バックナンバー

2015年9月12日(土)放送
西亜里沙

和太鼓集団「DRUM TAO(ドラム タオ)」。和太鼓を現代的にアレンジした演奏と、鍛えられあげた身体を使った躍動的なパフォーマンスが国内外で高く評価されている。この集団の4代目リーダーを務めるのが、西亜里沙(37歳)。
阿蘇くじゅう高原を拠点に活動するTAOは、メンバー全員が同じ施設で共同生活を送り、練習はもちろん食事や洗濯など身の回りのことも全て自分たちで行っている。
結成22年目を迎えた今年、TAOは初めて演出家を招いて公演をすることになった。これまでの演奏・パフォーマンスに、ミュージカル演出家・宮本亜門が加わることで舞台はどう変化するのか?そこで待っていたのは数々の苦難と葛藤・・・。リーダーとして立ち向かっていく西亜里沙に密着した。

彼女は、どんな道を歩んでいくのだろう…。

普段の西は、メンバーたちのお姉さん的存在として、おっとりとした笑顔で和気あいあいとしているが、ひとたび太鼓のバチを握ると、その表情は一変。力強いのにどこか色香が漂う、これまでの和太鼓の概念を覆したTAOの絶対リーダーになる。
今年、TAOは新しい舞台に挑戦する。それは宮本亜門とともに挑む、世界初の和太鼓とミュージカルのコラボレーション。今までとは違うストーリー仕立ての演出に戸惑いながらも、稽古に邁進する日々を追った。

ページのトップへ