雅クリエイト
原 雅之(一級建築士)
さいたま市中央区上落合5-15-8シスーF号館
tel : 048-858-7666
fax : 048-858-7666
http://www32.ocn.ne.jp/%7Emiyavi/
●業務内容
・企画、開発、コンサルタント
・設計、監理(住宅・店舗・オフィス・集合住宅・リフォーム等)
・インテリアコーディネート及び販売
●プロフィール
昭和62年3月 埼玉県伊奈学園総合高等学校 芸術・美術学系卒業
平成02年3月 (専)ICSカレッジオブアーツ インテリアデザイン科卒業
平成02年4月 (株)小泉産業にて特注照明器具デザイン業務に携わる。
平成05年4月 (株)一建築設計事務所にて建築設計業務に携わる。
平成06年1月 2級建築士取得

平成07年4月 (有)オープンスタジオアソシエイツにて建築・インテリアデザイン
設計に携わる。

平成09年9月 雅クリエイト設立。住宅設計、店舗設計を手掛ける。
平成11年2月 1級建築士取得

平成12年5月 【新しい住まいの設計 6月号】中村邸が掲載される。
平成13年12月 【Memo 男の部屋 1月号】田舎ハウスが掲載される。

平成14年2月 【LIVING SPHERES Vol.4 創る住むを一緒に考える 106人の家づくり
人】に掲載。
平成14年10月 【男の隠れ家 11月号】安藤邸が掲載される。
平成16年10月 雑誌【Memo 男の部屋】に掲載される。

私が建築家として家づくりに対し常に注意を払っていることは、

1)住空間は立地環境に適している事
2)住空間は自然環境と上手く付き合う事
3)住空間は構造的に頑丈である事
4)住空間は機能的である事
5)住空間はライフスタイルの変化に対応できる事
6)住空間は美観を著しく損なわない事
7)住空間は人を包み込むように温もりある事

の以上7点です。
私達は近年、面倒でわずらわしい近所付き合いを極力避けるようになりました。同時
に核家族化が一層進み、増々孤立化していっている様に感じます。子供達は年齢や、
社会的立場の違う人々と接する機会が極端に減り、片寄った情報ばかり吸収すること
となりました。その結果、勉強はそこそこ出来るがモラルの欠除や、人間関係に悩む
子供達が増え大人になって行くのです。いじめや、引きこもり、凶悪犯罪の増加と
いった社会問題がそれを物語っているのではないでしょうか。
私は建築家として、家づくりを通して”家族”というものをもう一度、違った角度か
ら見つめ直してみようと思っております。家族とはどう有るべきか、家とはどう有る
べきかを考えて行きたいと思っております。


close