1. ホーム
  2. CSRの考え方
  3. CSRの社内浸透

CSRの考え方

CSRの社内浸透

CSRは、番組・コンテンツ・事業といった"本業"を通じて取り組むこと。そして、番組・コンテンツ・事業を送り出すすべての事業プロセスに社会・環境への配慮を盛り込むこと。すべての部署、従業員がCSRの実践者です。 従業員一人ひとりの意識が高まることが、本質的なCSRへの近道であると考え「CSRマインドの醸成」をめざし、勉強会などを実施しています。

社内勉強会

社内勉強会の様子

CSR推進委員会が発足し、最初に直面したのが、メディアグループである「テレビ東京グループのCSRとは何か」という問いでした。そこで「テレビ東京グループのCSRとは何かを考える分科会」を中心に、そもそも"CSRってどういうことなのだろう?"を考えることからスタート。社内勉強会を実施し社内イントラネットや社内報で報告する、社内ブログの活用、人事研修にCSR研修を組み込むなどの取り組みを続けています。

【勉強会の実施】

4月
テーマ: 「CSR活動の今、これから ~日本で、世界で、ユニクロが服のチカラでできること~」
講 師: 株式会社ファーストリテイリング CSR部 シェルバ英子様
8月
テーマ: 「営業に効くCSR~富士ゼロックスのCSR取り組み事例」
講 師:
富士ゼロックス株式会社 CSR部企画グループ グループ長 野村浩一様
文教第二営業部 生田目浩様
 
9月
テーマ: 「CSR取り組みへのフィードバック、及び、社会課題からCSRを考える」
講 師: ソーシャルウィンドウ株式会社 代表取締役社長 鷹野秀征様
12月
テーマ: 「東北地域で始まったイノベーションと雇用創出」
講 師: 一般社団法人 振興事業創出機構(JEBDA) 理事長 鷹野秀征様
11月
【事務局の勉強会】
テーマ: 「CSRとは何か、なぜいま企業が重視するのか」~進化するCSRと企業ブランディングについて
講 師: キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR推進本部 主席 細田悦弘様
1月
【経営陣も参加しての勉強会】
テーマ: 「CSRとは何か、なぜいま企業が重視するのか」~進化するCSRと企業ブランディングについて
講 師: キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR推進本部 主席 細田悦弘様
2月
テーマ: 「住まいと庭づくりで社会課題を解決~積水ハウスのCSRの取り組み」
講 師: 積水ハウス株式会社 コーポレートコミュニケーション部CSR室 東瀬治雄様

社内表彰"CSRイイネ賞"

テレビ東京グループでは、委員会が推進する「全社の取り組み(分科会・プロジェクト)」と、各部署が自主的に取り組む「現場の取り組み」の2本立てでCSRを進めています。
現場においては、CSRのために業務と切り離して特別なことをするのではなく、本業(毎日の仕事)の中でCSRを実践してほしい。毎日の仕事の中で「何がCSRなのか?」を考えることで、社員のCSRマインドが高まります。

そこで2011年度より、各部署で仕事を振り返って「現場のCSR取り組み」をとりまとめてもらい、その中で、委員の共感が高かったものを投票形式で集め、CSRイイネ賞を贈呈しました。

表彰状は手づくりのささやかなものですが、授賞時にはひととき笑顔が広がります。
こうした活動を通じて、さらに現場での取り組みを増やしていきたいと考えています。

このページの先頭へ