バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
福田 隆造・宏子夫妻
生まれも育ちも東京育ち
タイヤショップ2代目
親子4人と犬一匹のためにマンション脱出を図る
夫・妻
広いリビングが欲しい
旨い酒が飲める空間が欲しい
窓付きの広い風呂にしたい
輸入キッチンを入れたい
ピアノを置きたい
3400
敷地面積 49.3㎡(15坪)
建ぺい率 100%
容積率  500%
土地の北側に幅2mの私道が隣接
防火地域のため木造新築は不可
建築家は、KSA一級建築士事務所の加藤 裕一(かとうゆういち)さん。イタリア帰りの建築家が挑む、下町15坪の土地。
加藤さんと福田さん夫婦の間で打ち合わせが繰り返されてきて、ついに完成したプランがこちら!
イタリア建築の基本にならい、長く住んでも飽きのこないようデザインされた4人家族のための
4LDK仕切りや間取りのない開放感の溢れる空間土地の特性上、日当たりがよくないにも
かかわらず合計8つの窓から、一日中、穏やかな光が差し込みます。
かつて沼だったというこの一帯。
掘ると早速、水が出ました。
ポンプで水を抜き、地盤改良。
更に念を入れ止水板で水対策
一方奥さんは念願の輸入キッチンを手に入れるため一路名古屋へ!
5時間の粘り強い交渉の結果、値引きに大成功!
そして、次なる問題が!
それはリビングのレイアウト。
当初の予定から、少しでも広くしたい奥さんがレイアウトの
変更を提案。しかし、これでは寝転がってテレビが見れないとだんなさんが猛反発。
ついには奥さんが全てを投げ出し、行ってしまいました…
そんなこんなの困難を乗り越えついに・・・
念願の輸入家具
皆で集まれる広いリビング
窓付きのお風呂
そして、旨い酒の呑めるお父さんの空間
建築家加藤さんと延べ100人の職人さんの手によって家族が幸せな時間をつむぐドリームハウス、ココに完成。
それは、下町の狭路地で出会ったぬくもりに満ち溢れた物語でした。
これから家を建てる方へ

建築家を信頼して、自分の思っていることはぶつけてみる。
(できるできないは別にして)わがままを言う。