1. ホーム
  2. CSRの考え方
  3. トップメッセージ

CSRの考え方

トップメッセージ

「信頼される番組」を通じ豊かな社会の実現と文化の創造に貢献する  テレビ東京ホールディングス 代表取締役社長 小孫 茂

放送メディアの公共的な使命は、良質な番組を放送して豊かな社会の実現と文化の創造に貢献することです。この使命を果たすことは私たちのCSRの理念そのものです。世界では安全保障や環境・エネルギー問題、格差拡大による社会不安など、克服すべき課題が複雑化しており、放送メディアが果たすべき社会的責任はますます大きくなっています。こうした放送メディアの影響力を社員一人ひとりが自覚し、それぞれの立場で社会課題と向き合うことで、社会から求められる役割を果たすことができます。

テレビ東京は開局以来、「テレビ東京でしか作れないものは何か」を常に自問してきました。「テレビ東京らしさ」を深く突き詰めていく番組に対するまっすぐな姿勢が、皆様に安心して見て頂ける「信頼」につながっているのだと思います。それがテレビ東京グループの社員一人ひとりの業務に対する姿勢であり、次世代育成のためのキャリア教育活動やチャリティ活動、環境への配慮などを通じて、それぞれの立場で地域や社会のために貢献することをめざしています。

テレビ東京グループは2016年11月に六本木新本社への移転を完了し、「4K」などの新技術に対応する基盤も整えました。地上波とBS波という放送番組の向上はもちろん、インターネット配信事業の新たな波をも力とし、コンテンツ価値の最大化を目指していきます。これからも “テレ東DNA”を力の源泉に、豊かな社会の実現と文化の創造につなげると共に、「信頼」の2文字を胸に刻み、社会的な使命を果たしてまいります。

このページの先頭へ