1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. ポケットモンスター サン&ムーン

番組・コンテンツづくり

  1. プロデューサーインタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

ポケットモンスター サン&ムーン

INTERVIEW アニメ局 アニメ制作部 副参事
ポケットモンスター サン&ムーン
未来へつなげることが私の役割

アニメ局 アニメ制作部 副参事

松山 進

1995年入社。イベント事業部、編成部など経て、2002年にアニメ制作部へ異動。
ポケモン担当のプロデューサーを6年間務める。その後いくつかの部門を経験し、2014年から再びアニメ制作部へ。ポケモンシリーズを手掛け、今年で10年目を迎える。

続けていくために、自分は何を残せるか
テレビアニメがスタートして20年。映画も今年公開の作品で20作目です。そのなかで私は、9年間プロデューサーを務めさせていただきました。実感としては、よくぞ続いたという思いと、続けさせるための努力が実を結んだという素直な喜びがあります。ただ自分としては、ポケモンはこれから30年、50年、100年と続いていくものだと信じていますので、本当の意味で実を結ぶのはまだまだ先です。
私は2002年にプロデューサーを引き継いだ時からずっと、自分の役割は中継ぎピッチャーだと思っていて、テレビ東京が放送している「アニメ・ポケットモンスター」、出資している「映画・ポケットモンスター」を続けていくために、自分は何を残していけるのかを常に考えてきました。20周年はめでたいことだし、一つの成果だという思いはもちろんありますが、それよりも今後に向けて、積み重ねていかなければならないものが、たくさんあると感じています。
大事なのは「変わらないこと」
続けていくために、私が一番大事に思っているのは「変わらないこと」。今でこそ当たり前となった、木曜夜7時のテレビ放送や、夏休みの映画公開、これを半永久的に続けていくことが重要だと思っています。20年が経ち、放送開始当時ファンだった方にもお子さんが生まれます。そのお子さんと一緒に楽しむ番組は、自分が見ていた木曜夜7 時のアニメや夏休みの映画。ポケモンは、そんな「いくつになっても戻れる場所」でありたいのです。そしてそのためには、信頼感が重要です。ストーリーの内容しかり、キャラクターの台詞や動作もしかり。ポケモンであれば、安心して見せられると思っていただける番組づくりも、私が常に意識している部分です。
もちろん、視聴率や興行収入の向上は、続けていくための大切な要素であり、注力すべきことですが、だからと言って、深夜に放送時間を移すことはありません。場所を守る。それが受け継いだものを、次につなげていく私の役割だと思っています。
そしてこの「場所を守ること」は、私たち作る側の人間の喜びにもつながります。日曜日のバラエティ『ポケモンの家あつまる?』で、先日、出演者の皆さんに、過去20年のアニメの感想を語ってもらいました。ポケモンをリアルに体験してきた皆さんは、一つのシーンの奥深くまで踏み込んで語り尽くしてくれたんです。私たち作り手の思いが、そのまま伝わっていたことを実感できた、感動的な瞬間でした。20年間変わらず続けてきたからこそ、こんな嬉しいご褒美がある。この喜びも一緒に、次の世代へつなげていくためにも「変わらないこと」を大切にしていきたいと思っています。
画面の向こう側を意識し、世の中の変化に対応する

一方で、テレビの視聴環境はこの20年で劇的に変化しました。私がポケモンに携わった頃、上司から教えられたのは、「画面の向こう側に家族そろってテレビを見ている姿をイメージすること」でした。ただ現在は、別のことをしているお父さんお母さんの横でお子さんだけがテレビを見ていたり、録画して何度も楽しんだり、配信を外出先で見たりすることもあります。放送の見方が多様化した今は、テレビの前以外でわざわざ見たいと思う、録画して何度も楽しもうと思うような面白さを、高々と掲げておく必要があります。
また映画も、安全なシネコンの登場で、キッズ向けの作品は、お子さんだけで見るのが当たり前になってきました。私たちは、ポケモンを親子そろって楽しんでもらいたいので、そのための仕掛けやメッセージは当然伝えていきますが、テレビも含めお子さんだけで見る機会が増えている状況では、子供たちだけでも安心して見られる配慮も必要です。多種多様な視聴環境を想定し、考えの幅を広げなければならない時代。変わらぬものを守りながらも、世の中の変化には柔軟に対応する。こうした対応力も、長く続けていくために必要なのだと考えています。

努力を欠かさず、思いを次の世代へ
ポケモンを一緒に作ってきた会社は、20年間ポケモンのゲームを開発している「ゲームフリーク」さんをはじめ、ブランドマネジメントを行う「株式会社ポケモン」さん、小学館さん、東宝さん、制作幹事の「小学館集英社プロダクション」さん、アニメーション制作の「OLM」さんなど、各業界のトップばかりです。そんな皆さんとご一緒することで、私自身たくさんの刺激を受けてきましたし、業界トップの会社たちが作る世界的コンテンツにかかわれる、ダイナミズムも感じています。テレビ東京としては、そのなかで自分たちの役割をしっかり果たしていかなければなりません。
これから30年、50年、100年と続けるための努力を、今私は欠かしていないつもりだし、一緒に仕事をしているテレビ東京の優秀な仲間も、同じ思いを持って取り組んでいます。長く続けていくための施策とニーズ変化への対応を今後も仕掛けながら、テレビ東京の中で、こうした思いを次の世代に伝えていく。それが、中継ぎピッチャーとしての自分の役割だと思っています。

PROFILE

アニメ局 アニメ制作部 副参事

松山 進

1995年入社。イベント事業部、編成部など経て、2002年にアニメ制作部へ異動。
ポケモン担当のプロデューサーを6年間務める。その後いくつかの部門を経験し、2014年から再びアニメ制作部へ。ポケモンシリーズを手掛け、今年で10年目を迎える。

このページの先頭へ