1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. YOUは何しに日本へ?

番組・コンテンツづくり

  1. プロデューサーインタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

YOUは何しに日本へ?

INTERVIEW 制作局CP制作チーム 村上 徹夫
YOUは何しに日本へ?
こまやかな感情の機微を拾い上げ人と人のふれあいの文化交流を描く

制作局CP制作チーム

村上 徹夫

『YOUは何しに日本へ?』は、2度の特番と深夜帯での放送を経て、現在はゴールデンタイムでレギュラー放送中です。人と人とのふれあいが織りなす多彩な文化交流など、他の番組とは一線を画す独特の空気感が人気を呼んでいます。

日本を訪れた外国人に空港で突撃インタビューし密着取材する『YOUは何しに日本へ?』。なかなか独特なスタイルですね。
当初は、日本へ買い物に来る外国人客に密着取材しようという構想でした。
しかし、都合よくそんな人を見つけるのは至難の業。そこで、逆に誰が何のために来るかわからない空港で待ち受け、片っ端からインタビューを行ったところ、予想以上に興味深いYOU※たちを発見。もちろん仕込みは一切なく、これまで17,000人以上にインタビューしました。密着を断られたり、承諾されたのに連絡が途絶えたりすることもありますが、そのハラハラ感や、密着までのプロセスもあえて番組の魅力として演出しています。

※同番組では、来日した外国人を総称して"YOU"と呼んでいます。

スタジオやナレーションにも、肩ひじ張らないゆるさが感じられます。
異文化のYOUたちは、日本人には予想外の言動を取ることも少なくありません。「えっ、何で?」という視聴者の感情をリードするのが、VTRのテロップやスタジオMCのバナナマンさん、ボビー・オロゴンさんのナレーション。説明ではなく、素朴な驚きや笑いを代弁する"ツッコミ"で、YOUたちの面白さを引き立てています。
その空気感を生み出すための工夫をお聞かせください。
『YOUは何しに日本へ?』は、YOUへのインタビューからすべてが始まります。面白そうなYOUを探す時に、国籍や固定概念は不要。常にフラットなスタンスを心がけています。ですから、個々のディレクターにとっては感性やコミュニケーション力がダイレクトに試される場ですし、現場の感情を視聴者へストレートに伝える演出を意識しています。まずは、現場でしか出会えないネタを見逃さずキャッチするのが大切です。
現場と言えばもちろん空港、そして密着取材の先々でも大勢の方と接点がありますね。
成田空港は、いわばこの番組の生命線。取材も寛容に受け入れていただいており、今後も良い関係性を大切にしていきたいですね。また、YOUの行動次第では、密着中に様々な取材交渉が発生します。現場でのガチンコ取材だけに、細心の注意と礼儀を払うよう徹底。プロデューサー陣も、何かあればすぐに出向く覚悟はしています。
現場で足を使い、予定調和ではない面白さを追い求めるところは、
テレビ東京らしさの表れではないでしょうか?

『YOUは何しに日本へ?』 2013年9月2日(月)放送「YOUは何しに大賞・密着部門第1位」に輝いた"伝説のノープラン自転車旅"のドイツ人・マーティンさん

そうですね。まさしく、何十年も地道に素人を追いかけ続けてきた"素人専門局"の伝統が生きていると思います。地味なようですが、人間の表情や感情を丁寧に拾い上げる目と力を持っています。『YOUは何しに日本へ?』でも喜怒哀楽の4つにとどまらず、その間に生まれた感情の機微も逃さないようにしています。いわゆる紋切型の演出ではなく、いじっていじっていじり倒して最後にちょっとだけ泣けるような、感情豊かな番組でありたいなと考えています。

実際に視聴者からの反響はいかがですか?
ありがたいことに、若い世代から年配の方まで幅広くご好評いただいています。たとえば、20代の方から「久しぶりに父親と一緒にテレビを見た」と言うお声が寄せられるなど、つくり手の想定以上に間口の広い番組として受け入れられているようです。
では、改めて『YOUは何しに日本へ?』の持つ社会に対する影響力についてお聞かせください。

1つは、日本の魅力を再発見できること。YOUたちは実に多様な目で日本を見つめ、思いもよらない日本の良さを教えてくれています。もう1つは、新しい国際交流のかたちを伝えられること。今は世界中の情報が瞬時に手に入りますが、社会問題や政治情勢などは国対国のマクロな見方、伝え方になりがちです。しかし『YOUは何しに日本へ?』が伝えたいのはYOU対ディレクター、すなわちperson to personの結びつき。陽気な人もいれば内気な人もいて、個人で向き合った時に人種や国籍は関係ないんですよね。すごく小さな次元の交流からYOUたち一人ひとりの魅力を見出し、その中で多様な文化を理解し、共感する芽を育めるのではないかと考えています。

最後に、これから『YOUは何しに日本へ?』をどんな番組にしていきたいですか?
実は、番組認知度の向上と共に、予想外の面白さを発見し伝える難しさを感じ始めています。しかし、この番組は必ずしもスケールの大きなトピックスばかりを取り上げるわけではありません。むしろ、地味な事柄や些細な感情の中に思いがけず潜むドラマを見逃さず、きちんと拾い上げられる感性を守り続けていきたいですね。
野望は…2020年の東京オリンピックまで番組を継続すること。世界中から面白いYOUが大集結するチャンスを逃す手はないですから(笑)。それまで地道に、マイペースに面白い番組づくりを続けていくのが目標です。
村上 徹夫

PROFILE

制作局CP制作チーム

村上 徹夫

2006年中途入社。前職は番組制作会社で経験を積む。
入社後はディレクターとして『いきなり結婚生活』『田舎に泊まろう!』『TVチャンピオン』などを担当。その後、テレビ東京制作に3年間出向し、プロデューサーに。復帰後は『家族になろう(よ)』などを経て、現在は同番組と『ソロモン流』を担当。

このページの先頭へ