1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学

社会貢献

  1. 次世代育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14.   
    15. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    16.   
    17. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    18. 校外学習、海を渡る
    19. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    20. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    21. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    22. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    23. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    24. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    25. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    26. オンリーワン体験スクール2013春
    27. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    28. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    29. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    30. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    31. インターンシップへの協力
    32. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    33. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    34. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    35. 高校の先生が校外学習を体験
    36. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    37. 留学生が校外学習
    38. 教員の企業研修に協力
    39. 夏休みオンリーワン体験スクール
    40. 筑波大附属高校
    41. 歌津中学、西巣鴨中学
    42. 福島県相馬高校
    43. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学(2014年7月17日実施)

先日、大宮ろう学園の生徒さんがテレビ東京の校外学習のため、来社してくれました。
校外学習で聴覚に障がいを持つ方を受け入れるのは初めてだったため、先生に事前の下見に来ていただきました。
どのように実施したらよいか少しとまどいがあったので、先生に聞いてみたところ、「いつも通りやってくだされば大丈夫です」とのことでした。

<実施当日>

実施当日は先生が手話で“同時通訳”をしてくれたため、いつも通りに順調に進みました。

先生が手話で同時通訳

<手話でキャスター体験>

ニュースの生放送直前のスタジオで放送用の原稿を読む“キャスター体験”は、来訪者に大変人気のメニューです。 しかし、特別な準備を何もしていなかったため「どうしようかな」と思っていたら、なんとキャスター席に座った生徒さんが、手話で原稿をすらすらと読み始めました。

手話でキャスター体験

よく見ると、アナウンサーの手元にある原稿を正面のモニターに映し出す“プロンプター”というシステムを活用していたのです。

プロンプターを活用

プロンプターにはこんなふうに原稿が映し出されます。

プロンプターの画面

生徒さんにとっては目の前に映し出されている原稿を自然に読んでみただけだったのかもしれませんが、初めてのことでもさらりとこなしていく、柔軟さに驚かされました。

そして、ニュースカメラ室では、実際にカメラを肩で担ぐなどカメラマン体験にも挑戦しました。



<字幕制作の現場に潜入!>

カメラ体験を終えて生徒たちが向かったのは・・・

テレビ東京グループの字幕制作を担っているテレビ東京コマーシャル・字幕制作事業部です。
テレビ東京の校外学習は訪れる生徒さんの関心に応じ、毎回プログラムをカスタマイズしていますが、ここを訪れるのは初めてです。

このセクションの責任者の方が、一つの番組をいくつものパートに分けて複数の社員で分担して字幕を作っていることや、約35名の社員がシフトを組んでいることなど、字幕制作の過程について具体的に説明をしました。

責任者による説明

一つの番組をいくつものパートに分けて字幕を制作

<8秒の壁>

その後、実際に字幕を打っている担当者も交えて、生徒さんからの質問を受けました。

生徒さんたちからは「ニュースを見ていると、コマーシャルのところで突然、字幕がなくなってしまい、ニュースのナレーションの最後の部分の内容がわからない。どうしてこうなってしまうのか?」という質問が出ました。

ニュースは実際のOAを見ながらリアルタイムで字幕を打っているので、8秒程度の遅れが出てしまい、どうしても最後の部分が切れてしまうそうです。

字幕制作担当者との意見交換

<職人技のリレー打ち>

ニュースの生放送の字幕制作を別の機会に見てみました。 そこでは4人の入力者がリアルタイムで順番にコメント入力する「リレー打ち」という方法で字幕を制作していました。

4人の担当者が“リレー打ち”

「OAまで3秒前!」

耳で聞き取ったアナウンサーのコメントを前の人がどこまで打ち込むのかを予測して、次の人がその続きのコメントを打ち込みます。

4人が「あうんの呼吸」でリレーしていく手法で、見ている方も緊張するような職人技でした。 ここまでやっても8秒程の遅れはどうしても出てしまうのです。


終わってみると「もっとプログラムに工夫する余地があった」と反省する部分も多かったのですが、 字幕制作の現場を実際に見てもらい担当者と意見交換をしてもらえたことは、今後の字幕制作にとっても有意義なことで、 大宮ろう学園の皆さんの訪問は私たちにとって、とても刺激的な体験となりました。

このページの先頭へ