1. ホーム
  2. 社会貢献
  3. その他
  4. 放送・制作現場での取り組み

社会貢献

  1. 次世代育成
    1. 新本社プレゼンルームでキャリア大学開催
    2. 被災地で作られている「杜のお菓子」
    3. 文科省から「校外学習」に表彰状
    4. クエストカップ2016 全国大会
    5. 「キャリア大学アワード2015」総合部門第2位&ベストレクチャー賞 ダブル受賞!
    6. 「オンリーワン体験スクール2015夏」テレビ東京で開催!
    7. 「キャリア大学」今年も授業開講!
      ~報道ワークショップで熱気溢れる~
    8. 雲南省少数民族の高校生が校外学習に!
    9. NY支局でスタジオ体験を実施
    10. 大学生向け講座「テレビはもっとおもしろくなる!~ワクワクする番組や企画書のつくりかた」を実施
    11. 「ニュースの現場を体験!」講座を実施
    12. 夏休み!子供たちだけで創る「ダンスフェスティバル」をお手伝い!
    13.   
    14. 大学生向けに「ワールドビジネスサテライト 体験講座」を実施
    15.   
    16. ろう学園の生徒が字幕放送制作を見学
    17. 校外学習、海を渡る
    18. オンリーワン体験スクール2014春 開催報告
    19. ナナナも初出動!世田谷区の小学校で出前授業
    20. 「キャリア大学アワード」で総合部門第3位を受賞
    21. 2013テレビ東京インターンシップご報告
    22. 大学1年生対象に「報道の現場を知る」キャリア大学講座を実施
    23. インテリアデザイナー建築家の卵がテレビ美術セットを見学
    24. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    25. オンリーワン体験スクール2013春
    26. 専門学校生がスタジオで実技体験!
    27. 「ペット大行進!」プロデューサーによる講義
    28. バラエティー番組プロデューサーの職業講話
    29. テレビ局パビリオン
      「ピラメキッザニア」
    30. インターンシップへの協力
    31. 出張授業でアニメのプロデューサーが仕事体験をお話し
    32. 出前授業「働く人の話を聞く会」
    33. プロ用機材で… 出張「カメラ体験」
    34. 高校の先生が校外学習を体験
    35. 出前授業「職業人に話を聞く会」
    36. 留学生が校外学習
    37. 教員の企業研修に協力
    38. 夏休みオンリーワン体験スクール
    39. 筑波大附属高校
    40. 歌津中学、西巣鴨中学
    41. 福島県相馬高校
    42. びっくり!カイシャ見学
  2. 寄付支援活動
    1. 災害備蓄品を寄付しました(2014年12月4日)
    2. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    3. 買って応援!食べて応援!チャリティマルシェ開催
    4. ペットボトルキャップのリサイクル
    5. 株主総会のお土産で被災地の障がい者を支援
    6. 寄付付き自動販売機を設置 ~ 日本赤十字社に寄付
    7. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    8. 「舟を編む」チャリティー試写会
    9. チャリティーマルシェを開催
    10. クラシック音楽で東日本大震災復興支援
    11. カレンダーのリサイクル
    12. 河北新報で報奨金を寄付
    13. 寄付付き自動販売機
    14. 非常食で国際貢献
  3. TXNチャリティ募金
  4. その他の社会貢献
    1. 放送・制作現場での取り組み
    2. オリジナル“取材手帳” 完成!!
    3. テレビ局の宣伝・PRについて体験講座
    4. エコプロダクツに参加
    5. 社内勉強会
    6. 中国のメディア関係者にアニメ事業の講義
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

その他の社会貢献

放送・制作現場での取り組み

より良質な番組をめざして
番組づくりにメリットをもたらすファイル化への取り組み

テレビ東京では、取材・収録からOA、アーカイブなどの二次利用に至るワークフローのファイルベース化を進めています。テープベースからファイルベースへの移行によって、映像制作における作業効率や編集のクオリティーを向上。より良質な番組づくりをめざしていきます。

より安心・安全な映像を届ける体制

長年にわたり、国内の放送業界ではテープベースのワークフローが主流でした。ところが近年は国内外への番組販売やDVD販売、ネット配信といった番組の二次利用の需要が拡大。それに伴い、使いやすいデータが求められるようになりました。また、コンピューター技術の進化により誰もが容易にデータを扱えるようになり、現在は業界全体でファイルベースへの切り替えが進んでいます。
テレビ東京では報道局を皮切りに、2014年8月から本格的なファイル化がスタートしました。それにより、様々なメリットが生まれています。その一つが、映像伝送の簡易化。テープベースでは衛星回線を使い大容量の映像信号を送っていましたが、ファイル化することで世界中のどこからでもパソコンとインターネットで容易に映像信号を送信できるようになりました。また、送られてきた映像をサーバーに取り込む工程では、テープは実時間を要するのに対し、データは実時間の1/4~1/5の時間で完了。一つのテープの編集は基本的に一人しか行えませんが、データであれば簡単に共有でき、複数人が同時に編集できるなど、あらゆる場面で作業効率が向上します。
さらに、高度な編集が速やかにできるようにもなりました。たとえばテープではモザイクなどの映像加工に時間がかかってしまうので、生放送直前に加工が必要な映像が届くと対応しきれないこともあります。一方、データであれば思い通りに加工しやすくなり、短時間で確実に加工を施すことが可能。フラッシュ映像の点滅を和らげる加工もすぐにできるなど、安心・安全な映像をお届けする体制がより強化されています。

ファイル化が実現する省資源

環境面でのメリットも生まれました。テープの重ね撮りは10回程度が限界でしたが、ファイル化に伴って採用したディスクは1000回以上の書き換えができます。しかもテープは保管状況によって傷みやすく再生不能になることがありますが、ディスクは傷みにくく保管しやすくなっています。また、テープ1本で約2時間分の映像を収録できるのに対し、アーカイブ専用ディスクは1カートリッジで約50時間分の収録が可能な上、保存寿命が50年以上と耐久性が高いことも特長。つまり、ディスクを利用することで省資源を実現しているのです。

さらなる“良質”を求め続ける

テレビ東京でのファイル化はまだ始まったばかり。メリットがある一方で、いくつかの課題も見えてきています。たとえば映像のデータが集まるサーバーは24時間稼働しているので、より省電力な機械の導入を検討していかなければなりません。データ量が膨大なため、必要な映像の検索も難しくなっています。データ流出がないよう厳しく管理しつつも、検索しやすい・使いやすい管理体制の構築が急がれます。また、現在使用しているテープの再生デッキの修理・対応期限である2023年3月末までに、過去のテープをデータに変換しなければなりません。
現在は報道局がファイル化への移行を完了し、続いてスポーツ局も来年秋の新社屋での導入に向けて検討を進めています。また、昨年10月から一部の番組もファイル化での納品が開始され、将来的にはすべての番組をファイル化する予定です。課題を一つひとつクリアし、ファイル化によるメリットを活かしたより良い番組づくりを行っていきます。

テープには映像の注意点などを書いたメモを添え、担当者へ手渡ししていた。しかしファイル化すると映像の受け渡しはデータ送信で完結するため、担当者間の直接やり取りが発生しない。ミスがないよう、丁寧にコミュニケーションをとる意識が必要となる。

テープ1本で約2時間分の映像を収録。一方アーカイブ専用ディスクは、1カートリッジで約50時間分の収録が可能。ディスクの利用が省資源につながる。

テープ(右)に比べディスク(左)の方が大幅にコンパクトで、省スペース化を実現。

このページの先頭へ