1. ホーム
  2. 番組・コンテンツづくり
  3. 放送・制作現場での取り組み
  4. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを

番組・コンテンツづくり

  1. プロデューサーインタビュー
    1. ガイアの夜明け
    2. いい旅・夢気分
    3. 木曜8時のコンサート
    4. 虎ノ門市場・厳選いい宿
    5. びっくり!カイシャ見学
    6. 世界卓球
    7. 孤独のグルメ
    8. YOUは何しに日本へ?
    9. 妖怪ウォッチ
    10. 三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~
    11. テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス
    12. 校外学習
    13. テレビ東京のドラマづくり
    14. ポケットモンスター
      サン&ムーン
  2. 放送・制作現場での取り組み
    1. 「安心・安全」なアニメ番組を届けるために
    2. 環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
    3. 『劇場版トレインヒーロー』
      3・11を忘れない!東日本大震災復興チャリティイベントのご報告
    4. 「和ちゃんとオレ」試写会&トークイベントを開催
    5. 地域の"人間力"あふれる人々にスポットを
      ~2013年度「人間力大賞」の選考委員を務めて~
    6. 初収穫の米を「虎の門市場」で販売
    7. 作るだけではない我々の役割 ~「高校生フィルムコンテスト」
    8. "被災地の記憶"を伝え続ける ~「ニュースアンサー」
    9. 「田舎に泊まろう!」で伝えたいこと
    10. ドキュメンタリー「農民ロッカー ガレキに花を咲かせましょう」
    11. 「木曜8時のコンサート」でご招待
    12. スタジオ照明 電力削減
    13. 廃棄する放送機材の再資源化
    14. 情報のバリアフリー化に向けて
    15. エコプロダクツに参加
    16. 震災ドラマ企画で報奨金を寄付
    17. 照明技術とテレビ映像の発展に
      向けて
    18. メディアリテラシー特番
    19. エコ仕様スタジオ "7スタ"
    20. びっくり!カイシャ見学
    21. 番組でCO2オフセット
    22. 女子高生コラボTV ~女子高生が考えた女子高生のための番組~
    23. エリザベス サンダース ホームに寄付
    24. 使用済みテープのリサイクル
    25. ドラマスペシャル 白旗の少女
    26. 奇跡のキズナ?未来を創る革命児たち?
    27. トンネルの向こうはぼくらの楽園だった
    28. ザ・ドキュメンタリー 日雇いの最終章?医師が見る山谷のいま
    29. 100円玉に愛をこめて2☆世界の子供たちのために☆
    30. 世界驚愕リサーチ 数字は嘘をつかない!2
    31. ドラマスペシャル 三十万人からの奇跡?二度目のハッピーバースデイ
    32. みんなで応援バラエティ THEぼきんショー
  • 校外学習『一つの番組が放送されるまで』
  • 東日本大震災におけるテレビ東京グループの取り組み
  • ステークホルダー通信「ナナノワ」 PDF版ダウンロード
  • テレビ東京50周年の歴史~歴史から紐解くテレビ東京のCSR~
  • 社員座談会“テレビ東京らしく勝ちに行く!!”
  • TXHDトップページ
  • テレビ東京トップページ
  • BSジャパントップページ

関連サイト

  • POKEMON with YOU
  • 森の町内会

放送・制作現場での取り組み

環境配慮を見据え創意工夫を凝らしたモノづくりを
テレビ東京アートの美術セット有効活用

テレビ東京アートは、テレビ東京グループにおける美術・照明の制作会社です。美術セットからCG・フリップ・テロップ・小道具に至るまで幅広く取り扱っており、多様な工程の中で廃棄物やCO2排出量の削減、資材の再利用・有効活用など、環境に配慮した取り組みを実践しています。



美術セットをトータルマネジメント

テレビ東京アートは、グループで唯一の美術・照明の専門家集団として、企画から発注、収録、廃棄までトータルでマネジメントしています。セット設営(建て込み)や撤収の際には必ず立ち会い、作業状況や設営スケジュールを細かく確認しながら、責任を持って現場の安全管理に努めています。
美術セットは、テレビ番組のイメージや雰囲気を演出する重要な役割を占めています。発注の際には、デザイン性の追求はもちろん、資材や倉庫の有効活用を前提とした制作の工夫を常に意識しています。たとえば、大型の立体セットは分解(ユニット化)できるデザインにしたり、パネル類は規格サイズに統一することで、資材の活用と保管倉庫の効率利用を見据えたモノづくりを基本としています。
また、使用頻度が高いセットはできる限り外部倉庫を使わずに番組収録スタジオ内の倉庫に保管。これにより収録時のトラック輸送を減らし、CO2の排出量削減と時間短縮、コスト削減に結びつけます。さらに、年度ごとに予算を組んでセットの補修やパネルの張り替えなどをこまめに行い、長く利用するためのメンテナンスを実施。廃棄物量削減にも貢献します。

グループ全体で環境配慮を実現するために

伝統的に、テレビ東京アートでは資材を有効活用する創意工夫やノウハウの共有を行ってきました。今後は、美術セットの分別徹底による廃棄物の削減や、定期的な在庫確認、セット輸送計画の見直しなど、より一層環境に配慮した取り組みの実践を目指していきます。同時に、美術セットの専門家としての見地から、セットの再利用や演出方法の提案などを通して、テレビ東京グループ全体で環境に配慮した番組づくりができるよう、積極的に発信し続けていきたいと考えています。

株式会社テレビ東京アート
制作本部美術部美術デザイングループ
宇野 純一



セットの有効活用事例

パネルの規格統一
パネル類はサイズを統一し、台車に載せた状態で倉庫保管。台車ごと移動できるので動かしやすい。

平台(木箱)によるステージ設営
大小の平台(木箱)を組み合わせて番組セットの土台を設営。サイズの自由が利き、積み重ねれば倉庫の有効活用につながる。

蝶番式パネル
使用頻度の高いパネルは、蝶番式にすることにより組み立ての手間が省け、釘を使わないので鉄屑ゴミ軽減と道具の傷みの抑制につながる。

プラスチック製の壁面パネル
軽くて意匠性の高いプラスチック製の壁面パネルは、組み合わせや配色を変更することで手軽に再利用できる。


このページの先頭へ