1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. 次世代育成
  4. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施

社会貢献

  1. 次世代育成
    1. キャリア大学「報道と制作の現場を体験する」
    2. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    3. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    4. 文科省から「校外学習」に表彰状
    5. クエストカップ2016 全国大会
    6. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    7. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    8. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    9. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    10. NY支局でスタジオ体験を実施
    11. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    12. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    13. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    14.   
    15. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    16.   
    17. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    18. 校外学習、海を渡る
    19. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    20. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    21. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    22. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    23. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    24. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    25. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    26. オンリーワン体験スクール2013春
    27. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    28. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    29. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    30. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    31. インターンシップへの協力
    32. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    33. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    34. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    35. 高校の先生が校外学習を体験
    36. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    37. 留学生が校外学習
    38. 教員の企業研修に協力
    39. 夏休みオンリーワン体験スクール
    40. 筑波大附属高校
    41. 歌津中学、西巣鴨中学
    42. 福島県相馬高校
    43. びっくり!カイシャ見学
  2. TXNチャリティ募金
  3. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    3. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    4. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    5. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    6. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    7. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    8. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    9. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    10. 「舟を編む」チャリティー試写会
    11. チャリティーマルシェを開催
    12. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    13. カレンダーのリサイクル
    14. エコプロダクツに参加
    15. 社内勉強会
    16. 河北新報で報奨金を寄付
    17. ペットボトルキャップのリサイクル
    18. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
    19. 寄付付き自動販売機
    20. 非常食で国際貢献
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

次世代育成

大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施(2014年8月4日実施)

テレビ東京では、学生たちが様々な仕事の現場を体験することで、将来やりたいことを見つけ、目的意識を持って勉強や就職活動に臨めるよう、2013年から「キャリア大学」にプログラム提供しています。
今年は1200名近い学生から応募があり、抽選で34名が参加。昨年に引き続き『ワールドビジネスサテライト』の番組づくりを中心に、スタジオ見学や動画配信事業の担当者との意見交換など、充実した一日となりました。

プログラム概要

1時限目

報道番組はどうやってつくられるか (講師:総務人事局CSR担当者)

  • ニュース番組の作り方
  • ニュース番組制作フロア、スタジオ等の見学
2時限目
3時限目

『ワールドビジネスサテライト』番組づくり体験
(講師:報道局ニュースセンター プロデューサー 名倉幸治)

  • 番組概要説明
  • 特集の企画づくりを体験
4時限目

『ワールドビジネスサテライト』のデジタル戦略
(講師:報道局ニュースセンター長 大信田雅二、コンテンツビジネス局 和田佳恵)

  • SNS展開や動画配信事業について
  • 今後の事業展開についてアイディアだし

1時限目 報道番組はどうやってつくられるか

最初にDVD「ニュース番組の作り方」で番組制作の流れを学び、その後、実際にニュース番組制作フロアやスタジオ、サブコントロールルーム、中継車などを見学しました。

実際に使用されているニューススタジオを見学

実際に使用されているニューススタジオを見学

事件・事故などのニュースで活躍する中継車を見学

事件・事故などのニュースで活躍する中継車を見学

2・3時限目 『ワールドビジネスサテライト』番組づくり体験(講師:名倉幸治プロデューサー)

午後は、プロデューサーから番組概要や特集づくりのポイントなどの説明を受けた後、グループごとに分かれて特集の企画づくりに挑戦しました。

テーマ「日本は人手不足をどう乗り切るか」

背景:アベノミクスによる日本経済の「復活」などが契機となり、建設、サービス、流通など様々な現場で人手が確保できずに業務に支障が生じるケースが頻発している。人口減少に向かう日本にとって人手不足が成長の足かせになりかねない。この状況をどう乗り込えればいいか。これから社会に出る学生ならではの視点で特集をつくってください。

グループごとに企画について考える

グループごとに企画について考える

社員からも様々なアドバイス

社員からも様々なアドバイス

とても難しい内容でしたが、最先端のロボット産業や、農業や伝統産業という従来から人手不足に悩む分野での取り組みに注目したグループ、就職人気企業と人が離れる企業を比較し共通項を探ろうとしたグループなど、学生たちは“自分につながる”という視点でアプローチを模索しました。

“自分につながる”視点でテーマを検討

“自分につながる”視点でテーマを検討

出来上がった特集企画案を模造紙にまとめた

出来上がった特集企画案を模造紙にまとめた

その後、グループごとに企画内容を発表し、プロデューサーから講評を受けました。
よかった点、足りなかった点や掘り下げ方に対するアドバイス等、実際に数多くの特集を見ているプロデューサーの生コメントは、学生たちにとって大きな励みになったようでした。

グループごとに企画案を発表

グループごとに企画案を発表

それぞれの企画案に対し講評する名倉幸治プロデューサー

それぞれの企画案に対し講評する
名倉幸治プロデューサー

4時限目 『ワールドビジネスサテライト』のデジタル戦略
(講師:報道局ニュースセンター長 大信田雅二、コンテンツビジネス局 和田佳恵)

3時限目までは“番組コンテンツづくり”についての授業でしたが、4時限目は“放送外収入”と呼ばれるテレビ局のビジネス展開について、『ワールドビジネスサテライト』を事例に説明しました。

報道局の大信田雅二さんからは番組のSNS展開について説明

報道局の大信田雅二さんからは
番組のSNS展開について説明

コンテンツビジネス局の和田佳恵さんからは「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の事業を説明

コンテンツビジネス局の和田佳恵さんからは
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の事業を説明

その後、動画配信事業「テレビ東京ビジネスオンデマンド」を、もっと多くの大学生に見てもらえるようにするためにはどうすればいいか、グループごとにアイディアを考えてもらいました。

タブレットで実際にサイトにアクセス

タブレットで実際にサイトにアクセス

大学生が使いやすいアイディアや意見を発表

大学生が使いやすいアイディアや意見を発表

短い時間でしたが、学生がアクセスするポータルサイトとの連動や、英語学習、大学との連動など、学生ならではのアイディアが出されました。

* * *

校外学習

昨年から始めたキャリア大学での授業ですが、参加する学生も、実施する私たちも真剣です。
今年もいくつかの課題を残しましたが、よりよいものを目指し、何より長く継続することを目指し、来年以降も取り組んでいきたいと思っています。

このページの先頭へ