募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る
「予算1000万円台への挑戦!」
星邸はこちら

真田 聡さん

真田 由起さん

伶太郎クン
今週は、「予算1000万円台への挑戦!」「狭小からの脱出!」2時間スペシャル~!
続いての施主は、憧れの住宅地'東京都世田谷区'にお住まいの真田さんご夫婦。
聡さんは設備工事会社に勤めるサラリーマン。奥さんの由起さんは専業主婦。
そして、長男の伶太郎君という3人家族であります。
そんな真田家のリビングは、たったの3畳!? 狭い上に、ものが溢れかえっているありさま。
そんな窮屈な暮らしに限界を感じ、ついに脱出を決意したのです。
子供の頃、両親の仕事が忙しく、食事のときはほとんどお兄ちゃんと2人っきりだった聡さん。
そのため、物心ついた時からリビングで大勢集まって食事することに強い憧れを抱くようになりました。
そこで、世田谷を離れ、練馬区の25坪の土地を手に入れました。
はたして、この夢の舞台で友人を大勢呼べる'広いリビング'は実現するのでしょうか!
広いリビング
広いバルコニー
広い駐車場
1975
敷地面積80㎡(25坪)
建ぺい率 60%
容積率 200 %
 
そんな夢をカタチにするのは、建築家、金田崇。
颯爽とハーレーを転がす姿がさまになってます。
金田はこれまで、グラフィックデザイナーとして、
数々の広告レイアウトデザインを手掛けてきましたが、
1年前、1級建築士の免許を取得し、なんと!?
これが初めて手掛ける住宅設計となるのです。
施主との打合せを重ねた結果、
新感覚の建築家が提案するプランとは?
それは、50以上にも及ぶ、真田さんご夫婦のこだわりがギッシリ盛り込まれているのです!
建坪14坪のドリームハウスは、外部からの視線を遮るルーバーに囲まれた
オシャレな木造3階建てです! 1階は来客を想定して、2台分の駐車スペースを確保。
さらに、宴会後に泊まっていく友人のために和室も作りました。
2階は真田さんこだわりのリビング、ここをバルコニーとフラットに繋ぐことで、
実質25畳の宴会空間が生まれるのです。そして3階は、子供部屋と夫婦の寝室。
将来2人目、3人目に備え、子供部屋を広くしています。
夢のプランがここに完成!と思いきや、真田さんご夫婦よりさらなるリクエストが!?
   
2003年春、ついに真田邸が着工!
順調に基礎工事が進みます。
ようやく辿り着いた上棟!
ご主人、感無量・・・
散々もめた挙句、リビングとテラスをつなぐ窓は、
フルオープンになる折れ戸を採用しました。
これにより、バルコニーとの一体感も増し、より広い
リビングが実現できそうです。
なんと真田さんご夫婦、うちに溢れかえった
いらないモノをフリーマーケットで売って、
テレビの購入資金にあてることに!
現場では、壁塗りがスタート!
実はこの壁材、生石灰を配合した
自然派素材の壁材なのです。
その性質は漆喰とほとんど同じ。部屋の温度、湿度を保ち、
さらに空気をキレイにする効果もあるとか。
しかも、値段は漆喰のおよそ半分!
やって来たのは、家電のアウトレットショップ。
フリーマーケットで稼いだお金は3万8000円。
30万円の液晶テレビは諦め、 2万9800円の
15インチ液晶テレビを購入した真田さんでした。
そして現場は・・・
1階の客間には畳が敷かれ、部屋らしくなりました。
こちらは真田家。
3畳のリビングに、会社の同僚を引き連れ、
最後の晩餐であります。
このリビングとも、まもなくお別れです。
現場では、目隠しと日よけを兼ねた
木製のルーバーがついに完成!
これでカッコよさを増しました。
最後に、金田先生からのプレゼントです!
この手作りテーブルは下に食器棚を備えており、
自由自在に動かせるスグレモノなのです!
真田さんが最後の晩餐で祈ったこと。
「完成!ドリームハウス」!
今度は、快適リビングで何を祈るのでしょうか?・・・
夢のマイホーム、おめでとうございます!
「予算1000万円台への挑戦!」星邸はこちら