新着情報 ストーリー キャラクター スタッフ・キャスト 次回予告 これまでのお話 今日の最強カード
これまでのお話
トップへ戻る

第66話「十代初夢デュエル!」
2006年1月4日放送

森で迷子になった十代は、空腹のためにうすれていく意識の中で、今までのデュエルを思い出していた。入学試験で、クロノス教諭の「アンティーク・ギア・ゴーレム」を「フレイムウィングマン」で打ちやぶったこと。入学直後、ブルー寮のエリートだった万丈目の「XYVWZドラゴンキャノン」と戦ったこと。アカデミアの代表権をかけて三沢の7番目のデッキと戦ったこと。そして、カイザー亮の「サイバーエンドドラゴン」の前にはじめて負けたこと…。

第67話「VSエド(前編) 新たな力! アクア・ネオス」
2006年1月11日放送

ひさしぶりに帰ってきた十代は、レッド寮の廃止をかけて、エドと戦うことに。エドのくり出すDヒーローは、やはり強力。いっぽうの十代は、前回の敗北から完全に立ち直り、宇宙の波動をキャッチして進化するという「ネオス」デッキで戦うとやる気満々だったが…。

第68話「VSエド(後編)炎のフレア・ネオス」
2006年1月18日放送

十代VSエドのデュエルはつづいていた。ネオスデッキをつかいこなせていない十代は、Dヒーローの直接攻撃にさらされてLP=200のピンチになる。だがネオスデッキから「エア・ハミングバード」をつかってライフを大きく回復させ、「フレア・スカラベ」を攻撃力を上げて召喚。さらに、フィールド魔法の新たなる空間「ネオスペース」の中で、「Eヒーロー・ネオス」(攻撃力2500)とコンタクトさせて、「フレア・ネオス」を召喚するが…。

第69話「クロノスVSナポレオン!トイソルジャーの行進」
2006年1月25日放送

レッド寮廃止をめぐり、クロノス臨時校長とナポレオン教頭がぶつかることに。そして、教諭同士のデュエルがはじまった。ナポレオンの軍隊デッキからあらわれたのは3体の「トイ・ソルジャー」。魔法カード「強行軍」「鼓笛隊」によって、クロノスに大ダメージをあたえる。すると、鉄球が打ちこまれて、レッド寮がこわされはじめた。いっぽう、クロノスが「アンティークギア」モンスターで反撃をすると、大工がレッド寮をなおしはじめ…。

第70話「明日香VS万丈目ホワイトサンダー!」
2006年2月1日放送

ブルーの生徒をつぎつぎとたおした万丈目は、ブルー寮を白くそめるという奇妙な行動をとり、斎王がひきいる「光の結社」こそが学園をおさめるべきだと言う。それを止めるため、明日香はデュエルにのぞむ。万丈目の永続魔法「ヘルズ・ホワイト」は、自分の手札をすべて見せてプレーするかわりに、相手に600のダメージをあたえるというもの。その戦術に、明日香はペースをみだされる。

第71話「VSゲームチャンプ!巨大戦艦テトラン発進」
2006年2月8日放送

白の結社から、シューティングゲームの覇者・銀流星が刺客として送られてきた。そして、宇宙戦艦さながらのデュエルシステムで、十代と銀のデュエルがはじまった。銀の「巨大戦艦テトラン」は、3重のシールドがはりめぐらされ、なかなかこわすことができない。さらに銀は、永続魔法「ボスラッシュ」で、「クリスタル・コア」、「ビッグ・コア」といった巨大戦艦をたえまなく召喚してきて…。

第72話「デッキ破壊を破壊せよ」
2006年2月15日放送

白の結社から強豪プロデュエリスト・エックスが送りこまれてきた。そして、十代とデュエルすることに。エックスの戦法は「デッキ破壊」。その独特の戦法には、初対戦で勝つことはむずかしい。そして十代は、大量のカードを墓地に送られて、ピンチになる。一時は「グローモス」で反撃に出るかに見えたが、それもエックスにかわされてしまい…。

第73話「剣山VS斎王!恐竜DNAだドン」
2006年2月22日放送

タロットで見通した「なびかぬ力」をたしかめるためにアカデミアにのりこんだ斎王は、ティラノ剣山にデュエルをしかける。斎王のタロットデッキは、カードの「正位置」「逆位置」で運命が反転する。剣山は恐竜デッキで対抗し、一時はリードしたかに見えたが、斎王はそれすらも見通していたようで…。

第74話「黄泉ガエル!イキカエル!デスガエル!」
2006年3月1日放送

修学旅行の行き先を決めるため、十代は斎王たちの代表の少女ローズとデュエルすることになった。彼女のデッキはカエルデッキだ。序盤から「悪魂邪苦止(おたまじゃくし)」を墓地にためて、3体の「デスガエル」(攻撃力1900)を召喚したローズ。さらに、魔法カード「死の合唱」でモンスターを全滅させられた十代は、ダイレクトアタックを決められ、かなりのダメージをうけることに…。

第75話「修学旅行タッグデュエル」
2006年3月8日放送

アカデミアの生徒一行は修学旅行で童実野町にやって来た。そこは、武藤遊戯や海馬瀬人の出身地でもあるデュエルの聖地だ。十代たちは、武藤遊戯の生家をたずねて、双六じいさんに出会うのだった。ところがその後、双六がさらわれてしまった。追っていた翔と剣山は、光の結社の2人の刺客、雷丸と氷丸のコンビにタッグデェエルをしかけられるが…。

第76話「究極合体!レックスユニオン」
2006年3月15日放送

翔&剣山VS雷丸&氷丸のタッグデュエルはつづく。仲が悪い雷丸と氷丸だったが、その実力は強力で、翔と剣山のLPは早くも1000を切ってしまっていた。剣山の恐竜モンスターは、氷丸の氷デッキと相性が悪く、また翔の乗り物モンスターは、雷丸の魔法「システムダウン」「暴走コンデンサー」に動きを封じられる。ピンチにおちいる翔たちは、口ゲンカをするが…。

第77話「恐怖の四帝!デミウルゴス・EMA(エマ)」
2006年3月22日放送

斎王の妹・美寿知(みずち)に戦力外通告をされた岩丸は、十代をたおそうと必死になる。ところが、かんじんの十代の顔がわからない。とほうにくれた岩丸は、レッド寮のキャンプに合流することに。そこで、おたがいに正体を知らない十代と岩丸は、仲良くなるのだった。だが、いざ友好的にデュエルをしようとした時、2人はたがいが憎むべき存在であることを知るのだった…。

第78話「最強タッグ!? 十代&エド(前編)」
2006年3月29日放送

美寿知のみちびきでバーチャル空間に入る十代とエド。そして、十代&エドVS美寿知の変則タッグデュエルがはじまる。美寿知は「鏡」を使い、自分をもうひとり出現させる。いっぽう十代&エドは、翔たちをすくいたい十代、ナンバー1であることを証明したいエドと、2人の考えていることがちがうため、連携(れんけい)プレーもうまくいかない。そして、美寿知の「聖なる結界−ミラーバインド」は合わせ鏡のようにモンスターを無限にうつし出し、十代たちのモンスターを破壊するのだった。