番組・コンテンツづくり

  1. 社員インタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

校外学習

報道局次長 兼 取材センター長 外信部長 兼 クロスメディア部長 水野 暁夫
校外学習
「やりたいと思う気持ち」を大切に。子供たちの夢を応援していく

技術局 制作技術部 CSR担当

水野 暁夫

テレビ東京は、子供たちにテレビ制作の現場を実際に体験してもらう「校外学習」を実施しています。
テレビ局の仕事や放送の仕組みなどを学んでもらうとともに、仕事や働くことの意味について考える機会を提供しています。
文部科学省主催の「青少年の体験活動推進企業表彰」で、審査委員会奨励賞を2年連続で受賞するなど社会的な評価も高まっています。

「校外学習」とは、どのようなものでしょうか?
「校外学習」はテレビ東京ホールディングスのCSRの取り組みの一環としてスタートしました。「見る」「体験する」「話を聴く」の3つのプログラムを提供し、中でも放送用のカメラを操作してみたり、生放送直前のスタジオのキャスター席でニュース原稿を読んでみたりと体験型をメインコンセプトにしています。テレビの裏側には、これだけ多くのスタッフがいて、一つの番組を制作するために、どれほどの仕事があるのかを知る機会となります。
「校外学習」で技術局が果たす役割と狙いについてお聞かせください。
私たち技術局の人間は、映像力でテレビ東京のステーションイメージを訴求することを心がけています。画面から伝わる迫力や美しさ、温度によって、思わず見ている人の心がハッと動くような番組をつくっていきたい。そうして、常に新しいテレビ東京のステーションイメージを創造していくことを目指しています。「校外学習」は、私たちの普段の番組づくりへの想いを直接伝える貴重な機会でもあります。
学校に出向いて授業を行う
「出前授業」に関してもお聞かせください。
はい。先日は横浜市の中学校で、200人の生徒を前に出前授業を行いました。校外学習同様、体験型がベースでカメラマン講習やアナウンス講習などを実施しますが、対象学年に応じてよりわかりやすいように、毎回伝え方を工夫しています。たとえば、先日の授業は、スクリーンにアナウンサーが映し出され、「私は今…」と中継風に話し始めてスタート。生徒たちが「あれ?もしかして学校の近くじゃない?」とざわざわし始めたところに、「実はここに来ています!」とアナウンサーがカメラと一緒に登場すると、一気に会場全体が盛り上がります。授業とはいえ、私たちは本番の中継と同じ気持ちで挑み、いかに子供たちに楽しんでもらうかという気持ちを共有しながら行っています。
実際の子供たちの反応はいかがでしょうか?

出前授業では、子供たちと一緒に給食を食べることもあります

「すごく楽しかった」「将来テレビの仕事につきたい」といった非常に有難い感想だけでなく、「テレビの仕事は楽しそうだけど、実は大変」「カメラマンは力持ち!今度はカメラに注目してテレビを見ます」といった素直な感想も多くいただきます。これまでと違った目線でテレビを見るきっかけとなり、将来の目指す方向の一つとしてテレビの仕事をやりたい、テレビ東京に入りたいと思ってくれたら、うれしいですね。

ただこの活動を通じて私たちが一番伝えたいのは、テレビの仕事に一番大切なのは、技術や感性ではなく、「やりたいと思う気持ち」だということ。もちろん、技術や感性は大切ですが、それは後から身についていくもの。やりたいという強い気持ちさえあれば、夢はかなえることができる。それはテレビの仕事に限らず、どんな仕事にもいえることでしょう。「校外学習」や「出前授業」を通じて、そんな想いを子供たちに伝えていきたいと考えています。

実は私自身、子供のころに親に連れられて一緒に見た映画や舞台の記憶が忘れられず、「やりたい」という気持ちを温め続けた結果、今があります。あのころの自分のように、たくさんの夢の萌芽を持つ子供たちを応援していきたいですね。

今後の「校外学習」の展望をお聞かせください。

テレビ東京は2016年の秋に六本木に本社を移転します。そのため「校外学習」は4月から一時休止していますが、移転後、放送業務が軌道に乗るのを見ながら再開していく予定です。移転後も、実際の職場の中に入って業務を体験してもらう体験型のコンセプトはそのままに、「校外学習」を実施していきます。ですから子供たちの隣で走っている社員もいれば、怒っている社員もいる(笑)。そんなテレビ東京の生の姿を体験してもらいます。
新本社には最新の放送設備があります。たとえば、新しいスタジオは、すべてのスタジオでオールLEDを採用しました。特に大規模な汎用型スタジオのオールLED化はテレビ業界で初めてとなります。一般的に一つの大型スタジオの消費電力がマンション1棟分ともいわれる中、LEDの採用によって、消費電力は従来の1/7~1/5程度に抑えることができます。省電力化やCO2の削減といった環境問題に取り組んでいくことも、テレビ東京として、放送業界として、求められる重要なCSR活動です。次世代型のクリーンなスタジオを体験してもらいながら、子供たちの環境意識の醸成にも貢献していけたらと考えています。本社移転を弾みに、環境への取り組みも含めテレビ東京は今後も新しいことに挑戦していきます。どうぞご期待ください。そして、これからもテレビ東京を末永く応援していただければと思います。

技術局 制作技術部 CSR担当 水野 暁夫

PROFILE

技術局 制作技術部 CSR担当

水野 暁夫

1996年入社。技術局放送技術部に配属。1998年7月から照明を担当し、音楽番組を中心にオリンピックの海外スタジオまで幅広く照明を担当。2010年7月よりCSR委員を務める。新スタジオのLED化の設計も担当。2015年6月 第34回日本照明家協会協会賞優秀賞受賞。

このページの先頭へ