1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. 放送・制作現場での取り組み
  4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催

番組・コンテンツづくり

  1. プロデューサーインタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

放送・制作現場での取り組み

「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催

“息子介護” “介護離職”をテーマにしたドキュメンタリー映画「和ちゃんとオレ」の試写会とトークイベントを、
2014年1月13日(月・祝)、テレビ東京会議室で開催しました。

看板

この映画は野田明宏さん(58)と母親“和ちゃん”の在宅介護の日々を、2008年から追ったドキュメンタリーです。
2008年「“母”が壊れて~息子介護の時代~」、2012年「いま助けてほしい~息子介護の時代~」をドキュメンタリー枠で放送し、それぞれTXNドキュメンタリー優秀番組賞、TXNドキュメンタリー大賞を受賞。
これらの番組に追撮と再編集を加えて映画化しました。

会場には40代、50代の方が多く訪れた

会場には40代、50代の方が多く訪れた

試写会後、プロデューサーの小松澤恭子(テレビ東京報道局)から、映画の社会的背景を改めて説明。

・同居の主な介護者のうち3割強が男性。この10年で2.38倍の増加している。
 その中で社会の第一線で働いている60歳未満が35%を占めている。
・民間のシンクタンクの調べでは、介護と仕事の両立の可能性について「続けられない」人が4割弱。
 現在、介護離職者は年間10万人に達している。

かつては「息子の嫁」が担っていた介護を、少子化や独身男性が増える等の社会の変化を受けて、
働き盛りの男性が担うケースが増えています。
働く人の介護について対策を考えないといけないと、映画化の意義を語りました。

プロデューサー・小松澤恭子(テレビ東京報道局)

プロデューサー・小松澤恭子(テレビ東京報道局)

その後、野田さんを中心に、監督の曺絹袖(テレビ東京報道局)、フリーアナウンサーの町亞星さんがトークを展開。

町さんは元日本テレビアナウンサー。
18歳から10年間母親の介護をし、現在も医療と介護をテーマに取材を続けています。野田さんや曺監督とも親交が深く、 “10人いれば10通りの形がある”介護について、自身の体験も踏まえながら野田さんや曺監督の本音を引き出しました。

司会兼パネリスト フリーアナウンサー・町亞星さん

司会兼パネリスト フリーアナウンサー・町亞星さん

映画のテーマである「息子介護」。男性の介護と女性の介護の違いは何なのでしょうか。

曺監督は取材の経験から、例えば排尿や排便について、女性は「きょうは沢山でたな」くらいなのに対して、男性は「きょうは●グラムだ」ときっちりしている。男性は困ったときでも周囲に助けを求められず自分を追い詰める人が多いと言います。
野田さんも、初めてご近所に助けを求めたのは、介護を初めて8年たってからだったそうです。

野田さん
「男の介護は仕事の延長になってしまう。営業マンの棒グラフと似ているかもしれない。
頑張らない介護はあり得ないと思っていた」

ある日ペットボトルのキャップをつけたまま飲もうとするようになり、段差がないところで躓くようになる。
この先どうなるのか分からない将来への不安や苛立ち。
野田さんは、アルツハイマーという病気のことを、「思ったより手強く、“鬼畜”だった」とコメント。

そんな行き詰まるような毎日でしたが、野田さんは和ちゃんが大好きで「ずっと一緒にいたいと思っていた」と、和ちゃんへの思いを語りました。

野田さん
「おふくろと呼んでいる時は凛とした人で距離があった。でも和ちゃんがアルツハイマーになったことで、僕と和ちゃんは友達になった。和ちゃんが病気にならなかったらこんなに密接にならなかっただろうし、和ちゃんが死んだことであんなに泣かなかったと思う」

映画の主人公・野田明宏さん

映画の主人公・野田明宏さん

野田さんにとって和ちゃんの介護は“生きがい”だったと言いますが、そのことをこれまで一度も表に出したことはないそうです。そんな社会の風潮を変えることが、今後の課題として一番大切だといいます。

野田さん
「介護が生きがいだなんて寂しいよと言われた。社会にそういう風潮があり、言えなかった。
介護が生きがいと言えるような世界になれば、介護者も気持ちが楽になると思う」

曺監督
「いまの介護保険制度は、専業主婦など家で介護する人を助けるための制度で、働く人が利用する前提にはなっていません。今や介護者の半分近くは働いているので、制度を整えていかないと息詰まると思います」

監督・曺絹袖(テレビ東京報道局)

監督・曺絹袖(テレビ東京報道局)

介護は突然やってくると言われますが、それでも多くの人がそのことに関心を持たないのが現実です。
今回映画化したことで、少しでも多くの人に見てもらい、将来について考えられればと思いました。

介護最前線の取材を通じた“同士”

介護最前線の取材を通じた“同士”

このページの先頭へ