現在の時刻

番組表

募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
福田邸はこちら!

中瀬さん一家

今回の施主・中瀬さんは、マンションの更新を控えていたため引越し先を探して不動産屋で物件を見て回っていたところ、ある土地に出会い、一目惚れして即購入を決意。マンションを借りる予定が突如家を建てることに。その土地は、道路から斜めに入っていく変形した“旗竿地”で、北・西・東側には家やアパートが建っているものの南側には畑や水路があるため陽当たりは良好です。
中瀬さんの憧れるイメージは角館の「武家屋敷」。
果たしてドリームハウスは無事に完成するのでしょうか?

* 武家屋敷みたいな家
* 花火の見える

敷地面積 159.6㎡(48.3坪)
建ぺい率 60%
容積率  200% 

中瀬さんの夢を叶えるのが、昔ながらの和風建築の要素を今の住宅にうまく取り入れる設計を得意とする建築家・小澤数晃。
小澤の提案したプランは、武家屋敷を表現する複雑な形の家。1階は、柱を必要としないコンクリート造にし、大空間を実現しました。
また、路地や土間、離れの和室など、随所に訪れる人を驚かせる様々な仕掛けを施していきます。
一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?


基礎工事が始まりました。
天井高3mの大空間を実現するための
巨大な型枠が組み立てられ、
コンクリートが打設されます。

上棟では長さの違う柱が組み上げられていきます。
屋根の形も複雑です。

上棟がすすむとさらに複雑な構造があらわに。
ガレージと母屋の間には隙間があります。

外壁材は、黒塀を実現するため、
施主こだわりの焼杉板を採用。 
2つの候補から、木目の美しい「うすずみ」を選択しました。
憧れの武家屋敷に一歩近づきました。

2階には、離れの和室がつくられました。
母屋から一度外に出て入る仕掛けです。

1階の開口部には長さ5mもの鴨居が取り付けられます。
視線を遮る柱がない大開口が実現します。  

対面式の大きなキッチンが取り付けられました。
浴室、ルーフテラス、ガレージの工事も終わり、
いよいよ完成間近です。

 

川崎の住宅街に、焼杉の外壁が美しい、
上品な佇まいのドリームハウスが姿をあらわしました。

ガレージにはドイツ製のシャッターが取り付けられました。
渋い色合いが周りの黒塀とマッチしています。

ガレージ横の引き戸を開けると、
そこには、訪れる人を異空間に誘うような
町屋風の路地が現れます。
ガレージと母屋の隙間には
こんな仕掛けが隠されていたのです。

路地の奥の引き戸を開けると、
大容量のシューズクローク、
そして、庭とリビングをつなぐ
長さ7.7mの土間があります。

室内に続く引き戸にはよしずをあしらって一工夫。
中に入ると天井が高く開放的なリビングが広がります。
打放しの壁とシックな色合いの床材が
モダンな空間を演出しています。

リビングの反対側にあるキッチンは、
こちらもモダンな雰囲気。
上部の吹き抜けから明るい光が差し込みます。 

キッチン横にはパントリーが作られました。
シューズクロークとも繋がっていて、
動線も考えられています。
キッチン横のトイレもリビングと同じ色調です。

2階へ上がり一度外に出て、
飛び石と玉砂利の通路の先には、茶室のような
離れが作られました。曲線の壁が美しい、
心落ち着く部屋に。

離れの奥、ガレージの上は趣味室。
こちらもお客さんが来た時に使える贅沢な空間です。

ホテルのような落ち着いた浴室には、
幅150cmのゆったりとした浴槽が
おかれました。また、直接バルコニーに出られ、
一日の疲れを癒す時間が過ごせそうです。

2階の一番奥には、プライベート空間である寝室。
3.2畳ものウォークインクローゼットも作られました。

そして、施主希望の、ルーフテラス。
花火大会もバッチリ楽しめます。

建築家のアイデア溢れる仕掛けと、
職人技で施主の夢が形になった中瀬邸。
ドリームハウスの完成!おめでとうございます。