募集 バックナンバー 前回の放送 建築家データベース 前回の建築家 トップページへ戻る

阿部 敏之さん

さとみさん

高大くん

文哉くん
今回の施主は、自宅で理髪店を営む阿部さんです。結婚後、現在の家を中古で購入、築38年にもなる木造2階建ての家は問題だらけ。なんと地盤が緩く、次第に傾きはじめたというのです。家族全員、毎日が地震に怯える生活です。そんな近所でも有名な「ナナメの家」を、阿部さんは建て替える決心をしたのです。ご主人の理想は、デザインチェアーで有名なイームズ夫妻が自ら設計したという‘イームズ邸’。果たして「ピサの斜塔」もビックリのこの家は、阿部さんの希望通り、生まれ変わることができるのでしょうか!
地震に強い家
使い勝手の良いキッチン
足が伸ばせる広いお風呂
広くて明るいリビング
トイレは二ヶ所
2450
敷地面積 76㎡(約23坪)
建ぺい率 60%
容積率 200%
 
今回、「ナナメの家」を文字通り建てなおすべく名乗りを 上げたのは、建築家・山下保博(43)。
「工夫次第では家を広く見せたり、現実的に広い部屋がとれる」という山下は、これまで数々の奇跡をおこしてきました。
そんな山下は、阿部さんと打合せを重ね、これまでにない革命的なプランを提案してきました。
驚異の住宅プランがこちら!
まずは、耐震性を第一に、コの字型の鉄板のボックスが家を支える画期的な構造になっています。狭小住宅の課題のひとつである採光については、家の真ん中に吹き抜けの空間を設けることでクリアー。さとみさんの強い希望で、1階の大半を占める理髪店店舗の奥にダイニングキッチンをもってきました。2階の中心は広いリビングと、南側にリビングと一体になる4.5畳のテラスを設けました。そしてこの家の最大の特徴は、鉄板が家を支えてるため、室内に柱が1本もないこと。さらに、通常、壁の厚みは15センチ前後ですが、阿部邸の壁はわずか4.5ミリ!このわずかな違いが、狭小住宅に開放感を与えるのです。さらに、方位学で家相を診断してもらい、 プランはバッチリです。
 
阿部さんの理想の家は、世界的デザイナー・イームズ夫妻自らがデザインしたイームズ邸。
‘日本版ピサの斜塔’は、コの字型鉄板を使用することで、この理想に近ずこうとしています。
建築界の革命児・山下はさらなる秘策を提案してきました。
それは・・・NASAの技術!
コの字型鉄板を熱から守るのは、スペースシャトル用の耐熱塗料、その名もズバリ‘耐熱くん’!
太陽の光を想定した照明を10分間投射するという実験の結果、この塗料の有無における温度差は、なんと10度!
防音効果もある‘耐熱くん’が壁じゅうに塗られていきます。
こちらはスラボーという木のくずを固めて作った合板です。
部屋の湿度を調整する作用があるのだとか。
少しずつ、阿部邸を快適にするための魔法がかけられていきます。
巨大な窓ガラスは、降り注ぐ陽射しをふんだんに取り込みます。
その数、なんと56枚!
阿部さん憧れの、あのイームズ邸を彷彿とさせます。
天井裏のないこの家は、鉄パイプをミリ単位で曲げ、天井や壁にはわせて配線を隠すことに。
芸術的に折り曲げられた鉄パイプは、もはやアート!
お風呂は、ひざを少し曲げて入る140センチサイズ。
142,000円也!
トイレだって抜かりはありません。
手で便座の開閉の必要がない、最新式です。
280,000円也!
敷き詰められる真っ白な玉砂利が、玄関へのストロークを彩ります。
テラスには、下まで光が通るように、穴の開いたグローチングが張られます。
 
1階店舗は、ミッドセンチュリーのエッセンスがふんだんに散りばめられた、モダンな雰囲気に仕上がりました。
懸案となっていた配線も、職人ワザで、鉄パイプの中にスッキリと収まりました。
こだわりの照明とも見事にマッチしてます。
階段の踏み面を延ばして作られた下駄箱。
デッドスペースを有効活用する狭小住宅を100件以上も手掛けてきた山下ならではのアイデアが光ります。
さとみさんがこだわり抜いたダイニングキッチン。
白を基調とした清潔感溢れるデザインになっています。
タイマー付きIHヒーターに全自動食器洗い乾燥機と、ハイテク装備が満載です。
開放感溢れる11畳のリビングには、阿部さんがこよなく愛するミッドセンチュリーのインテリアが誇らしげに並びます。
阿部邸を支える‘コの字’の中に、バスルームがピッタリ収まっています。
NASA御用達の塗料のおかげで、4.5ミリの壁でも音漏れの心配はありません。
高大くん、文哉くんにとっては、寝室よいうより遊び場になってるようです。
建築家の斬新な発想と、職人さんたちの熟練したワザ、そして最先端の建築技術によって、見事生まれ変わった阿部邸。
13坪に奇跡を起こした快適未来住宅は、家族の幸せを末永く紡いでいくことでしょう。
敏之さん、さとみさん、高大くん、文哉くん、本当におめでとうございます。