこんで、デュエルモンスターから永遠の生命を得ること。十代はLPが600に下がってしまうが…。

第50話「隼人VSクロノス!エアーズロックサンライズ」
2005年9月14日放送

絵がうまい隼人は、I2社のカードデザインコンテストで優勝する。だが、クロノス教諭との試験デュエルに勝たなければ、希望するカードデザイナーにはなれないという。そしてはじまる隼人VSクロノスの決闘。プレイミスのない隼人は、クロノスのアンティークギア系カードと互角の勝負をするが、しだいに「アンティークギアゴーレム」に圧倒されてしまい……。

第51話「VSカイザー(前編)
     パワー・ボンド×(アンド)サイバーエンド」
2005年9月21日放送

学園トップのカイザー亮は、卒業記念の模範デュエルの対戦相手に十代を指名する。そしてはじまる十代VSカイザー亮のデュエル。気負った十代は、普段よりも慎重になり、「サイバーエンドドラゴン」と「パワーボンド」のコンボをふせごうとする。だがカイザーは、1ターン目から「サイバーエンドドラゴン」を融合召喚し…。

第52話「VSカイザー(後編)ファイナル・フュージョン」
2005年9月28日放送

十代とカイザー亮のデュエル。十代は、強化した「サイバーエンドドラゴン」の猛攻をLP100で食い止める。そして空腹の十代は、オニギリを食べて、本来の自分らしさを取りもどした。地水炎風の4属性の「Eヒーロー」をそろえて、ワナカードでカイザーのフィールドをとりのぞく十代。だがカイザーは、ふたたび強化サイバーエンドを召喚し…。