1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス

番組・コンテンツづくり

  1. プロデューサーインタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長 兼 クロスメディア部長 星野 剛
テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
経済報道を通じて人生を考える機会を提供できる だからこそ、ひとりでも多くの人に届けたい

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長
兼 クロスメディア部長

星野 剛

テレビ放送の枠を超えて報道コンテンツを活用し、ステークホルダーと直接関わる取り組みが始まっています。その代表例が、2月11日に開催された「テレビ東京ビジネスフォーラム2015」(以下、ビジネスフォーラム)と、9月3日に行われた「キャリア大学サマークラス」です。

まずは、ビジネスフォーラムの内容や開催目的についてお聞かせください。
ビジネスフォーラム

ビジネスフォーラムは、テレビ東京の経済報道番組『WBS』『モーニングサテライト』『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『未来世紀ジパング』が一堂に会した、初の大規模な経済系イベントです。会場では「ニッポンの底力を探れ!」をテーマとした番組出演者のトークショーのほか、番組制作の知られざる舞台裏などを紹介しました。
開催目的のひとつは、リアルイベント・番組放送・ウェブ配信を組み合わせた新たなビジネススキームを開発すること。イベントの模様は特別番組で放送され、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」でも配信されました。
もうひとつの目的は、経済番組のコンテンツを活用してファンに楽しんでもらうという社会貢献です。当日は約4,300人が来場、各番組の個性を活かしたプログラムは大変好評で、テレビ東京のブランドイメージを高めることができたと思います。

キャリア大学への参画は今回で3回目を迎えます。講義を受けた大学生の満足度は非常に高かったそうですね。
キャリア大学

キャリア大学は大学1~2年生を対象にした企業体験プログラムです。今年は40以上の企業のプログラムに約2,000人の学生が参加しました。
テレビ東京のプログラムではレポーター体験やカメラマン体験を入り口に、『WBS』のトップニュースの構成と『ガイアの夜明け』新作の骨子案づくりという二種類のグループワークを行いました。私たちの日々の仕事と同じレベルの課題に取り組めたことや、講師となった番組プロデューサー陣が学生たちの個性的な企画案のひとつひとつに対し真摯にフィードバックしたことが好評を博し、今年のプログラムを評価するアワードで「総合第2位」と「ベストレクチャー賞」を受賞しました。総務部とクロスメディア部が初めてタッグを組んだ企画運営が高い評価を得て、大変うれしく思っています。
大学受験は基本的には「ひとつしかない正解」の積み重ねで競い合うものです。ところが社会に出ると正解は必ずしもひとつではなく、むしろ他人とは違う発想を求められます。だからこそ、大学生の皆さんには経済報道番組を題材に、社会で起きている事象を多角的な視点で解釈・分析する習慣をつけ、豊かな発想力を身につけてほしい。今回のプログラムは、そんな思いを込めて企画しました。

イベントで視聴者と対面できるように、クロスメディアの取り組みではステークホルダーとの新しいつながり方を生み出すことができますね。
テレビを視ない人が増えていると言われ続ける中で、リアルなイベントを通じてより多くの人とつながっていきたいですね。
また、放送は時間上の制約が強いのですが、ウェブ配信ではその制約が緩くなります。放送では30秒しか流せなかった有識者のインタビューに、さらに有益な情報を加えてロングバージョンを制作し「テレビ東京ビジネスオンデマンド」限定で配信する試みも始まりました。そうした配信オリジナルコンテンツを積極的に開発し、視聴者とのつながりをより深めることも目指しています。
クロスメディアによってコンテンツをより多くの人に届けることで、
テレビ局の新たな存在意義も生まれてくるのではないでしょうか。
クロスメディア部の活動を通じて、テレビ局が持つ「社会の事象を解釈・分析する視点」「コンテンツの構成力・制作力」が想像以上に幅広いシーンで求められていると実感しています。ビジネスの面でも社会貢献の面でも新たな可能性を切り拓くために、私たちの持つノウハウに対してどのようなニーズがあるのか、意識的に探っていくことが今後必要になると思います。
最後に、クロスメディアの長期的なビジョンをお聞かせください。

将来的には、広い意味での「教育」の分野に寄与していきたいという思いがあります。テレビ東京の経済報道コンテンツをイベントやセミナー、ウェブ、さらに教育の現場で活用し、学生のキャリア形成、若手社員の能力開発、シニア層の第二の人生プランづくりなど幅広い世代の「人づくり」に貢献するスキームを模索していきたいと考えています。
また、様々な番組のコンテンツを「地方再生」「中小企業支援」「女性の活用」などテーマ別に再構成し、それらをテキストに日本が抱える課題を解決するための議論や提言を行うプログラムの構想もあり、個人レベルでは、NPOのイベントなどと組んでトライアルを始めています。いずれも本格的な取り組みには社内外の様々な調整・連携が必要なので一朝一夕にはいかないと思いますが、「夢は大きく」ですね。

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長 兼 クロスメディア部長 星野 剛

「テレビ東京ビジネスフォーラム2016」開催決定!

2016年2月11日(木・祝)ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催。テーマは「2020年の未来予測と提言」です。

公式サイトは

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長 兼 クロスメディア部長 星野 剛

PROFILE

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長 兼 クロスメディア部長

星野 剛

1985年入社、人事部を経て1988年に報道局に異動。警視庁記者クラブキャップ、ソウル支局長、『WBS』プロデューサー、テレビ東京アメリカ社長などを歴任する。一方で報道コンテンツの放送外活用の重要性を訴え続け、クロスメディア部発足のきっかけをつくる。2015年、同部の発足に伴い部長に就任。

このページの先頭へ